FC2ブログ

MH10.2 フォークソングと天地真理(その3)/森山良子


 森山良子さんは、はじめジャズシンガーを希望していましたが、天地真理さんもデビュー時好んで歌った「この広い野原いっぱい」で1967年(昭和42年)デビューしました。発売前に、ジョーン・バエズが来日公演を行い、これに急遽飛び入り参加することでその知名度は全国的になったと言われています。



 この時代の日本は高度成長期のひずみで、企業の排水による水俣病やイタイイタイ病、都会では光化学スモッグなど公害問題が社会問題化しました。また、学生運動も激しい時代でした。天地真理さんは中学から高校生、音大付属とはいえ、これらの社会の状況は良くわかっていたことでしょう。だから、真理さんもジョーン・バエズにあこがれたのでしょうか。

 先月は自衛隊の国外活動に大きく影響する安保法案が国会で与党自民党によって可決されましたが、国会前での市民のデモは大きなムーブメントとなり、マスメディアでも紹介されました。昨晩、この反対運動の様子をNHKがドキュメンタリーしていました。ただし、採決されてからの報道は、ちょっと疑問符がつきますね。
  




 ラグビー熱のある釜石出身の小生は、今、イングランドで行われているワールドカップに夢中で、今晩の、第三戦サモア戦のことで体が燃えるような静かな興奮があります。
 しかしかつて仕事で行った東南アジアの海とジャングルを想うと、70余年前のアメリカが太平洋戦争と言うあの戦争は、日本対イギリス&アメリカによる眠れる獅子・中国に関する利権がテーマの国際紛争のようにも思えます。
 戦争後半にはガダルカナルやラバウルの地名で代表されるソロモン諸島やパプアニューギニア、オランダ領インドネシア、アメリカ統治下のフィリピン・・・・日本が第一次世界大戦後統治した南海の島国や欧米の植民地から解放した資源国を圧倒的な兵力で奪い返し、沖縄上陸戦、広島と長崎への原爆投下(実験的要素が本当にあったのか)、東京ほか各都市への空襲と艦砲射撃とある意味で本土決戦といえるアメリカの容赦ない反撃があったわけです。

 何故にあそこまで戦い続けたのか、何故に沖縄で一般市民を巻き込む悲劇的な戦いをしたのか・・・・何も歴史的状況を回顧、反省しない日本人、沖縄県民だけに過剰に米軍駐屯の責務を取らせるのか。中国、北朝鮮の脅威に対し沖縄中心の米軍配置が本当に正しいのか。日本人は、政治家も含め、戦後70年に至っても何も実行を伴う反省をしていないように思えてなりません。

 安保法案を通した政府は、アメリカと襟を開いて交渉し、沖縄に過度に依存した防衛体制を、日本本土全体で計画的に分担する勇気が必要でしょう。沖縄の人たちから言わせるとそれは勇気ではなく当然の日本人の責務でしょう。火炎放射器で焼かれること、若き看護師が次ぎ次と断崖で海に飛び込み自害すること、米軍を恐れて島の住民が結集し悲惨な集団自決をすること、2011年の東日本大震災とはまったく性質の異なる悲劇だったわけです。
 はるかなるインパールのジャングルの戦い、南海の玉砕、硫黄島の激戦、シベリヤの過酷な抑留と苦役、日本人なら誰でも程度の差はあれ、読んだり聞いたりしておおよそ知っていること。
   
 フォークソングは、ふと、われにかえって、日本人に、行く道を示してくれている。そのような気がします。かつての若者は老い、次の時代に引き継ぐ。ラグビーで例えると、ラグビーの楕円のボールが、敵群に、大きな障害にぶつかりながら、ラックとパスでつなぎインゴールを目指すようなものですね。

 歌手として間違った評価と芸能界の濁流にのまれて、いたく傷ついた天地真理さんを、心が疲弊した人や深く傷ついた人をいやし元気を与えてくれる日本人にとって大切な歌手として、マスメディアやネット等どんな障害があっても正当な評価を広く国民に獲得し、デビュー45周年で彼女の功績を讃え感謝する。広い意味で、戦ってこそ日本人。そんな気もする、天地真理さんデビュー44周年(10月1日)です。

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
大津波の甚大な被害は住民にも地域にも大きなPTSD(心的外傷後ストレス障害)。「夏を忘れた海」と生きる人々の心の復興を願う三陸海岸K市育ち。杜の都在。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR