MR36 舟木一夫さんの仙台コンサート楽しみました


 今週、6月25日木曜日、仙台市内の東京エレクトロンホール宮城(旧・県民会館)で「舟木一夫コンサート2015」があり、勉強の為、行ってきました。昼、夜の二回公演で、私は仕事帰り18:00からの夜の部に行きました。幸い優待券で座席指定はできませんがお安く二階の袖の中空席がとれ、オペラグラスを手に約1時間40分堪能しました。

   舟木一夫フォトアルバム-200

     東京エレクトロン開演前20150625

      東京エレクトロンホーン宮城 開演15分前の様子です

 さすがに1階の前席は熱烈な中高年のファンでぎっしりで、「高原の御嬢さん」でオープニングし、数曲歌う間に、次々女性ファンが大きな花束や紙袋のおみやげを直接、舟木さんに手渡します。歌に支障がなければ舟木さんは、誰とも握手し、また手渡しのタイミングが分からない人には、自ら誘導して、受け取るようにします。
 また、ステージには、しゃれた長テーブルがあり、花束は花を会場に向けて中央側のテーブルに並べ、紙袋は袖側のテーブルに置きます。中には、大きな真っ赤なバラでしょうか、高価そうな花束もありました。ファンに愛され、ファンを大切にする舟木一夫さんのやさしいハートが良くわかるステージでした。

  花咲く乙女たち 舟木一夫

 歌は、時々語りを入れて(これがご本人、休みだそうです)、休憩なしで20数曲歌い続けます。70才の誕生をむかえ、声量や声の伸びもあり驚きのステージでした。有名な曲も、抒情豊かな曲も、ほとんどの歌は、江戸っ子節の時代劇の劇中歌のように、無理せずリラックスして歌います。伴奏は9名、ピアノ、ベース、ドラム、パーカッション、サックスなどで、3名の女性コーラス付でした。サックスの若者がすごく上手で、ある曲の終わりで独演をしました。舟木さん曰く「ちょっと長かったかな。顔も長いからね。」と若者を可愛がっていました。
 歌の中ほどで、ジャケットを脱ぎ、上半身は黒のスーツベストだけになり、ロングランヒット曲「銭形平次」を腕を大きく頭上で振って歌い上げました。会場は、お待ちかねの総立ちで大盛り上がりでした。
 終盤は高校三年生と学園広場など。私が感心したのは、やはり「高校三年生」。それまでのリラックスした歌い方とは異なり、デビューを思い出させるように、しっかりさわやかに歌い上げました。聴衆も、銭形平次のようには興奮せず、じっと本物の「高校三年生」を耳に心に焼きつくかせるかのように、手拍子もやや控えめに静かに聴いていました。
 そしてアンコールは新曲「春はまた君を彩る」でした。作詩:松井五郎、作曲:南こうせつ­。「この曲は今まで苦労してきた中高年に贈る歌で、われわれは残る人生、いかに楽しく遊んで暮らすかですね」と語り、会場から共感の大きな拍手がありました。

  

   ColumbiaMusicJp 春はまた君を彩る/舟木一夫 新曲 2015

 舟木一夫さんが全国で愛されている歌手で、同じ時代に青春時代を生きた中高年の元気の源となっているのですね。真理さんよりやや年下の郷ひろみさんもそうですが、私より十数歳も年上のこの方が、この声量、このバイタリティー、この気配り、この楽しい話術、素晴らしかったです。何より同年代、お客さんにフレンドリーなのには驚きました。

  MH05.1 舟木一夫さん 変わらぬ歌声!

 舟木さんの明るく気負わず自信に満ちたステージ、誇らしげに歌う新曲、こんなステージに天地真理さんが立ったら、どんな盛り上がりになるでしょうか。中高年なのに声を枯らす追っかけや失神するファンも出るかもしれませんね。種々の慢性病をもつ中高年、まさに命がけの応援となります。
 舟木さんは真理さんの全盛期、ブームが去って三度の自殺未遂を起こしました。その後、デビュー三十周年を機に、同世代を中心に人気が復活された方。未遂でほんとうによかったねと、今も昔の乙女たちに言われています。

 ちょっと恐れ多いですがキリストの復活や埋もれた作曲家バッハなど、本当に良いものは一度、黄泉に下り、後日蘇ります。忘れ去られても再び見い出される。そして、以後忘れられることがありません。舟木一夫さんだけでなく、天地真理さんの数多の名唱もその一つに違いないと思う今日この頃です。


MH5.2 女優・吉永小百合「キューポラのある街」

 
 週刊文春の5月7日・14日ゴールデンウィーク特大号で「戦後で最も美しい女優ベスト10」の特集があり、栄えある一位はやはり「吉永小百合さん」でした。モノクロ写真で紹介された銀幕女優10人、ちなみに二位は夏目雅子さん、三位は能年玲奈ちゃん、以下、原 節子さんから岸恵子さんまで、あまりに著名な女優の方々で、天地真理さんらの歌手・アイドルは含まれていませんでした。

  戦後女優No1吉永小百合

  女学生 吉永小百合/唄 森昌子
  
 この記事でも、吉永さんの代表作に『キューポラのある街』(キューポラのあるまち)があげられています(映画カット)。この映画は浦山桐郎監督作品で、東京オリンピックの2年前、1962年(昭和37年)4月8日に公開されました。

  吉永小百合キューポラのある街

  吉永小百合 _キューポラのある街
   
 この映画公開の年は、天地真理さんがブレークした10年前。吉永小百合さんは東京オリンピックを前後して絶頂の国民的人気女優となり、アイドルというよりやはり「青春スター」の呼称がお似合いです。良い家柄のお育ちと言われますが、高校生で、この演技、やはり美しい名優だと思われます。また、当時の国民の誰もが知るように、橋幸夫さんとのデュエット曲「いつでも夢を」(1962.9.20リリース)は第4回レコード大賞受賞曲、すがすがしく元気になれる名曲(吉田作品)を、高音の可愛い歌声で歌いました。
 小生はこのころ幼稚園~小学校低学年、しかし、吉永さんの歌声や華やかな演技は、印象として良く覚えています。後に天地真理さんの冠番組を見ていたちびっこたちも、細かなストーリーや共演者の名前は覚えていなくとも、真理さんの美しさ、やさしい語りや歌声をよく覚えているのではないでしょうか。

 映画の概要は、Wikipediaによると次のようです。
『原作は早船ちよの小説で、昭和34年(1959年)から1年間、雑誌『母と子』に連載され、昭和36年(1961年)に弥生書房で単行本化され、昭和37年(1962年)に日本児童文学者協会賞を受賞した。財団法人大阪国際児童文学館(現・大阪府立中央図書館国際児童文学館)の「日本の子どもの本100選」に選ばれた。
 鋳物の街でキューポラ(鉄の溶解炉)が多く見られた埼玉県川口市を舞台とした青春ドラマ。主人公ジュン(吉永小百合演じる)の周りで起こる貧困や親子問題、民族、友情、性など多くのエピソードを描いている。
 ブルーリボン賞作品賞受賞作品。主演の吉永も今作でブルーリボン賞主演女優賞 を受賞し、大きく飛躍するきっかけになった作品である。

   映画「キューポラのある街」予告編

(映画脚本のあらすじ)
 中学3年の石黒ジュン(吉永小百合)は、鋳物工場の直立炉(キューポラ)が立ち並ぶ埼玉県川口市の鋳物職人の長女である。何事にも前向きで、高校進学を目指すジュンだが、父・辰五郎(東野英治郎)が工場を解雇されたため、家計は火の車で、修学旅行に行くことも諦めていた。
 自力で高校の入学費用を貯めようと、パチンコ屋でアルバイトを始めるジュン。担任教師の助力で修学旅行にも行けることになった。しかし、ようやく再就職した父親は、待遇が不満で仕事をやめてしまった。絶望したジュンは女友達と遊び歩き、危うく不良少年たちに乱暴されかけた。
 全日制の高校進学を取りやめて、就職を決断するジュン。北朝鮮への帰還問題で苦悩する朝鮮人の一家や、貧しくとも力強く生きる人々との交流を通じて、ジュンは、自立して働きながら定時制で学び続けることに意義を見出したのだった。』

 吉永小百合さんは1945年(昭和20年)、青春映画で仲の良いコンビだった浜田光夫さんは1943年のお生まれ。「いつでも夢を」のデュエット相手の橋 幸夫さんも1943年、「高校三年生」の舟木一夫さんは1944年の誕生とのこと。いずれも終戦の昭和20年頃に生まれ、1960年代、東京オリンピック準備中の高度成長期の日本でスターとなり、日本人を元気づけた有名な若者でした。波乱万丈の苦難を経た方もありますが、皆さん現役で俳優や歌手を貫いていて、戦後70年の今年、70才を越える分けです。これらの皆様にこそ2020年第二回東京オリンピックに後5年と迫ったやや閉塞感のある日本人に、あの快活な元気を思い出させるため「国民栄誉賞」を与えてほしいと思いますネ。

☆次のテレビ番組は、橋幸夫に追いつけ追い越せで誕生する舟木一夫物語。吉田 正門下、吉永小百合さんにも触れています。
   「舟木一夫」誕生~ザ・青春歌謡「高校三年生」


MW03 この道は長いけど歩きながら行こう


 吉永小百合さんは、東日本大震災復興支援のCDを発表しています。震災発生から約半年後、東京で手渡し会が開かれました。

 吉永さんは全国民が知る大女優ですが、現役として主役を演じ続けていています。今年、2014年9月1日、カナダの第38回モントリオール映画祭で、初プロデュースし、かつ主演した「ふしぎな岬の物語」が審査員特別賞グランプリを受賞しました。演ずる心中には震災の影響もあったそうで、海辺の普通の人々のあたたかい絆を表現されました。
 
 小百合さんの来し方をあらためて調べてみると、東京オリンピックに前後し、1960年代から1970年代前半に、爆発的な人気を得た、美しく、かわいらしく、快活な女優さん、今風にいえば超国民的アイドルでした。日本映画産業の斜陽後、大人の女性を演ずるべく、男女の性愛表現にも女優魂を発揮して頑張りました。これが、その後の反原発への詩の朗読に代表される運動、そして心温まる大女優の演技につながっているのではないでしょうか。

 震災復興アーティストまとめ

 吉永小百合震災チャリティーCD
 
 さゆりさんからの手紙

   吉永小百合 「寒い朝」/マヒナスターズ

 勇気あるもの

    「勇気あるもの」 吉永小百合

  発売元:ビクターエンタテインメント
  一部モノラル
  収録情報《1枚組 収録数:18曲》
   1.吉永小百合からの手紙
   2.寒い朝 with 和田弘とマヒナスターズ
   3.いつでも夢を with 橋幸夫
  《モノラル》
   4.風と樹と空と
   5.太陽はいつも
   6.泥だらけの純情
   7.若い東京の屋根の下 with 橋幸夫
   8.光る海
   9.美しい暦
   10.若い風
  《日活配給映画「青春のお通り」より》
  11.太陽が真上に来るとき
  《日活配給映画「私、違っているかしら」より》
  12.ユキと九太の人形劇 with 坂本九
  《日活配給映画「ひとりぼっちの二人だが」より》
  13.ねむの木の子守歌
  14.娘たちはいま
  15.恋人たち with トニーズ
  16.みんなで行こう
  17.明日は咲こう花咲こう with 三田明
  18.勇気あるもの with トニーズ

  若い東京の屋根の下

  

 復興支援の為に吉永さんはこのCDの印税の全額を寄付されました。感激して、私も遅ればせながらCDをネット通販で購入しお聴きしたばかり。小百合さんのお手紙も朗読も素晴らしい。歌唱は若い時の高音のものが多いのですが、東京オリンピック以降の昭和40年代からは、最近のやや低いお声になっています。選曲は主に吉田正さん作曲、佐伯孝夫さん作詩のもの。寒い朝、いつでも夢を、若い東京の屋根の下、ユキと九太の人形劇(坂本九とデュエット)、ねむの木の子守唄(作詩:美智子妃殿下)、明日は咲こう花さこう、勇気あるものが、特に印象に残りました。本当に、吉永小百合さんは心の温かい女優、大変やさしき人間味あふれる大スターですネ。

 さて、あの震災の後、天地真理さんのファルセットを再発見し、日々癒されている自分としては、震災の被災地や今回の広島などの豪雨災害の被災地に、天地真理さんのあたたかい歌声を届けたい気持ちがあります。トップアイドル後、波乱万丈の御苦労をされたことも理由のひとつです(程度は違いますが吉永さんと少し似ているかも)。各地の災害FMにFM軽井沢の番組を提供したり、吉永さんのように真理さんのイベントでご本人や真保さんからCDを手渡すこともできますね。

 映画人として活躍する心優しい表現者「吉永小百合」さんは別格として、真理さんの1ファンとしては、やはり真理さんの癒しの歌声で構成する、苦渋にも耐えて明るく生き抜く歌姫・天地真理の歌唱音源を、疲労した地、がんばる人々に届けたいですね。

 私、個人的に、真理さんの仮想企画CD、『あなたの心に届けます!いやしの歌声・天地真理』には、とりあえず20曲、次のようなものが思いつきます。

 1.水色の恋・・・・・ライブ(天地真理オン・ステージ)
 2.この広い野原いっぱい
 3.ひとりじゃないの
 4.季節はずれの白いボート
 5.あなたが教えてくれた歌
 6.白いバラの道
 7.君よ知るや南の国(ミュージカル)
 8.気が合う同志(ミュージカル)
 9.天使の約束(ミュージカル)
 10.愛する人に歌わせないで・・・ライブ(天地真理オン・ステージ)
   
   11.夏を忘れた海・・・・・ライブ(私は天地真理)
   12.童話作家
   13.涙は明日に(作詩:北山修,作曲:杉田二郎)
   14.朝のさざなみ
   15.春の風が吹いたら・・・・・ライブ(私は天地真理)
   16.あの素晴らしい愛をもう一度
   17.小さな人生
   18.涙から明日へ(堺正章&天地真理)
   19.ひとりじゃないの(Mプロジェクト)
   20.子守唄 母の愛・・・演奏:天地真理クラシック・ユニット

 皆さんは、どんな選曲が良いと思われますか?

MH05.1 舟木一夫さん 変わらぬ歌声!


 幼き日、小学生の頃、舟木一夫さんの歌をよく聴いていました。すがすがしい美声でした。映画やテレビで共演された松原智恵子さんもよく覚えています(後に「時間ですよ」の奥様)。
 舟木さんは、「高校三年生」であまりにも有名ですが、学園ものが続けてヒットしたり、「絶唱」などの文学的な情緒豊かな歌を歌われ活躍しました。
 また、私事ですが、家内がカラオケで十八番の「銭形平次のテーマ」は、生き生きとした江戸っ子おかっぴき、表現力も他の歌手の追従を許しません。
 低迷期、三度の自殺未遂を乗り越えて、いつも元気な橋幸夫さんは別として、この時代の男性スター歌手として、当時のファンを大切にし、ゴールデンな輝きを示し、コンサートを続けています。
 すがすがしい美声、誰もが知る国民的な超人気歌手。まじめでやさしい、繊細な人柄。絶望的な不遇期を乗り越えた日本を代表する歌手、舟木一夫さん。

 やはり同じような経緯をたどった、われらが「国民的スーパーアイドル天地真理さん」。ただし、舟木さんのように歌のうまさを、全盛期は広く国民に周知されなかったという、真理さんの悲劇。天地真理さんを当初から、そして再発見して応援する仲間の皆さんの思いは、本音では、「NHKホールの懐かしのメロディー」で、生き生きと主役であられる舟木さんに、続けと願う気持ちがあります。ただし、ご苦労され全盛期のファルセットが出せない今の真理さんに、精神的に負担をかけたくない、プレッシャーなどかけたくない、というのもファンの確かな気持ちです。今年は、スクリーンコンサートの定例上映が行なわれ、これから四つのイベントがあります。真理さんが、こころ穏やかに、お好きな歌を、歌われたり口ずさんだり、ピアノやギターを弾かれたりしてほしい。やはり、われわれは、天地真理さま、大好きですネ。

四天王のうち三人
四天王のうち御三人(三田明、舟木一夫、西郷輝彦)

舟木一夫/高校三年生

舟木一夫=花咲く乙女たち=

 ネット百科事典 Wikipediaによると、舟木一夫さんのデビューから今日までの概要は次の通りです。
A)デビュー
 昭和38年(1963年)6月5日、デビュー曲は恩師遠藤実作曲、日本コロムビア専属だった丘灯至夫作詞の「高校三年生」と決定した。4月で高校を卒業していた舟木だったが、「学生服で行け」という遠藤実の指示で、歌謡界異例の学生服デビューとなった。 「高校三年生」は、発売1年で100万枚の大ヒットを飛ばし、舟木は第5回日本レコード大賞新人賞を、丘は作詞賞を受賞した。デビューから2ヵ月後、本人が主演した同名映画も大ヒットし、舟木は一躍スター歌手になった。それに続き、学園三部作と言われた「修学旅行」「学園広場」もヒットした。

 

B)スター歌手に
 1970年前後には、こうした青春ソング以外にも時代モノ、民謡調などの歌にも独特の持ち味で数々のヒットを飛ばした。テレビ時代劇『銭形平次』のテーマソングも、番組のロングランもあって舟木の歌としてよく知られるところとなった。
 また特に詩歌、文学をモチーフにした叙情歌謡と呼ばれるジャンルでは持ち前の歌唱を活かして第一人者的存在となり、「絶唱」「夕笛」「初恋」などがヒットし、1966年には「絶唱」で第8回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。このジャンルとしてはその集大成ともいうべきアルバム『その人は昔』がある。これは作家松山善三の長編抒情詩を正味1時間すべて舟木の歌唱で埋めるという、前代未聞の作品であり 舟木の歌唱力が最大限に発揮されている。更にこの作品はLPとしては当時記録的な売上となり、後に舟木と内藤洋子の主演により映画化された。

 絶唱 舟木一夫さん

C)低迷期
 1969年までは名実共に高い人気を保持していたものの1970年に入ると、かねてより多数出演していた歌謡映画が廃れ、TVドラマへの需要が無くなり、それに追い討ちを掛けるが如く歌謡界の変化に伴い表立った仕事は激減し舞台と地方公演が主な活動の場となってゆく。
 1970年と1971年に自殺を図るが未遂に終わる。1972年、心身不調により3度目の自殺未遂を起こしている。1973年、再び心身の不調のため翌年まで10ヶ月間静養。しかし1974年、NHKテレビ『思い出のメロディー』で復帰。

(編者コメント1)舟木さんのつらいこの頃は、なんと、天地真理さんのデビューから数年、全盛期にあたります。旬の歌手、ヒット曲は、「めぐるめぐるよ時代は変わる」ということでしょうか・・・・

 
 今も熱唱! 舟木一夫 さん

D)変わらぬ歌声は復活ス!
 その後十数年に渡り不遇時代が続いたが、デビュー30周年プレ公演を機に、主に中高年女性のアイドルとして人気再燃、そのなかで「同じ青春を過ごした仲間にしか通用しない歌い手でいい」と述べている。そして1999年には中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ!'99」を歌い(舟木自身も大のドラゴンズファンである)、25年ぶりにオリコン40位ランクインを記録。
 2007年にはデビュー45周年を迎え記念コンサートを行う。そして「単なる流行歌でない。何も変える必要はない。これでいい」と述べている。
 現在も、歌手としてテレビやコンサートで精力的に活躍しているほか、舞台俳優としても毎年座長公演をこなし、幅広い層から根強いファンを集めていることで知られている。

(編者コメント2) そうですね、コンサートの模様が、テレビで時々特集されます。「単なる流行歌でない。何も変える必要はない。これでいい」・・・すばらしいですね。とくに「高校三年生」は、舟木一夫さんでなければ全くダメ、あの前奏と舟木さんの第一声、東京オリンピックのあったあの活気あふれた時代に、一気にワープします!!


プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR