MR92 天地真理ベスト・ヒットありました!


 ゴールデンウイークの間に、次女が赤ちゃんを連れて仙台に遊びに来ました。そこで、買い物にいったショッピングモール(イオン系)の本屋さんのカートで、「天地真理ベスト・ヒット」を発見し、写真をとって(普段はしませんけど)、即購入いたしました。
 今まで東北・仙台の店頭販売では、おそらく若者しか行かないパルコ上階のタワーレコードでしか見られなかった真理さん。ネット注文にはない、広く一般に認知された感じがたまりません。国民的アイドルの真理さんなら当たり前だけど、やっぱりうれしかったですね。今までが無視し過ぎ、ひどすぎでしたから。こんなに優しい美声なのに・・・

01天地真理ベストヒット表紙帯170505白
天地真理ベストヒット表紙帯。真理さん堂々としています。これでいいのじゃ!
でも最近ちっとメディアにやさしすぎ!特に若い週刊誌記者に・・・

02天地真理ベストを利府ジャスコ書店
天地真理ベスト・ヒットCDを利府ジャスコ書店で発見!
ショッピングモール、ホームセンター、車の修理センター(黄色の帽子)、
高速道路SA、いつも気にして覗いていました。懸賞にあたった感じです!

03天地真理ベストを利府ジャスコで発見
天地真理さん 有名どころの歌手仲間とご一緒です。
心も、手も、震えました!ビビットね。

04天地真理ベストヒット有名スナップ
天地真理ベスト・ヒットCDを開くと、有名な真理さんスナップ。
ちょっとミスト、霞がかった真理さんです。時の流れを表す?

07天地真理ベスト中写真SZ
CDの中写真。「想い出のセレナーデ」は、レコードジャケットの
もの想う表情より、この明るい表情がいいけどなぁ~!

08天地真理ベスト中写真うらSZ
CDの中写真裏面。木枯らしの舗道が12曲目。通な選曲です。
カラオケは「ひとりじゃないの」と「恋する夏の日」、
恥ずかしくて、それこそ一人じゃないと歌えないよぉ~!

曲名印字CD(天地真理ベストヒット)
曲名印字CD 天地真理ベストヒットCD (2013年発売)
同年発売の新しいゴールデン・ベストも曲名印字一周半でした。
このベストヒットCD、廉価版といってもさすがに高音質です。

 水色の恋 天地真理 / 千政夫氏

 ヒロ氏新作 天地真理 愛のプレゼント 「この広い野原いっぱい」

(お断り)今回は軽口にしました。誰かのブログに見習って、堅苦しくなく・・・

MR88 新三人娘CDについて


 最近は出張や帰省の長距離運転の時は、2011年8月17日発行といわれる「新三人娘」(二枚組CD)をよく聴きます。三者三様の歌の上手さをいつも楽しんでいます。

 新三人娘おもて表紙001

  太陽がくれた季節 青い三角定規 1972 西口久美子ほか

  天地真理 ☆ 太陽がくれた季節/エヴァ氏

 Disc1は、各自のヒット曲6曲ずつです。天地真理さんは、水色の恋/ちいさな恋/ひとりじゃないの/虹をわたって/若葉のささやき/恋する夏の日で、デビュー曲+オリコン一位の5曲です。

  栄光のヒット曲

 ここでは小柳ルミ子さんは、わたしの城下町/お祭りの夜/瀬戸の花嫁/京のにわか雨/漁火恋唄/冬の駅が取り上げられています。トップと「とり」とルミ子さんです。現在も継続して歌手活動をしている彼女ですから当然でしょう。ワタナベプロでは当初、ルミ子さんが全社挙げてのアイドル扱いだったそうですが、曲調はすべて似ていて、デビュー曲「私の城下町」と同様な日本情緒を表す、やや大人向けのデスカバリージャパン的な曲が続きます。さすがに、アイドルとしての全社売り込み歌手が、真理さんに変更になったのもうなずけます。ルミ子さんは歌声は、シャープでうまい、日本の情景、城下町、海岸や漁業の街、北国をくっきりと浮かびあげる歌唱力は見事です。もしかして、早い時点で、ルミ子さんには別の路線の曲を歌いたいと言う願望があったのかも知れません。

 漁火恋唄/小柳ルミ子 1973

 冬の駅/小柳ルミ子 1974

 わたしの城下町 小柳ルミ子さん

 南沙織さんの曲は、17才/潮風のメロディ/純潔/哀愁のページ/傷つく世代/色づく街の六曲。小生は17才を中学生の当時、くっきりと覚えています。中学校の放課後、掃除の時間だったかなぁ~、校内放送でながれる彼女の歌声は生き生きとして素晴らしかった。沖縄の海、砂浜・・・憧れました。後年、新婚旅行で沖縄を旅しましたが、歌と同じ南国の熱さと爽やかさが強烈な印象でした。彼女も、引き続く曲は同じような南国、沖縄の若者のイメージを歌ったものが続きましたが、後年、イメチェンを図り、「色づく街」は優れた曲を上手に歌いヒットしました。「色づく街」は秋の歌、今も南沙織さんの代表曲としてあげられる名曲でしょう。

  南沙織/色づく街 1973

  南沙織/色づく街 1991

  南沙織/哀しい妖精

 さて、天地真理さんですが、いずれも、このブログで何度も紹介している曲、というよりファンなら、および当時子供から若者、お年寄りまで良く知るヒット曲六曲ですね。三者三様、実に歌が上手な新三人娘でしたし、デビュー曲の売り込み戦略のまま突っ走っているように見えます。ただ、詳しく言えば、真理さんはデビューはフォーク調、二曲目以降は可愛いアイドルソングの路線まっしぐらでした。

 また、この「栄光のヒットパレード」のCDを流し聴いて気になるのは、真理さんの声量だけ明らかに小さく聴こえる点です。小柳ルミ子さんのニュー演歌ともいえるシャープな美声、南沙織さんの米軍のキャンプ仕込みかと思わせるパワフルでダイナミックな歌声、この二人の歌声に比較し、ファルセットで歌う真理さんの声量が小さいような気がします。同じ音量で聴くため、真理さんの時だけボリュームを調整してしまいます。この音量の違いは、何故なのでしょうか。私はデビュー43周年、45周年のイベントで今の真理さんの歌声を聴いて、真理さんが若き日にクラシックを学んだ歌手だけに大きな声量で歌う歌手であることを知っています。だから、ちょっと不思議な感じがするのです。

 永遠のフォークカバー

 GOLDEN☆BEST 新三人娘 ~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~Sony Music

 Disc2は当時はやったフォークソングのカバー六曲ずつです。真理さんは、花と小父さん/小さな日記/涙から明日へ/太陽がくれた季節/サルビアの花/冬物語を歌っています。
 真理さんのカバーは実に伸びやかで上手です。Disc1の各自の持ち歌は三者三様とも上手ですが、カバーになると天地真理さんが圧倒的な歌唱力でダントツです。小柳ルミ子さんがうたう「この広い野原いっぱい」、「花嫁」、南沙織さんが歌う「ひまわりの小径」、「あなた」は、真理さんもカバーしていますが、総じて真理さんの方が上手に聴こえるのは私だけでしょうか。

  天地真理 この広い野原いっぱい/BYR14060さん

 これは、真理さんが小さなころからピアノを学び、その先生が国立音大生だったので音大付属の中学を受験し、中・高と専門の音楽教育を受けたため、楽譜が自由自在に読めるとともに、想像ですがレコーディングの前に自らピアノで弾いて曲を確認していた。かつ、自分の曲ではないのでヒットさせようとするプレッシャーがまったく無いため、歌うのが楽しくてグイグイ、ブイブイ、歌いまくっているように見えます。「歌手・天地真理の実力を示すのがカバー曲だ!」とする評価は、けだし真実、真相ではないかと思う今日この頃です。

  天地真理 決意の乗車「花嫁」/ヒロ氏

 010新三人娘中写真001

 新三人娘中写真011

 新三人娘のモノクロ写真もやわらかい女性の雰囲気が出ています。真理さん、黒髪が豊富でウェーブをかけていて、顎がシャープです。真理さんは一番、色っぽいですネ。

  花と小父さん / 伊藤きよ子 オリジナル

  天地真理 ちいさな物語 「花と小父さん」/ヒロ氏

 新三人娘裏表紙001

 CDの歌詞、解説本の裏表紙です。MHCL1933-4/STEREOの印字が見えます。二十代前半、三人ともいい顔してますね。

  天地真理 ☆ あなた/エヴァ氏

 011新三人娘grp

 013まりとルミコ斜め上向き

 014まりとルミコ100

 ネット検索でも、新三人娘のお三方やお二人の組合わせ写真が、よく見られますが、真理さんのお話しでは他のお二人とは、当時は特に交流がなく、最近は南沙織さんと親しく出来きましたが、ルミ子さんとはライバル意識が強すぎて残念ながら思い出がまったく無いとのこと(「昭和40年男」,2016年8月号)。当時、歌手や若き芸能人は皆ライバルで忙しい・・・お写真の親しそうな雰囲気からは分かりません。真理さん、芸能界って、けっこう大変なんですね・・・ごくろうさまです!

 天地真理 偽りの花嫁 「サルビアの花」/ヒロ氏


(おわり)

MR86 天地真理2017年カレンダー、これって永久保存版です!!


 2016年12月、デビュー45周年の天地真理さんの豪華な2017年版カレンダーが届きました。
 ファンクラブ代表の真保さんや事務局長SHOさんの名で解説文が同封されていますが、このカレンダーに使われている写真は、この夏に、渡辺プロダクションの倉庫から発見されたたくさんの写真の一部なのだそうです。フムフム〜!!

 当時、日本を代表するトップアイドルの写真、見事ですネ。また、紙質も上質、大きさはA3版でほどよい大きさであります。
 私は、一年間、書斎のパソコンのそばの壁に貼り天地真理さんを愛(め)でる専用と、保存用の二部を購入しました。
 一部3千円で普段の3倍ですが、十分その価値があります。この記事を見て、まだ購入を見合わせている真理さんファンがいらっしゃれば、今のうち、真理さんの公式サイトから注文できますので、よろしくお願いしますヨ!!

  0-2017大きさA3版DSCF7894-200
 A3版、いつもの卓上カレンダー、ポストカード大の八倍ぐらい。うれしい大きさです。

  0表紙DSCF7911-200
 天地真理さんは、あの控えめなNHKでさえ「人気絶頂のトップアイドル」という国民的スーパーアイドル。金文字で、プレミアム・カレンダーの英文字、よく似合います。(アッタボーヨ!!)

  2017MariCalenderCF-450

 ♡2017天地真理カレンダー予約販売中♡ 公式サイトからご注文できます!
  天地真理ファンクラブ公式サイト SHOP

  千政夫氏/涙から明日へ 天地真理 1971

  1MariDSCF7900-200
 お正月は、着物です。赤白に金の花模様の晴れ着、がぜん似合います。獅子舞の頭、平和師匠に似てるかな〜(ウソウソ)

  MarchMariDSCF7901-200
 三月は、なってたって、小生愛する「若葉のささやき」の発売月。天地真理さん、可愛いさ抜群です。(今を旬の能年玲奈(のん)さんも有村架純ちゃんも、まだまだ、がんばりや~!!)

  4AprilMariDSCF7903-200
 4月の天地真理。女性ホルモン全開です。たまりましぇん。

  2017MAjune

 ♡2017天地真理カレンダー予約販売中♡ 公式サイトからご注文できます!
  天地真理ファンクラブ公式サイト SHOP

  エヴァ氏/天地真理 ☆ 涙くんさよなら

  7MariDSCF7914-200
 真理さんのミニスカートは、きれいで可愛くて、ちょい色ぽいです。さすがですね~。おみ足が若々しくきれいだからです。個人的に大好きな写真であります。

  9MariDSCF7907-200

  11mariDSCF7909-200

 9月と11月の写真は有名なフランス、パリのお写真ですね。篠山紀信さんの撮影でございました。わたくしは、これまで白黒でみていたので、カラーの大判はいいですね。9月の少女は高校生のようです。私の天地真理観は「美しすぎるお姉さん」でしたから、最初見た時は真理さんとは思えませんでした。パリで自由を謳歌したのでしょう。でも、11月の写真、ちょっとさびしそうです。あほな私でいいならお友達になりたいです・・・今更、頭おかしいかなぁ~・・・

  12mariDSCF7910-200

 十二単と言うのでしょう、徳川のお姫様のような出で立ち。お見事なお姫様であります。
 足元の白い足袋も美しい。真理さんは、アイドル後、この高貴なイメージをぬぐい捨て、しゃにむに芸能界を生き抜きました。
 でも、もういいでしょ。真理さんには、「純情で優しく可愛いまりちゃん」というイメージこそ、ご本人の優しい性格を表しているのです。

  ♡2017天地真理カレンダー予約販売中♡ 公式サイトからご注文できます!
  天地真理ファンクラブ公式サイト SHOP

  MIXy.mariさん/天地真理 童話作家 (作詩作曲:さだまさし)

MR72 昭和40年男2016年8月号「天地真理」掲載される


 (株)クレタパブリッシングの昭和40年男,2016年8月号(7/11発行)に「天地真理さん特集」6ページが掲載されました。渡辺音楽出版元社長の中島二千六(にちろく)氏や天地真理さん御自身からのインタビューコメント、CBSソニー制作ディレクターの中曽根皓二氏、ナベプロマネージャーの菊地哲榮氏、作詞家・山上路夫氏、作曲家・森田公一氏のコメント(既往資料など)、および現・天地真理ファンクラブ所有の真理さんの近況写真・資料等によって構成された、読み応えのある充実した記事が掲載されました。
 代表的なシングルやアルバムのジャケット写真+適切な解説もあり、久々に天地真理さんに非常に好意的な記事です。ファン一同、大変喜ばしい記事となっています。

  目次昭和40年男2016年8月
  昭和40年男2016年8月号の目次。真理さんの記事は昭和46年特集の一企画。

 この年、激烈な成田(空港)闘争、日本赤軍の存在と事件、円相場変動制移行(1ドル360円から円高変動相場に)、全日空機自衛隊機空中衝突(岩手県雫石上空)などがありました。大阪万博以後の高度成長期まっただ中の日本、沖縄返還目前、それなりに激動の時代でもありました。
 中学生時代の小生、上記の社会動向は記憶にありますが、この頃、音楽で強く記憶に残っているは、洋もの映画音楽、ビートルズ、カーペンターズ、そして南沙織さんの「17才」、吉田拓郎氏の「結婚しようよ」など。そして、TVアニメならやはり「ルパン3世」の放送開始でした。

  ルパン三世放送開始013
  ルパン三世のテーマ'78(30周年コンサート)/大野雄二【公式】

  みんなの真理ちゃん全体002
  再検証昭和46年「天地真理」の1ページ目 (写真は渡辺音楽出版による)
  The Carpenters - Yesterday Once More (INCLUDES LYRICS)

 小生は、個人的には、女性のレースの衣装は苦手なほうで、少女趣味やなぜかこちらの水分を取られそうなヒダヒダが苦手です。子供の頃の図鑑で人体や生物の内臓のヒダヒダ図がトラウマなのかどうかはよく分かりませんが・・・。しかし、真理さんのレース物は、ほとんどが20才過ぎての写真なので、やはり大人びてて、けっこう大丈夫です。冗談抜きに真理さんは、何を着てても爽やかでステキです。

  70年作曲コンクールの頃か斎藤マリさん
  フォークは天地真理のルーツのひとつ (写真は渡辺音楽出版による)
  水色の恋 ソロギター/長谷川智樹さん

 記事の解説は’70年ヤマハ作曲コンクール(ポプコンの前身)について述べています。このときの真理さんはギター演奏によらないOtherwiseという曲を歌いました。したがって、このモノクロ写真は、デビューの頃の写真と思われますが、詳細は不明であります。
 聞くところによると、1971年10月の「水色の恋」のヒットが、ヤマハ作曲コンクール出身者の初のメジャーヒットとなり、後年(1972年?)、このコンクールにゲスト出演されたとか。もしや、この時、ギター弾き語りで「水色の恋」を歌ったのでしょうか?

  スマイルマークS46001
 スマイルマーク、スマイルバッジ、LOVE&PEACE、流行は昭和46年からなんですね。よく覚えています。この頃からでしょうか、集合写真を撮るときに「はいチーズ!」と同様に、指でV字を作って「ピース」というようになったと思いますが・・・。天地真理さんも好きですよネ!

 今回の記事のメインテーマは、真理さんのデビューと歌のヒット戦略に対する中曽根氏、中島氏、菊地氏、三名との出会いの幸運と、この仲良し三人組と真理さんの必死に取り組んだ様子(逸話)を基軸にしている「天地真理デビューの真実(舞台裏)」とも解釈されます。

 ところで、真理さんは、Y.T.で見かける当時の活動後期のライブでしょうか、自らのコメントで「天地真理は歌は下手だけど、最近は心がこもっていると言われてうれしい」と述べたことがあるようですが、とんでもない誤りだと思います。それほど、TVなどでちょっと歌う時のファルセットについて低評価を繰り返し聞かされ、本人も自信がなくなっていたのでしょうか。地声をほとんど使わない歌唱法は、ものまね上手な森昌子さん(注)に代表される演歌歌手のように短いフレーズではトップスピードにはなれないのではとお見受けします。しかし、真理さんのライブやレコーディングのように、しっかり歌う場での歌声は、美しく心がこもっていることが、歌手活動初期のデビューシングル、ファーストアルバム、テレビドラマ「時間ですよ」ですら、あまりにも明らかです。

 (注)当時モノマネ王者になるなど他の歌手のモノマネが上手で、都はるみらのモノマネを1フレーズで聴衆に納得、驚嘆させる歌唱テクニックをもっていた森昌子ちゃん。今も当時の動画がY.T.で人気ですが、よく聴くと、最も似ていないのが天地真理さんのモノマネです。発声自体が大きく異なるため、モノマネに限界があるという証拠でしょう。当時、真理さんのモノマネが最も上手なのは、キャンデーズの故・田中好子さんだったと思われます。

 今回の記事の結語に次のような天地真理さんの言葉があります。 
 『今までにいろいろなことがありました。でも、いつも歌があったから生きてこられた。45年前に3人のスタッフの方に出会っていなかったら、この日を迎えることはなかったでしょう。ソニーの中曽根さんが私を見出してくださった。中曽根さんの紹介で渡辺音楽出版の中島さんとお会いして、渡辺プロダクションに入り、菊地さんが担当してくださいました。今、私の歌は私の宝です。今も私の歌がどこかで歌われたり、放送で流れたりしていることを本当に幸せに思います。歌への思いはこれからも変わりません』(天地)

 ・・・そういえば、数日前、7月13日(水)の午後1時、車で出張中に、NHKFMで真理さんの「恋する夏の日」が流れました。番組は歌謡スクランブル「夏色のアルバム(3)」、パーソナリティーは、昨年夏の「天地真理作品集」の逢地真理子さんのようでした。「恋する夏の日」は一曲目、二曲目はご友人南沙織さんの「17才」でした。小生、驚いたり、ちょっと泣けたり。真理さんの歌はトップバッターが、やっと普通になってきましたネ。同その(2)、その(4)の放送のトップバッターは美空ひばりさんとプリプリでしたから、押しも押されぬ夏歌の代表曲という扱いです。真理さん、うれしいでしょう~!!

 恋は水色天地真理_ヒロ氏

  ヒロ氏/天地真理 薄明の恋 「恋は水色」

 記事によると、天地真理さんは、デビュー後二年間も自分の出演した番組を見たことがなかったほどに多忙なアイドル稼業に取り組んでいたのでした。後年のピンク・レディーも同様でしたが、真理さんは彼女らと違って一人歌手で、国民的アイドルのさきがけ。真理さんはどんなに多忙でもTVや地方の営業ステージで、ちょっと歌わねばなりませんでした。クラシック歌唱法のオールファルセットの真理さんにはつらい「ちょい歌」だったのでは。四十数年にも及ぶこれまでの、世間大衆の心外な低評価に、真理さんはよく耐えて来ました。その真理さんが、インターネットや動画サイトの普及などで蘇った感じがします。ファンの皆さんの動画やブログも大きく貢献しているのではないでしょうか。

  Sakurai氏天地真理日比谷公会堂011
  M.Sakurai氏 F.B.公開スナップ/天地真理さん初コンサート 日比谷公会堂
  (1972年5月28日、初コンサート「真理ちゃんと日比谷でデイト」が開かれ、
  5000人の観衆が集まりました)

  天地真理デビュー曲 「水色の恋」/4chanMameyaさん

 また、昨年度の週刊新潮の老後破産の特集に、真理さんが利用された困った事件。確かに、ファンクラブ事務局を通さない掟破りの取材と不届き至極なノーメイク写真掲載を行い続けている大手出版社・新潮社には、心やさしき一国民の人権をひどく傷つけた己の罪を(日本国憲法に反しないか)しかと認識、謝罪し、社会的責任を十二分に取っていただきたいと思うわけです。そうですねぇ~、真理さんは元祖・国民的スーパーアイドルですから、賠償請求額は事件らしく、真理さんのデビュー3年前、昭和43年(1968年)に起こった迷宮入り事件にあやかり、3億円以上としたいところですネ、ナンチャッテ。まぁ、金額はともかく、冗談抜きで、新潮社の社長殿、ホント、ホント、真理さんファンは本当に怒っていますヨ!私も毎日、通勤で、新潮社の文庫を読んでいますが、私の好きな、人気作家の沢木〇太郎さんや椎名〇さんも、こんなことあって平気なんでしょうか。

 一方、この週刊新潮の記事では、真理さんが若くして高額な収入の入る国民的スーパーアイドルとなり、その後、人気に陰りが出てきた「アイドル後の時代」、収入のジェットコースター現象にひどく苦しんだことが、一般大衆の知るところとなりました。これは、考えようによっては不幸中の幸いではないかとも思います。何故なら、今まで、アイドル後の紆余曲折の原因に関し、ほとんど説明がなかったことが、大部分の大衆が「忘れられない国民的スーパーアイドル」を、忘れたことにしていた大きな理由だったのではないかと思うからです。
 あまたの熱心な真理さんファンには叱られそうですが、今回の雑誌の極めて好意的で充実した記事は、このような負の背景について特に説明する必要がなくなった現況にも一因があるように思うのですが・・・・いかがでしょうか?


MH06.2 1965年「アイドルを探せ」フレンチ・ポップス


 昨年、NHKFMの「今日は一日フレンチ・ポップス三昧」を聴いていて、意外とかつて天地真理さんがカバーしていた曲がかかり、放送中に真理さんによるカバーをリクエストしました。が、あんなに長い時間帯の放送なのに残念ながらかかりませんでした。
 けれど、 特に、シルヴィ・ヴァルタンの1965年「アイドルを探せ」はフレンチ・ポップスの名曲ですね。ライブの聴衆の盛り上がり、男性の指笛、同姓の女子による黄色い絶叫、彼女の可愛さと共存する若々しいセクシーさ、どこか真理さんに似ています。
 渡辺晋さんの日本アイドルプロジェクトは、シルヴィ・ヴァルタンの「アイドルを探せ」に感化され、天地真理さんのデビューが準備される1970年~1971年、アイドル候補を探す大詰めの段階が来ていたのでは。そのダーツの矢は、南沙織、小柳ルミ子を経て、本命、天地真理を射抜いた、ということでしょうか。

 これが、天地真理さんが、カバーした「初恋のニコラ」(1980年9月1日発売)ですね。じっくり聴くのは初めてです。
 真理さんがこのシングルをリリースした日、私は蝦夷ヶ島大学地質学科の卒論中。日高地方の山地に一人はいって踏査の日々、ヒグマを警戒しながら川を渡渉し、ハンマーをふるって岩石をたたき、沢を詰めて、地質図を作成していました。昼はお手製の粗末な弁当を食べ、ラジオをかけながら疲れをとるため昼寝(半寝)をして休みました。北海道の山深い山地、ラジオはNHKで「昼のいこい」を聴いていました。この頃、真理さんの曲は聴いたことがなかった。真理さんの歴史をたどると若い日々を、いろいろ思い出します。それでも、当時、都会・札幌は、冬季オリンピックからほぼ10年、にぎやかで、きれいな女性も多かったですね。

 シルヴィ・ヴァルタンはビートルズより先に人気が出た歌手で、1965年5月、世界ツアーの一環で訪れた初来日、羽田に1000人ほどの学生服姿のファンが小旗(フランス国旗でしょう)を振って詰め寄せ、驚いたそうです。「レナウン娘」のCM曲は有名でしたね。この初来日は1964年10月(昭和39年)の東京オリンピックの直後、日本は高度成長期、真理さんも良く覚えている時代でしょう。

   シルヴィ・バルタン あなたのとりこ

 彼女はそれから真理さんのデビュー年1971年に二回目の来日をはたし、その後度々来日し公演やツアーを行いました。東欧・ブルガリア生まれでパリ育ち。きれいな歌をうたうフランス娘、日本人の憧れでした。現在、70才、迫力のある歌唱で今も現役、2011年の震災以後も日本を訪れています。もはや大御所の世界的歌手です。(Wikipedia)・・・そうか、真理さんも「国民的スーパーアイドル」というより、"International super beautiful falsetto singer"がいい呼び名かも(大きく出ちゃった、ごめんなさい)。


シルヴィ・ヴァルタン水色の恋

Sylvie Vartan -Love is Blue

シルヴィさん、歌手として円熟した歌声とお見受けいたしやす。

天地真理水色の恋-200

alphaj.さん 恋は水色-天地真理

 天地真理さんの美しいファルセット、透明感がたまりませんね!ただし、日本の大衆の皆様、真理さんの歌声には実はパンチ力も勢いもあります。知らんだろうね~。

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR