MR18 エイプリル・フール


 みなさま。こんばんわ。昨日、今日と、続けて動画サイトの二作品が削除され、アカウント(動画サイトにログインできる権利)が、取り上げられました。ご愛顧いただいた皆様に大変悲しいお知らせとなりました。エバ師匠のお気持ちがよくわかる4月1日、エイプリル・フールとなりました。

 エバ師匠がこのお正月に投稿動画の立て続けの削除に会い、すべての投稿作品をサイトから自ら削除されてから、この冬は限りなくさびしい冬でした。また、何故か、私の作品、今回狙われて削除された作品は、画像の鮮明さも劣ることから当初は、200アクセス程度のものでした。それが長く続きましたが、この1月に入って急にアクセス数が伸び、1万アクセスを越し、1万5千を越し、二万アクセスに迫る勢いでした。何故なのか、不思議に思っておりましたが、多忙にも関わらず、意をよくして、3月に様々な作品を10個もアップしたことは、これまでもありませんでした。さらっと、簡単に作るこつを覚えたところだったのですが。本当に残念です。

 しかし、逆風でもプライドをもつ科学者(天動説を唱えたブルーノ・タウトやガリレオだってそう。小保方さんだけではないのです)のように、エバ師匠も私も、天地真理さんの秀でた歌唱の再評価ムーブメントが起きること、また真理さんが自らの歌唱に自信をもち自身に正当な誇りをもっていただくこと、を切に願ってアップを続けてきました。何よりも皆様に聴いていただき真理さんの古きファンが目覚め、新しきファンが歓ぶ、助けになればと思いながら、何度も真理さんの天性のファルセットを聴きながら作品を作り、アップすることは大変楽しい時間でした。

 レコード・CD業界も、私の拙いスライドショーを削除する暇があるのであれば、もっと進んで「天性のファルセット」、「歌姫・天地真理」を宣伝してほしいものです。夜な夜な作った作品そのものは、私のPCの中に依然とあるわけですが、皆様にお見せできないのが残念です。トホホ・・・。

 少し、冷静になって、ブックレット「私は歌手!天地真理」の再編集や真理さんの曲や歌唱の分類をしてみたいと思います。スクリーンコンサートにも行きたい。ブログの更新もゆったりとしたい。真理さんの癒しの歌を被災者に届けたい。・・・次のような、拙いスライドショーを懸命に消去する価値があるのか、私にははなはだ疑問ですが、真理さんの歌唱の再評価が進む気運の現れであれば、大いに感謝したいと思います。真理さん、みなさん、ごめんなさい。

白雪姫デビュー

水色の恋天地真理デビュー削除のお知らせ
(注1)YouTubeからの削除メール通信日時 2014年3月31日(月)17時14分

若葉のささやき編曲賞

若葉のささやき削除のお知らせ
 (注2)YouTubeからの削除メール通信日時 2014年4月1日(月)15時40分

 三番目に削除されたこの作品は、解説文に書き込んだように、昨年の真理さんの誕生日11月5日の一週間ほど前に、お誕生日おめでとうとしたお祝いの投稿でした。レコード協会が私に止めをさすのも致し方なかったのでしょうが、歌手ご本人、天地真理さんに大変失礼ではないでしょうか?

 皆さん。天地真理さんの歌唱作品で約15万回のアクセス、有村架純ちゃんの「あまちゃんの母に歴史あり」(銀座一人ぼっち)単独で15万アクセスがあったアカウントをなんら分かりやすい説明もなく簡単に奪い取り、そのうえ、「今後ともYou Tubeをよろしくお願いします。」とはいったい何なんでしょうか。SonyMusicさんから直接、説明があれば、だまって取り下げるのに。関西人でなくとも、有村架純ちゃんでなくとも、「なんでやねん!」と突っ込みたいところです。トホホホホ・・・

 ちなみに一回目の削除は、次のものでした。これは中島みゆきさんの歌ですから、削除は仕方ないでしょう。ただ、NHKには国民的スーパーアイドル第1号の時代とスタッフ、なによりも天地真理さんの労苦にむくいる番組があっても良いのではと思って作品をつくりました。熱狂したわれわれ国民にとって、真理さんは単なる消耗品ですか?そうではないと思いますが・・・。

地上の星削除のお知らせ
(注3)YouTubeからの削除メール通信日時 2013年11月19日(火)9時00分



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

MR16 ネット上の著作権について

 

 小生、本日は、働き過ぎでちょっと体調を崩して、お休みを取っております。そうは言っても、3月中に対処したい仕事が残っているので、まぁ困ったものです。拙い動画(スライドショー)もブログもちょっとやり過ぎたかもしれませんが、天地真理さんの癒しの歌声は、精神的には困難や多忙期を乗り越える力だったことは、隠せぬ事実でありました。

 さて、今日は、もう一年あまりたちますが、2012年10月に天地真理さんを動画サイトYouTubeで再発見してから、熱心な先達の投稿動画に熱中した日々、そして自分でも作品を作ったり、このブログを立ち上げたりした、来し方を少し振りかえってみようと思います。

 テーマは、ちょっと重いですが避けては通れない「著作権」です。

皆さんご存知のように、著作権とは、知的財産権の一つで、日本では著作権法によって定められています。知的財産権として対象とするものは、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの。作者が明確な場合は、作者の生前および没後50年間保護されるもの。」となっています。

 しかるに、画像や音楽のコンテンツ(DVD,CDおよびネット上の電子ファイル)も例外ではありません。

temarisan002

 ブログ「水色の小さな人生」temariさんより

 したがって、今話題のSTAP細胞論文ではありませんが、天地真理さんのあらゆる画像、あらゆる楽曲は、当然著作権下にあると言っていいことになります。

 画像においては単一の画像ですと、かつての印刷物からのスキャン画像(スキャニング機器による)やアップされた画像・動画の二次的複写すなわちキャプチャー(コンピュータソフトによる)がネット上でブログやHPなどで容易に見られ、またコピーが可能です。

 また、動画自体も特殊なソフト(フリーソフトもあるそうですが)でコピーしたり、画面をビデオ撮影したり、中には私のように手ぶれたデジカメ映像を取る素人もいるわけです。

 私の投稿動画(スライドショー)は、はずかしながら初めて知る真理さんの歌や史実が多かったので、歴史性を入れ込むようにし、ネット上で収集した静止画を(一部自分で撮影した画像や動画を使う作品もありますが)、ストーリーをつけて並べる編集をしています。その中で、特に独自性の明確なソースは出典者や出典(ブログ名やアドレス)を記載するようにしていますが、1枚ないし2,3枚の場合は特に出典を明記しないことが大半です。これは、画像がネット上で公開されていること、およびあらゆる静止画に出典を記載すると作成も作品自体も煩雑になる、と考えるからです。もちろん画像を公開されるファンの皆様にはいつも感謝しています。

 皆さんにも利用が盛んなYouTubeは、日本では2010年10月の尖閣列島での海上保安庁の巡視船と中国船の衝突映像が内部告発的にアップされ、国内で広く認知されるようになりました。小生はこの頃、初めて自分でYouTubeを見たのでした。それから野球やサッカーを見て、韓流ドラマやKaraちゃんを観ていて、ついに真理さんに到着しました。

☆長くなりましたので、ここで音楽を・・・生バンドのデュオによる「想い出のセレナーデ」をお聴きください。生で若い方々の歌唱を聴くのもいいですね。スクリーンコンサートの共演で聴きたいな・・・

想い出のセレナーデ生バンド

   想い出のセレナーデ THE AMS 2013

 さて、著作権について話をもどすと、あれから昨年、2013年上期、郷里の北、北三陸を舞台にした「あまちゃん」が大ブームとなり、調子にのってあまちゃんスライドショーを作って、曲は真理さんの名唱から選りすぐって動画サイトにアップしました。また、真理さんの画像だけで構成した作品を何個かアップした中で次のことが分かりました。

1)天地真理さんの曲は、YouTube にアップした際、「第三者のコンテンツを検出しました」とする著作権情報が示される場合と示されない場合がある。一般にカバー曲は「第三者のコンテンツを検出しました」が管理画面の題名の下に出ます。真理さんのオリジナル曲は出ないことが多いのですが、たしか「ひとりじゃないの」や「恋人たちの港」などは出るようです。この場合、ただちに削除されることはなく、第三者に統計情報が公開されないことだけがペナルティーとなります。統計情報とは、何月何日に何人がどのくらいの時間、どの国のどのような年代の男女がどのメディアを通して、視聴したかの情報を言います。

2)昨年夏、「国民的スーパーアイドルの歴史」と名前を打って、天地真理さんの歌手としての半生をアップしましたが、最初は中島みゆきさんのプロジェクトXの主題歌を付けました(小生、大学生生活が時計台のある北の街だったので、昔からファンで、ずいぶんレコードもCDも聴いていました)。しかし、1,2か月して、削除とならないことに気をゆるし、解説文に真理さんの公式ホームページのアドレスを載せたものですから、あえなく、突如の「削除処理」となってしまいました。このような削除が三回あるとYoutubeのアカウントと全投稿動画が取り消されるそうで、YouTube上の著作権遵守教育をクリアして、再度アップが可能となった経緯がありました。

 有名なエバ師匠は、真理さんDVD動画からの編集が多かったのですが、今年の正月明けに、たて続けに2作品が削除になったともいわれ、ただちに全作品を自ら削除されたことは記憶に新しいことで、天地真理ファンとして、大変残念なことでした。(後日談:彼は懸命でした。自らのアカウントは守りました。小生はアカウントを失うことになるのですが、自分の作品が次々に1万を超えるアクセス数になった状況で、正直、ちょっと心が疲労していました。)

3)NHKはあまちゃんの静止画の利用には寛大で、NHK主催のあまちゃんブログや架純ちゃんブログに私の作品を掲載してくれて、ブームの一助(一粒の塵かもしれませんが)になった模様です。ただし、年末の12月30日のあまちゃん一日一挙総集編の前日、あまちゃん関連のクイズ番組があって、JJJは何回というおもしろいコーナーを手ぶれのデジカメ画像でとってアップしたら、30分もしないうちにNHKが「この投稿は全世界でブロックしました(すなわち誰も観れませんよ)」と伝えてきました。また、これより以前に、購入したあまちゃんCDから伴奏だけの曲をスライドショーのバックに付けて「あまちゃんは終わらない!」と題してアップしようしましたが、アップすら事前にブロックされてしまいました。それで、急遽真理さんの同じくらいの長さで、あまロスが重傷で外出できないかもの意味をこめて「出不精のピーターパン」を添えてアップしたのでした。

 このように、先達の皆様方は、真理さんご自身や作詩・作曲・編曲者の皆さん、そしてソニーミュージックさんの御好意で、真理さんの音楽を付けた作品をアップしています、また、大半の皆さんは高度な編集を行い、二次的画像に編集、デフォルメされてアップされていますが、これはまさに懸命なことでしょう。YouTube上で収集された作品集では、削除された作品跡が多くあるものもあります。著作権に厳しいといわれるTBSや他の放送局による動画関係の削除でしょうか。

 そういえば、あまちゃん関連で投稿した人気作品が、そっくりコピーされて二回ほど投稿され、サイト側に通告して削除してもらいました。一般には投稿動画の削除は、歌手やプロダクションが直接しているではなく、代理店などが行っているのでしょうね。そうそう、あまちゃんの挿入歌、たしかキョンキョンが歌った「潮騒のメモリー」だったと思いますが、プロ同様な伴奏と美声で投稿された方があって、超人気作品でしたが、CDを出すキョンキョン側からは、著作権に抵触するとの判断だったようで削除されてしまいました(二回も?)。あれは、ちょっとびっくりしました。スマホからも可能なブログやツイッターなどソーシャルネットワークが大きく貢献したといわれる「あまちゃんブーム」、著作権問題こそはNHK側の収益も関係して、大変ナウィーブな課題でした。NHK側もいたしかゆし、なんとか切り抜けたという感じでしょうか。

 コンテンツの著作権、インターネット情報、収益、ファンのつくるブーム、今後も、YouTubeにとっては大きな問題となるかもしれません。また、私の投稿作品もこのブログ自体も風前のともしびかもしれません。

 ただ、ある種の学術論文が新しい知見と理論によって書き換えられても、また、悲しいかな独自性や創作性が高いとはいえない作品群が消えていっても、天地真理さんの天性のファルセットと笑顔、そして暖かいお人柄は、わたしたち日本人の心の中に生き続けてほしいと思います。ほんとに!

YouTube著作権センター


 

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR