FC2ブログ

MW32 令和元年のGW 三陸海岸にて


 5月1日より令和元年。10連休のGW、三陸海岸の実家に帰省し、釜石市から大槌町、山田町まで、孫たちと東日本大震災からの復興状況を見てきました。楽しかったですね。

クジラの博物館山田町
復旧した山田町船越の「クジラと海の科学館」 令和元年5月3日
船越半島の付け根は低地で津波が南から山田湾へ侵攻した

深海6500クジラ館
クジラ館展示の科学探査船「深海6500」モデル

クジラ館深海6500解説
深海6500解説「1989年三陸沖の日本海溝で水深6527m到達を記録」

浪板海岸砂浜消失
大槌町浪板海岸 人気の海水浴場は津波で遠浅の砂浜が消失。要養浜。

大槌駅ひょうたん島屋根
三陸鉄道リアス線の大槌駅 屋根がひょうたん島形
大槌湾の蓬莱島がモデルの縁で復興したデザイン


復興の象徴〝ひょうたん島〟岩手県大槌町「蓬莱島」

大槌駅のドンガバチョ
大槌駅のドン・ガバチョ


ドン・ガバチョの未来を信ずる歌

三陸鉄道開通幕
三陸鉄道開通 記念幕(大槌駅)

うのすまいラグビー場01
うのすまいラグビー場 客席シート

うのすまいラグビー場02
うのすまいラグビー場 芝生がきれい

うのすまいラグビー場三鉄
鵜住居駅を通る三陸鉄道の列車(ラグビー場から見える)


 連休前後して気になった歌とドラマ。あおい輝彦さんの歌声と竹脇無我さんと栗原小巻さんの「二人の世界」(1971年,TBS)でした。この主題歌、1971年だったんですね。小生は中学三年でしたから良く耳に残っています。時々吉永小百合さんに触れていますが、そういえば栗原小巻さん、素敵で明るいお姉さんでした。彼女のファンは「サユリスト」に対し「コマキスト」と呼ばれたそうですね。


TBS TVドラマ「二人の世界」(1970-1971) より
Y.T.上で、初めて全編拝見。感謝します。


TBS TVドラマ「三人家族」(1968-1969) より


1971年ヒットソングメドレー
天地真理さんのデビュー曲「水色の恋」は10月1日発売でした。

「二人の世界」が流行った年は、順に小柳ルミ子さんの「私の城下町」、南沙織さんの「17才」、天地真理さんの「水色の恋」、新・三人娘が歌手デビューした1971年(昭和46年)だった。
 ジローズ「戦争を知らない子供たち」、五木ひろしさん改名とヒット「横浜たそがれ」、尾崎紀世彦さん「また逢う日まで」、野口五郎さん「青いリンゴ」、欧陽菲菲さん「雨の御堂筋」。多くの多彩な歌手がデビューや再デビュー、大ヒットを飛ばした。アニメの天才バカボン、国松さまがお通りだ、ルパン三世のTV放映も記念すべき年でした。

 まだアナログで社会問題はあったけど、高度成長期、楽しい楽しい、元気な日本。歴史は幾本もの糸が織りなす絵巻物、世界や日本の情勢のみならず、日本人の生活、流行歌さえも同じだった。
 この激しい競争の中での天地真理さんの異常なほどの国民的人気はやはり特筆すべきものだったのでは。真理さんには重荷だったかもしれないが、プロモートの力も時代の熱も大きく影響した。そうなのではと思う。
 前述の栗原小巻さんは、竹脇無我さんとのTVドラマでの共演後、日ソ合作映画で活躍したり、舞台に重きを置いて活動されたという。竹脇無我さんは姿三四郎や人生劇場など映画で活躍されたが、晩年、二枚目のイメージに悩み、うつ病の治療を行い、2011年に亡くなったといわれています。67歳没、早すぎる逝去でした。合掌。

 最後に天地真理さんについての新しめのコンテンツを二、三。


天地 真理 水色の恋


天地真理☆太陽がくれた季節 (青い三角定規カバー)


「風花のさよなら」天地真理  (Mixed With My Inst. Tracks)


(おわり)

MW31 三陸鉄道の全線復旧をお祝いして


 過ぎる2019年(平成31年)3月23日、東日本大震災の津波で被災したJR山田線が復旧し、久慈から大船渡に至る三陸鉄道リアス線(延長163km)として開通しました。2013年、NHK朝ドラあまちゃんで主役を演じた「のんちゃん(本名:能年玲奈)」も明るく、地元の復興番組や公の記念祝賀会に姿を現してくれました。地元のうれしさは、半端ないですね。

20190323三陸鉄道開通列車釜石発進
三陸鉄道開通列車釜石発進

20190323三陸鉄道開通列車
三陸鉄道開通列車 沿線の歓迎風景


地元テレビ局の三陸鉄道リアス線開通記念番組(ゲスト のんちゃん他)

 のんちゃん曰く、「(津波で破壊された)鉄路が繋がってよかった!」、「立ち会えてうれしかった!ありがとうございました!」 「(三陸鉄道リアス線全線開通)これからが、わくわくします!」 あまちゃんで冷たい海に何度も潜って懸命に奮闘し、全国的人気番組とした彼女だから言える言葉です。のんちゃんこちらこそ、来てくれて本当にありがとう!

01_朝日新聞から三陸鉄道開通の釜石鵜住居
朝日新聞から試運転中の三陸鉄道(釜石市鵜住居)

三陸鉄道リアス線案内図163km
三陸鉄道公式ウェブサイト

20190323宮古三鉄御挨拶

Asahi.com のんさん「思い出深い」 リアス線開業でサプライズ登場

20190323miyakodegoaisatu
のんちゃんは、登壇を前にちょっと緊張気味だったとのこと。
本来は国民的人気の若手女優。華やかですネ。
赤・青・白のバンドは、三鉄のシンボルカラー。


熊谷育美 「雲の遥か」 気仙沼市民会館
こちらも復興の歌姫です。気仙沼出身。

20130913山元町中浜小学校
2011年3月11日の大津波で二階まで浸水した宮城県山元町中浜小学校
生徒と先生らは屋上に避難。何度も繰り返す津波におびえる暗く寒い夜。
(本ブログ立上げ直後2013年9月13日地質学会の巡検にて撮影)

20130913山元町海岸堤防破壊跡
大津波で破壊された防潮堤(宮城県山元町中浜小学校付近)
(2013年9月13日地質学会仙台大会巡検にて)

20190311asahiDSCF2394-250.jpg
東日本大震災8年 避難なお5万人超(2019.3.11朝日)

20190312asahiDSCF2398-250.jpg
多くの人々に及んだ悲劇と心の痛手は、まだ地域全体を覆っています。
心のケア、心の復興は、長い長い長期戦となるでしょう。

 さて、話題は変わり、もうじき平成が終わり令和となりますが、昭和の国民的若手女優はやはり吉永小百合さんでしたネ。吉永さんは本当に華やかな女優さんですが、映画で見る彼女は、若い時、ずいぶん活発な女の子のようでした。


吉永小百合/橋 幸雄 「いつでも夢を」(1962年9月20日発売,ビクター)
(注)朝ドラあまちゃんでも劇中歌だった

 のんちゃん(本名:能年玲奈)は、一躍国民的アイドルとなったNHK朝ドラ「あまちゃん」の後に、元の芸能事務所と仲たがいし、記事にした文春と元事務所が裁判で係争中です。このため、現在はミュージシャンやアーチスト(芸術家)として活動中ですが、また女優として必ず復活してほしいものです。震災から二年の2013年の「あまちゃん」は、被災地の皆さんを明るく励まし、復旧・復興の後押しをしました。今でも、三陸海岸の大部分を含む岩手県は、県を挙げて彼女を応援しています。
 また、吉永小百合さんは、度重なる空襲を受けた軍港の呉と原爆の広島の日常を描いたアニメ「この世界の片隅に」のヒロインの声優をした「のん」ちゃんを大変お褒めと伺っています。だから、めげずにがんばりなぁ~!のんちゃん!

 (注)Wikipedia「いつでも夢を」から
 『2013年上期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』では、主人公の天野アキ(能年玲奈)をはじめとする海女の人たちがこの歌を歌いながら海女漁に出ているなど、劇中で様々な人物によって歌唱されている。また、第116話(同年8月13日放送)で橋が本人役で出演し、天野夏(宮本信子)とのデュエットでこの曲を歌った。2013年8月28日にビクターエンタテインメントから発売された「あまちゃん 歌のアルバム」に収録されている。
 橋は朝は苦手としており朝ドラはこれまでほぼ視聴したことはなく「あまちゃん」も最初は視聴していなかったが、息子・橋龍吾より「あまちゃん」を1度観るよう促され、途中から視聴し、はまっていったという。出演オファーについても当然あると思っていなかった。
 本曲の採用理由は、天野夏が20代であった1960年代のヒット曲であること、脚本担当の宮藤官九郎が本曲がドラマの世界観を表しているという判断からされた。
 橋は歌詞に登場する際、「あの子」については当初吉永を連想して歌っていたが、吉永も歌唱していることに気付き、上に居る妖精のような存在を連想して歌うようになったという。』

 最近、平成30年間を飛び越して、やはり自分が子供だったり若かった昭和がなつかしい。時代はめぐるめぐる、そんな気がする。平成が終わり、令和が始まる5月1日まであと数日です。5月1日、あっ、結婚記念日か。どうしよう、家内と一緒に、実家の釜石から三陸鉄道にのって、ちょっと旅に出てみたい。

 昭和の戦後日本、庶民は耐えることも多かったけれど、終戦直後には想像できない(と思われる)、華やかさもありました。私事、近頃よく聴く歌を2,3曲。


『泣いてたまるか』 主題歌 渥美清 (1966~1968)
高度成長期は出稼ぎも多く、テレビも白黒。でも、必死にみんな生きてたんです。


ピンキーとキラーズ 「恋の季節」 (1968)
今陽子さん、歌声が元気いっぱいで上手でした。

花咲く乙女たち001

花咲く乙女たち 舟木一夫

昭和39年(1964)、東京オリンピック年のヒット曲
華やかで、子供なのに好きな歌でした。映画の華やかなスターたち。
家にもレコードがあり、家族みんなで聴いていましたネ。

 最後に、昭和のやさしい歌姫・天地真理さんの話題を。真理さんの全盛期、1972年と1973年の年間のヒット曲を発売順に動画にまとめられた方がいますね。この方は他の年もまとめられているので、大変な労作とお見受けします。次の二つの動画にはアニメの主題歌も含めて数多くの懐かしい歌が収められています。


1972年 ヒットソングメドレー(昭和47年)
真理さんの「ちいさな恋」、「ひとりじゃないの」、「虹をわたって」が収録。
「ふたりの日曜日」がピックアップされていないのは不満。


1973年 ヒットソングメドレー(昭和48年)
真理さんの「若葉のささやき」と「恋する夏の日」が含まれています。
9月発売の「空いっぱいの幸せ」も入れてちょんまげ。

 皆様、いかがでしたか。真理さんの動画は見慣れた画像でしたが、数多くの歌手の中で、天地真理さんの明るく美しいファルセットが特に秀逸と感じるのは単なるファンのひいき目でしょうか。それにしても、天地真理さんは多くの優れた歌手、楽曲と激しいヒット競争をしていたことが良くわかります。これが、高度成長期、団塊の世代の競争の一断面だったのではないか。この中で結果を出した天地真理は、優しさと華やかさの点で歌とアイドル性が群を抜いていたと言えるでしょう。真理さ〜ん、元気だしてね~!!


虹をわたって/天地真理 (1972)

 やはり、昭和の女性アイドルを一人選ぶとしたら、やはり「天地真理」さんではないでしょうか。森光子さんのいう、華のある子。そして男性アイドルなら、郷ひろみさんでしょうか。皆様、いかがでしょうか。

(おわり)

【最新CM】ORICON/のん、“蘇ったチャップリン”とまさかの共演で軽快なトーク 


クラウドファンディング 『CAMPFIRE』 新CM「夢見る人を、はじめる人に。」 

 クラウドファンディング は映画や書籍、音楽CD製作の企画による資金調達が盛んです。真理ちゃんシリーズのDVD化も、編集方針や目的(例えば子供たちの心のケア)が明確な企画であれば、知名度と動画素材が秀でているため、資金調達は十二分に可能でしょう。ネットの時代は新しい仕組みの時代でもありますネ!!

MW30 2011.3.11津波犠牲者のための哀歌


 来る3月11日、あの震災、大津波から八年です。また、私事、初めてブログを立ち上げ、天地真理さんを応援しつつ癒しの音楽、歌声を探して、五年半になります。
 岩手、宮城、福島を中心とした三陸沿岸、東日本太平洋沿岸を、広域におそった悲劇から、年月がたちましたが、地域の人々の心の復興はまだまだ道半ばといえるでしょう。やっと仮設から復興住宅に移っても高齢の被災者に孤独死が増え、当時子供だった多くの少年・少女の強いストレス後遺症 ※1 も気がかりです。
※1 心的外傷後ストレス障害 PTSD(Post Traumatic Stress Disorder )


復興進む釜石2019March
復興進む釜石駅-新日鉄住金・釜石製鉄所周辺
あの日、中央の大渡川を津波が音と土煙をあげて遡上しました


Pianist Mr. Nobuyuki Tsujii in tears at Carnegie Hall

 この3月23日(土)には、三陸鉄道へのJR山田線復興統合によって、北三陸の久慈から中部の宮古、山田、大槌、釜石を経て、南三陸・気仙地方[大船渡市盛(さかり)]までの163kmのレールが一本化します。さらに、今年秋に開催されるラグビーワールドカップ日本大会のうち三試合が行われる釜石市(うのすまい復興競技場)の件もあり、三陸沿岸の高規格道路と岩手県内陸と太平洋岸を東西に結ぶ高速道路が完成まじかの様子です。

鵜住居ラグビー場
ラグビーワールドカップ会場の一つ釜石・鵜住居ラグビー競技場

鵜住居ラグビー場釜石SW001
昨年、2018年、完成した競技場の釜石シーウェイブス対ヤマハ戦

 進め!ラグビー精神で IWATE-KAMAISHI UNO-SMILE CM TEAM

 三陸鉄道と言えば、やはり、のんちゃん(本名:能年玲奈)です。彼女は、NHK朝ドラ「あまちゃん」で大ブレークし、一躍、国民的アイドルになりました。その後、所属事務所と仲違いし、大手のテレビと映画には出演しませんでしたが、エレキバンドのボーカル、声優、画家、創作アーチスト、CM出演で活動しています。また、久慈市の秋祭りや各地の災害慰問には、積極的に訪れています。
 昨年は、この時期、三陸海岸の南から北の久慈まで移動し、地元の人々と触れ合ったのんちゃん。今年も、三陸海岸に来てくれたら、うれしいですね。


あまちゃん 海女~ソニックのステージ 潮騒のメモリーズ
青い衣装の橋本愛、赤い衣装のん(能年玲奈)

北山崎明るい写真です
北三陸の名勝「北山崎」


「のん(能年玲奈)」さんの画像にBGMを・・BGMに「のん」さんをのっけた?

のん(能年玲奈)が恋する24秒



今日の日はさようなら 森山良子 1967

 私事、二番の「空を飛ぶ鳥のように自由に生きる」が一番好きな歌詞。故郷の谷間の町では、しばしば空を見ている中・高校生でしたなぁ~。天地真理さんのようなトップアイドルのステージなんて、生で観る機会はまったく無かったなぁ~。

釜石大観音です
釜石大観音。スリム、スレンダーが売りです。

浄土ヶ浜海水浴場です
宮古市浄土ヶ浜。今年は海水浴客が昔のにぎわいを見せるでしょうか。

仙台アンパンマンミュージアム戸田圭子さん2019janu
被災地を元気100倍に 女優・戸田恵子さん
仙台アンパンマンミュージアムで児童と交流
(河北新報2019年1月5日)


PAKURON氏/ビビディ・バビディ・ブー/天地真理、他


PAKURON氏/花祭り/天地真理、他


 天地真理さんの真理ちゃんシリーズは、楽しいですね。僕は、中・高校生時代は、この時間「タイムショック」を兄妹みんなで見ていたのかも知れません。東北・岩手県は田舎でしたから、昔は民放は二局だけでしたが、TBS系があったので、残念なことをしたのだと思います。
 しかし、真理さんの子供に超人気だった冠番組、このコンテンツをスクリーンコンサートのように編集すれば、立派な「心の復興支援作品」ですよね。もちろん、私が震災後、真理さんの美声に癒されたように、PAKURONさんのこの種の作品の一つ一つが立派な復興支援コンテンツに違いないと思うのです。


あなたが教えてくれた歌/天地真理

 最近、太田忠氏のFM軽井沢の天地真理特集で、「天地真理さんの普遍性」を、歌い手と聴き手の逆転で説明された件、納得できるようになりました。真理さんが歌った当初は、あなたは恋人、私は歌い手の天地真理さんでしたが、アイドル時代の激務の影響もあって当時の歌声を全快するのが難しい現状では、あなたは天地真理さん、私はファンらの聴き手となっているとする説です。むしろ、説というより、真理さんの歌を愛するファンの素直な気持ち、感謝の気持ちと言うべきものではないか、とも思うでした。

小林陵侑君スキージャンプWCTWIN
岩手県八幡平市出身、小林陵侑君スキージャンプWC総合優勝、おめでとう!!

 最後に、岩手県出身の若者たちが、世界で活躍しています。天地真理さんのコンサートを見る機会もほとんどなかった、かつて日本のチベットと揶揄された岩手県。今や、プロ野球の世界では、大リーグで大谷君が大活躍し、今年は菊地雄星君が挑戦します。かつて日本選手権七連覇した新日鉄釜石ラグビー部の強かったこと。田舎のチームや選手が大活躍すると日本人は大いに盛り上がります。それは、都会にいても田舎にルーツのある日本人が多いからだと思います。

 津波被災地を、軍港の呉と原爆の広島を、朝ドラや長編アニメ映画で癒し元気づけ、一躍、国民的若手女優となった「のんちゃん」こと能年玲奈さん。かつて日本中の老若男女を明るく楽しくさせた国民的スーパーアイドルの天地真理さん。ふたりはあらぬ非難や窮地に陥りながらも、やはり国民的人気は不動のものなのではないでしょうか。

 行方不明と震災関連死含め二万人を超える死者を出した2011年3月11日の大津波。亡くなった方々にも、のんちゃんの楽しいドラマを、天地真理さんの復活した美しい歌唱コンテンツを、日本人スポーツ選手の大活躍や来る東京オリンピックを、知らせてあげたかった、楽しませてあげたかった。ただ救いは、冒頭に述べたように、一瞬のような短時間の大津波で人生を狂わせられた多くの心を病んだ人たちにおのれも含めて、国民的人気の二人の復活は、大きなプレゼント、心の支えの一助となる可能性が大いにあると思うのです。


天地真理☆若葉のささやき


 三陸海岸の春はもうじきです。これから春休みに梅が咲き、入学式を終えて四月下旬に桜が咲き、つつじが咲いて、五月は若葉がささやく、緑豊かな春真っ盛りとなります。春と言えば天地真理オリコンシングル一位の第4曲「若葉のささやき」。毎年、日本人なら聴くべき名曲と思われます。

 昨年12月に新編集のCD・DVDBOX「私は歌手」を発売された天地真理さん。ファンクラブ事務局は、次は、主演映画のDVD化を進めようとしています。確かに、名前を知らしめた出世作の「時間ですよ」のDVDが既に発売されていますから、今度は主演映画「虹をわたって」など、DVD化すれば、ファンとしてうれしいことは間違いありません。

 ただ、私の思いは、やはり真理さんの歌唱コンテンツの底知れぬ力に、むしろ関心があります。キリスト教会の聖書や讃美歌に、「昔いまし、今いまし主(神、エフォバ)をほめたたえよ」とありますが、天地真理さんの癒しの美声は、「昔歌われ、今聴かれ、今後も聴かれる」、安っぽい言い方ですが「永久保存版」だと信じています。もっと歌のコンテンツ、冠番組の歌と会話のコンテンツを、大切に展開していくことが重要な気がいたします。それが、遠回りに見えますが、日本に度々起こる自然災害の被災者を、悲しむべき社会的な犯罪や悲惨ないじめによる虐待の被害者を、少なからず慰め癒す働きを果たすと思うのです。音楽家や芸術家は、実力があればなおさら、有名人であればなおさら、社会貢献が求められます。かつての伸びやかな歌声が復元できずとも、真理さんには今でも高い知名度、明るい温かい心と語りがあるのですから、何もひるむことはないのではないでしょうか。

(おわり)

MR116 二月は「ちいさな恋」天地真理の国民的人気が始まった月

 
 この冬、12月~1月にかけて、北海道の妻のお父さんが入退院を繰り返し1月末に亡くなりました。プロテスタントのクリスチャン、天に召されたのでした。妻は北海道に一か月余りいて、お父さんのお世話をし、一時退院時にはリクエストにこたえておいしい料理を作ってあげました。しばれる雪と氷の北の大地、2月1日に前夜式、2月2日に葬儀、火葬、納骨式がありました。実の娘とはいえ妻は本当にごくろうさまでした。

義父納骨式2019Feb
真冬の納骨式。となりは競馬馬の牧場でした。

 義父は札幌の高校教諭引退後、所縁のある日高支庁沿岸部鵡川町で暮らしていました。昨年の地震の震源に近い街、大きな揺れに見舞われましたが、家もご本人も無事でした。でも、前後して病になりました。
 北海道は、私、十数年住んでいた土地ですが、今回、あらためて、道産子は寒さに負けじと、たくましく生きる人々だと思いました。
 1月に話題だった全米に続き全豪オープンで優勝した女子テニス選手、大阪なおみさんも、母方のルーツは北海道で、勝利者インタビューで、「(根室の)お祖父ちゃん、元気~♪♪」って言うの、明るくていいですね。

大阪なおみ全豪OP優勝2019観客席

大阪なおみ全豪OP優勝2019JAN
どひゃ~、世界ランク一位!大阪なおみさん

 さて、ファンの皆様周知のように、真理さんのYou tube上の歌唱作品は、昨年末から、S様から多くがブロックされています。が、何故かTV動画のコピーは今のところ生き残っており、次のように新しい作品までもUPされています。いつまで公開可能かは分かりませんが・・・


天地真理 ちいさな恋/まるいちさん

まるいち小さな恋001

まるいち小さな恋021

まるいち小さな恋04


 今、マイブームは、NHK朝ドラの「まんぷく」です。会社のコマーシャルに直結しちゃうんで、ドラマ化しにくかったのでしょうが、金融機関の信用組合理事長をやったほどの方が、一念発起し、日本国民、大衆の皆の為に、安全で安くておいしい即席ラーメンを発明・商品化した日清食品の創業者・安藤百福氏は、個人的に以前から気になる存在でした。今回のドラマ化、即席ラーメン開発が本格化した頃から一日二回はテレビをみて、うち一回はチキン・ラーメン食しながら拝見しております。(笑)

まんぷくラーメン大阪デパート001
朝ドラ・まんぷくラーメン。大阪のデパートにてデビュー!

チキンラーメンまんぴく見て食す

元祖チキンラーメン包装190215
復刻 元祖チキンラーメン包装。今日もおいしかった!


 あのカップヌードルの発売が、真理さんの全盛期とかぶるのがいいですね。安藤氏の開発を追うドキュメントでは、銀座の歩行者天国でカップヌードを食する当時の若者風景が出てくるからです。真理さんは、高額納税者でしたから、当然、新商品のカップヌードル食べていたでしょうね!

天地真理さんカップヌードル
カップヌードル食す真理様 (かつてどこかで見つけた写真・・・)

2019calendar0102

 当時の小生の記憶は、おもにテレビ画面からですが、天地真理さんといえばブラウスの白い襟が印象的でした。白雪姫のイメージ、これからも特に大切にしてほしいと思う次第です。


天地真理:ちいさな恋 TVバージョン(YouTube長寿動画)
デビュー後、セカンドシングルを歌う、初々しい真理さんです。
書き込みでは「世紀の祭典」(1972年3月2日OA)という番組から。


Sugi4Geru氏/天地真理「ちいさな恋」1974.10.13
想い出のセレナーデを歌っている頃の真理さん。ちょっと大人の歌声です。

 次の記事はご存知の方も多いでしょうが、ニッポン放送のウェブサイトの「大人のMusic Calendar」からです。
 1972年3月13日、天地真理「小さな恋」がオリコンチャートの1位を獲得

 この記事のように1972年2月1日発売のセカンドシングルは、二月の札幌オリンピックと連合赤軍の浅間山荘立てこもり事件という、昭和の歴史的で華やかな行事と陰湿な事件という大きな二つの出来事の起こる中で、しっかり熟成し、40日余りで週間オリコンのトップに躍り出たのでした。そして、サードシングルの「ひとりじゃないの」の大ヒットから、真理さんは国民的スーパーアイドルの階段を一気に上り詰め、白雪姫としてご本人の人気自体が大きな社会現象となるのでした。


"喝采"ちあきなおみ 作詞:吉田 旺 作曲:中村泰士
  “第14回日本レコード大賞”(1972年)大賞受賞曲。

 1972年のレコード大賞といえば、本命視されていた小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」を抑えて受賞したこの曲ですね。真理さんが「水色の恋」をピアノで弾き、「ひとりじゃないの」を歌い大衆賞を受賞したあの日。ちあきなおみさんのこのときの歌唱をよく覚えています。ドラマチックでしたね。


小さな恋 (天地真理)昭和47年/太郎大阪さん

 おやおや、投稿一年未満はブロックされない傾向が見られます。ホンマカイナ~(笑)

(おわり)

MR115 新年あけましておめでとうございます。


 天地真理さん、皆様、2019年の年明け、新BOX「私は歌手 I'm A Singer」の発売、まことにおめでとうございます。

天地真理181225BOX03
新BOXの写真。やはり癒し系「天地真理」。

 ここ数年を思い返すと、東日本大震災後の2012年秋の天地真理さんの再発見、2013年の真理さん応援ブログの開始としばしば夜更けに及んだYou tubeへの動画投稿(主にスライドショー)。また、大雪の降る中、杜の都を目指す秋田新幹線で、国民的スーパーアイドルの美女の面影をめでることなく、深く沈んだ心で、携帯したボイスレコーダーで聴いた天地真理。その優しく美しいファルセットに心の芯まで震えたとき、「今に見てろよ!歌手としての再評価を必ず勝ち取ろう!負けないぞ!」と思った時などを思い出します。(もちろん、ファンの皆様、ファンクラブ、Sony Musicの総力・熱意によるムーブメントです)
 さて、新BOX発売を機に始まったシングル+アルバム全曲配信により、Y.T.上では、処女作の「わたしは歌手!天地真理 」(真理さんの歌声なし)を除き、「天地真理/国民的スーパーアイドルの誕生と軌跡(4訂版)」などの数少ないわたくしの真理さん応援動画(一部作品が東日本大震災応援歌)はブロックされ、わたくし本人しか視聴でない状態で、事実上の公開不能となりました。
 しかし、いつか音楽を変え5訂版としてアップしたいと思います。対津波と同様に、粘り強く行きたいと思います。
 わたくしなどより多くの労作をされた方々は、大きなショックにさいなまれたと思いますが、これも歌手・天地真理の再評価が第一段階をクリアした証として、受け入れねばならないことでしょう。
 (注)次は、私も大変お世話になったY.T.ミックスリストです。基準は不詳ですが、どのような作品がブロックされたかが、分かります。
 天地真理さん名曲100選
 
 では、われわれは、ファンクラブは、次の目標はどこを目指すのでしょうか。元祖・国民的スーパーアイドルの美しいファルセットと子供に大人気だった真理ちゃんシリーズは、よみがえり、広く大衆に癒しと元気を与えることではないでしょうか。天地真理さんの美声が、ごく普通にメディアから流れる日、それが次の真理さんのXディではないでしょうか!


水色の恋/天地真理デビュー曲 1971.10.1

kei sukeさん/天地真理 恋は水色


天地真理☆若葉のささやき


なごり雪/天地真理カバー
 
 天地真理さんの新BOX「私は歌手 I'm A Singer」のDisc6には、先のプレミアボックスのTBS-TV真理ちゃんシリーズ収録動画14曲に加えて、4曲の歌唱動画が追加されました。(追加曲;「好きだから」、「ある日私も」、「青春」、「思い出の足音」)

天地真理私は歌手Disc6-17
「青春」を歌う真理さん。「白い服に 赤いバラ飾り~♪」

天地真理私は歌手Disc6-omoide02
「思い出の足音」を歌う。「小鳥も来ない朝 ひとりぼっちの朝~♯」

天地真理私は歌手Disc6-omoide01
 歌詞「話して 誰か話して」、「歌って 誰か歌って」~グッときますね。
 

思い出の足音 天地真理


天地真理181225BOX01
「私は歌手 I'm A Singer」 BOX(右)と歌詞・解説・写真集

天地真理181225BOX02
CD5枚(音源)+DVD(歌唱動画)1枚

 特に初公開されたDisc5のレア音源コレクションは、癒しあふれる次の5曲で、小生は繰り返し聴いています。
  1)秋ふたたび(1974) 作詩:山上路夫/作曲:森田公一/編曲:馬飼野俊一
  2)早春(1974) 作詩:山上路夫/作曲:加藤和彦/編曲:穂口雄右
  3)若い合唱(コーラス)(1975) 作詩:山上路夫/作曲・編曲:川口 真
  4)想い出のセレナーデ(歌詞、アレンジ違い) 1974.7.18録音 
     作詩:山上路夫/作曲:森田公一/編曲:馬飼野俊一
  5)トルコ行進曲(スキャット) 1974.9.15  作曲:モーツァルト
     天地真理オン・ステージ ライブ録音

 天地真理さんのファルセットは、通常のクラシック歌手と異なり、やさしい歌声ですが、やはり芸術作品ではないかと思われます。

 (おわり)
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
震災後、明るき癒しの歌声・天地真理を再発見。また、被災地とのん(能年玲奈)ほかを応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR