MR107 バンバン/いちご白書をもう一度(1975年11月)


 過ぎる3月17日の朝日新聞土曜版の「もういちど流行歌」で、1975年11月の曲として、バンバンの「いちご白書をもう一度」が取り上げられました。これは昭和30年前半生まれの私たちの少し先輩方の学生運動の挫折感を歌ったものとしてヒットしました。
 この曲は、ばんばひろふみ氏がユーミンこと荒井由美(現・松任谷由美)さんに作詩・作曲を依頼したものだそうです。
 私が大学に入学した1976年4月は、東京からは遠い北海道・札幌でしたが、まだ学生運動の余韻が残っていて、学生集会があったり、民青と革マル派の学生が小競り合いをしていたことを思い出します。また、成田闘争のビラが校内のあちこちに貼られていました。

 思えば1972年2月、札幌オリンピックのあった月に、連合赤軍派の浅間山荘事件がありました。この月、天地真理さんが二枚目のシングル「ちいさな恋」を発売し、その後、初めてオリコン一位を獲得し、一気に国民的アイドルにのぼりつめました。早稲田大学のフォークサークルでも歌われていた真理さん、学生運動の時代背景と彼女の全盛期は何かしら関係があったのでしょうか。
 


2004年1月10日 ミュージック・フェアーから


バンバン/「いちご白書」をもう一度

もう一度流行歌いちご白書投票結果2017Nov
読者投票と当時のオリコン順位

01学生集会安田講堂
学生集会 東大安田講堂 拡声器からのアジが聴こえてきそうだ
大学の自治・民主化 日米安保体制とベトナム戦争反対

02学生運動占拠tokyoac
「占拠」  バリケードという言葉も常用語だった

03安田講堂放水1969
安田講堂 放水 1969年1月18日~19日 TV中継

04東大制圧東大新聞19690120
安田講堂制圧 東大新聞 1969年1月20日付け

 「いちご白書をもう一度」は、学生運動世代の天地真理さんも、リサイタルで名唱を残していることはファンにはよく知られています。真理さんはフォークが好きで傾倒していました。天地真理の抵抗は、アイドルソングより「フォークを歌いたい」だった。地味なカントリースタイルで歌った「天地真理オン・ステージ」がその代表。本当はかなり真面目な性格と思われます。


「私は天地真理」(1976) から 「いちご白書」をもう一度

 読者の投票で一位がこの曲で、三位がユーミンの「あの日にかえりたい」でした。「あの日に・・」もいい曲でした。もう40年もたちましたが、三陸の片田舎から札幌の大学に入学し、丸善の帰り道、大通り公園の歩道橋を歩いているとよく聴こえてきたように思います。ホームシックか、五月病だったかも知れませんね。


荒井由美/あの日に帰りたい(1975)

SappporoAprilOhdoripark

 上の写真は四月の札幌・大通り公園(ネットから)。雪解け後、埃っぽい。さくらは五月GWの後に八重桜が咲きます。入学式は大通りの厚生年金会館。キャンパスは学生1万人、研究者+職員1万人のマンモス総合大学。合格はうれしかったけど蝦夷ケ島の春はまだこれからで、何故か心は殺風景でした。1976(S51)年4月、同時期に天地真理さんの伝説のコンサート「私は天地真理」が東京の芝パークであったなんて、長い間知りませんでした。

 二月末に定年となり、三月、同じ会社に再雇用され、昨年度の主要な設計業務等の納期で、いつも以上に残業しました。三月三日、家のボイラーが故障し、急遽取り換え。取り換えに時間がかかり、郊外の温泉施設に何度か夫婦で行った。定年後の経済を縮小させるため、生命保険・医療保険を大きく見直し、加入学会を半減させた。仙台で20年、娘たちと過ごした思い出の家を出て、新たに集合住宅に移動するため、諸手続きに大わらわだった。三月末から四月初めにかけて、鹿児島で助産師をしている長女が帰ってきて、大切なものと不要なものを分別して帰って行った。私達の引っ越しは、リフォームを待って、これから五月にかけて。
 ちょっとお疲れの自分に、静かな休日としたい2018年4月の週末です(笑)。



柏原芳恵さん/春なのに(作詩・作曲:中島みゆき)


若葉のささやき音符
今年も春にこの曲を想い考える/若葉のささやき
(記事はまたの機会に)


天地真理/ドナドナ

(注)若葉のささやき 1973年3月頃。西武園ユネスコ村で大きなイベントをやりました。私がお仕事でロンドン、パリ、スペインマジョルカ島に行って帰った翌日のことでした。旅行は渡辺プロ副社長の渡辺美佐さん、安井かずみさん、月刊明星から篠山紀信さんが一緒でした。憧れのジューンバエズとイングリットバーグマンとお会いしました。真理(2018.218公式F.B.)



日本のフォークの歴史でも有名なイムジン河。金洪才氏の指揮による名演。
朝鮮半島の平和は当事国のみならず日本にとっても150年の悲願ですね。
大国の力の均衡地域ゆえに永世中立国的緩衝地帯として半島全体があるべき。
今年こそ中国、アメリカ、北朝鮮、ロシアの協調はかなってほしいものです。

(おわり)

【再掲】MR101b 天地真理「ひとりじゃないの」/もう一度流行歌


 2017(平成29)年は、少しずつメジャーメディアの歌手・天地真理再評価が進み、めでたい年でした。
 すなわち、4月3日にNHKラジオ深夜便で天地真理歌唱集が放送され、また、10月14日、朝日新聞土曜版「もういちど流行歌」のメインに天地真理さんの「ひとりじゃないの」が掲載されました。また、さくらさんの掲示板や皆さんのブログからBS等の各TVチャンネルで貴重な真理さんの歌唱映像が流れた様子が伺い知れました。
 さらに、小生は仕事でドタキャンしましたが、11月の真理さんの誕生パーティーで、真理さんがお元気で、ややスリムになられた(わたしも見習いたい)こともうれしい知らせでした。
 さて、年末に際し、特にめでたい朝日新聞の「もういちど流行歌」の記事を再度、掲載し、少し補足をしてみたいと思います。
 では、では、天地真理様、ファンの皆様、良いお年を!!


AmachiMari_Hitorijanainoyo_HSato

「わたし、ひとりじゃないのよ!」
arranged by Mr. H.Sato

ひとりじゃないの大合唱02
紅白初出場のように白い上下でファンと歌う「ひとりじゃないの」
デビュー45周年祭、東京・渋谷(2016年10月2日)

MariAmachiBirthday20171105
やせてきたわ、ピース! ひとりじゃないから!
2017年11月5日、ファンとのお誕生会


171014_朝日土曜be1ページ左上記事紹介02
朝日土曜be 1ページ左上記事紹介  写真:シングルジャケット

『笑顔が印象的な「元祖女性アイドル」の天地真理さん。真理ちゃんスマイルには、
ファンには想像できない思いが隠されていました。』・・・ムム、どういうこと?

171014天地真理ひとりじゃないの
「ひとりじゃないの」メイン記事紙面


(記事から、ちょっと私情☆マークを挟んで引用いたします)
 『実際にデビュー盤を聴くと、落ち着いた曲調もあいまって、その発声はどこかクラシック風だ。アンケートでも、歌唱力を再評価する声が目立った。
 ~☆「歌唱力を再評価する声が目立った」・・イイデスネ!真理さん読んだ?エッ、「ファンの皆さんからいつも伺っています・・特にハトさん、何度も私のF.B.に書き込まないでね。クック、クックってうるさいわねぇ~」と、真理さんはやさしいからそんな事は言わないですよね、思っていても?(笑)

★ファンAさん (福岡、58歳男性)
 「可愛いだけのアイドルなどと言われていたけど、最近聴き直して、『癒やしのファルセット』にほれ直した」
 ~☆先の記事に対するコメントから私も面識のあるSさんとのことです。

★ファンBさん (神奈川、63歳男性)
 「40年たってその歌唱力が素晴らしいことにやっと気づいた」
~☆神奈川は、真理さんの育ったところ、ファンは多くて、特定はむずかしいですよね!SHさんかな、SKさんかな・・・

★ファンCさん (千葉、54歳女性)。
 「天地真理は歌が下手と言われ続けました。本来は豊かな感受性と美しい声で歌に命を吹き込める素晴らしいシンガーでした」
~☆先週の「想い出のセレナーデ」でもコメントが採用された淑女さんでは?
 
 天地さんはアイドル時代をこう述懐する。

 『当時、ファンの声援があまりにも大きくて、歌に集中するのが大変でした。家に戻ると、化粧を落としながら涙がぼろぼろこぼれてきて、いつも泣いていました』
 ☆地鳴りのような大声援!・・・地震じゃないんだから、当時の会場のファンの皆さん、少しは反省してください。特に真理さんの貴重なコンサートで、録音の雑音となったヒューヒューとか奇声を発していた青年の方々、お気持ちはわかるけど深く反省し、今の真理さんを応援してくださいヨ!

 アイドル扱いは不本意だった? そう単純ではない。コメントはこう続く。

 『忙しくて窮屈な生活だったこともありますが、その時に頭に浮かんでいたのはファンの皆さんの顔や声。それらが頭を過(よ)ぎり、こんな私で申し訳ないという思いでした。今思うと、あれが私の青春でした』

 ~☆真理さんに「こんな私」と言われても・・・それはこっちが言うセリフです。真理さんの美しい歌声、天真爛漫の明るさ、子供にもやさしい心持が国民的で絶大な人気の理由なのです。ただ、他を寄せ付けないモウレツな人気は、他の歌手やプロダクションなど商売敵には仇敵なのでした。そのメディア攻撃をしのぐ術なく、精神的にも追い込まれたことは、大変悲しく残念なことでした。しかし、今や当時からのコアな熱烈ファンから再発見組や若い新規ファンまで、皆かなり大人ですから、天地真理さんを陰に日向に応援しますよ!真理さん、お体大切に、心はゆったり過ごして下さい!


1972juneAS20171014

もう一度流行歌・読者投票ランキングと当時のオリコン順位
当時のダントツ一位は天地真理!!

 読者投票は、オリコン二位の「瀬戸の花嫁」が一位。真理さんはファンクラブの呼びかけもあり四位と善戦しました(私もあなたも一票だけですから)。以前も、この紙上で圧倒的な小柳ルミ子一位がありましたが、組織票が含まれているでしょう(MR85,もういちど流行歌,1972年8月の曲)。まぁ、こちらもそうですから、しょうがない。

 ルミ子さんが、当時、真理さんのあまりにもの絶頂の人気、高待遇に対して、「歌が上手ければそれでいい」と自らを慰めたそうですが、今や真理さんは、このような読者投票結果でも、「わたしには、温かい根強いファンがいるからそれでいいの」とおっしゃって欲しいですネ。真理さん、それじゃだめですか?




『ひとりじゃないの』 天地真理 1972(昭和47)年
NHKいわく 「絶頂の人気歌手として」 紅白歌合戦初出場
  

 「ひとりじゃないの」は、三枚目のシングル曲 5月21日リリース 
  6月12日より6週にわたり週間オリコン一位
  小谷夏 作詩/森田公一 作曲/馬飼野俊一 編曲

  あなたが ほほえみを 少しわけてくれて
  わたしが ひとつぶの 涙をかえしたら
  そのときが ふたりの 旅のはじまり

   ひとりじゃないって すてきなことね
   あなたの肩ごしに 草原も輝く
   ふたりで行くって すてきなことね
   いつまでも どこまでも

  (以下略)

 さて、改めて記事を読み返してみましょう。
 記事冒頭のつかみは「真理ちゃんといえば『元祖女性アイドル』。最大の魅力はスマイルで、歌の上手さは二の次という印象もありました。でも、実は高校で声楽を学んだ本格派だったって知ってましたか?」
 ふむふむ、記事全般はややお若い方の執筆と思われますが、ここは上司の朱入れがあったような、あの時代を知らなければ書けない文章で始まりました。
 全体的には、ファンなら皆、知っている事実ですが、元・マネイジャーの菊地さんに、インタビューされたようで、「(久世さん)本人から「詞をかかせろ」と言われ、恩人の頼みだから承った」とか、「ひとりじゃないの」すら男性との付き合いを示唆する主人公の歌なので社長(渡辺晋氏)には内緒だったなど、本音を聴き出したのは、さすがに朝日新聞だと思わせます。
 また、記事の中で、真理さんの美しいファルセットが、国立音大付属高校の声楽科で、「校内で有名なとても素晴らしい先生」から『個人授業』を受けて習得したものであったことが、真理さんの口(おそらく書面)で語られたことも喜ばしい事でありました。

続きを読む

MR101 天地真理「ひとりじゃないの」/もういちど流行歌


 本日、2017(平成29)年10月14日、朝日新聞土曜版「もういちど流行歌」のメインに天地真理さんの「ひとりじゃないの」が掲載されました。
 バンザーイ!万歳!


AmachiMari_Hitorijanainoyo_HSato

「わたし、ひとりじゃないのよ!」
arranged by Mr. H.Sato


171014_朝日土曜be1ページ左上記事紹介02
朝日土曜be 1ページ左上記事紹介  写真:シングルジャケット

『笑顔が印象的な「元祖女性アイドル」の天地真理さん。真理ちゃんスマイルには、
ファンには想像できない思いが隠されていました。』・・・ムム、どういうこと?

171014天地真理ひとりじゃないの
「ひとりじゃないの」メイン記事紙面


(記事から、ちょっと私情☆マークを挟んで引用いたします)
 『実際にデビュー盤を聴くと、落ち着いた曲調もあいまって、その発声はどこかクラシック風だ。アンケートでも、歌唱力を再評価する声が目立った。
 ~☆「歌唱力を再評価する声が目立った」・・イイデスネ!真理さん読んだ?エッ、「ファンの皆さんからいつも伺っています・・特にハトさん、何度も私のF.B.に書き込まないでね。クック、クックってうるさいわねぇ~」と、真理さんはやさしいからそんな事は言わないですよね、思っていても?(笑)

★ファンAさん (福岡、58歳男性)
 「可愛いだけのアイドルなどと言われていたけど、最近聴き直して、『癒やしのファルセット』にほれ直した」
 ~☆もしや、私も面識のあるSさんでしょうか?

★ファンBさん (神奈川、63歳男性)
 「40年たってその歌唱力が素晴らしいことにやっと気づいた」
~☆神奈川は、真理さんの育ったところ、ファンは多くて、特定はむずかしいですよね!SHさんかな、SKさんかな・・・

★ファンCさん (千葉、54歳女性)。
 「天地真理は歌が下手と言われ続けました。本来は豊かな感受性と美しい声で歌に命を吹き込める素晴らしいシンガーでした」
~☆先週の「想い出のセレナーデ」でもコメントが採用された淑女さんでは?
 
 天地さんはアイドル時代をこう述懐する。

 『当時、ファンの声援があまりにも大きくて、歌に集中するのが大変でした。家に戻ると、化粧を落としながら涙がぼろぼろこぼれてきて、いつも泣いていました』
 ☆地鳴りのような大声援!・・・地震じゃないんだから、当時の会場のファンの皆さん、少しは反省してください。特に真理さんの貴重なコンサートで、録音の雑音となったヒューヒューとか奇声を発していた青年の方々、お気持ちはわかるけど深く反省し、今の真理さんを応援してくださいヨ!

 アイドル扱いは不本意だった? そう単純ではない。コメントはこう続く。

 『忙しくて窮屈な生活だったこともありますが、その時に頭に浮かんでいたのはファンの皆さんの顔や声。それらが頭を過(よ)ぎり、こんな私で申し訳ないという思いでした。今思うと、あれが私の青春でした』

 ~☆真理さんに「こんな私」と言われても・・・それはこっちが言うセリフです。真理さんの美しい歌声、天真爛漫の明るさ、子供にもやさしい心持が国民的で絶大な人気の理由なのです。ただ、他を寄せ付けないモウレツな人気は、他の歌手やプロダクションなど商売敵には仇敵なのでした。そのメディア攻撃をしのぐ術なく、精神的にも追い込まれたことは、大変悲しく残念なことでした。しかし、今や当時からのコアな熱烈ファンから再発見組や若い新規ファンまで、皆けっこう大人。天地真理さんを陰に日向に応援しますよ!真理さん、お体大切に、心はゆったり過ごして下さいネ!』


1972juneAS20171014

もう一度流行歌・読者投票ランキングと当時のオリコン順位
当時のダントツ一位は天地真理!!

 読者投票は、オリコン二位の「瀬戸の花嫁」が一位。真理さんはファンクラブの呼びかけもあり四位と善戦しました(私もあなたも一票だけですから)。以前も、この紙上で圧倒的な小柳ルミ子一位がありましたが、組織票が含まれているでしょう(MR85,もういちど流行歌,1972年8月の曲)。まぁ、こちらもそうですから、しょうがない。

 ルミ子さんが、当時、真理さんのあまりにもの絶頂の人気、高待遇に対して、「歌が上手ければそれでいい」と自らを慰めたそうですが、今や真理さんは、このような読者投票結果でも、「あまりお金はないみたいだけど・・温かい根強いファンがいるからそれでいい」とおっしゃって欲しい。真理さん、それじゃだめですか?(泣く、泣く)




『ひとりじゃないの』 天地真理 1972(昭和47)年
NHKいわく 「絶頂の人気歌手として」 紅白歌合戦初出場
  

 「ひとりじゃないの」は、三枚目のシングル曲 5月21日リリース 
  6月12日より6週にわたり週間オリコン一位
  小谷夏 作詩/森田公一 作曲/馬飼野俊一 編曲

  あなたが ほほえみを 少しわけてくれて
  わたしが ひとつぶの 涙をかえしたら
  そのときが ふたりの 旅のはじまり

   ひとりじゃないって すてきなことね
   あなたの肩ごしに 草原も輝く
   ふたりで行くって すてきなことね
   いつまでも どこまでも

  (以下略)

MR97 もう一度流行歌「想い出のセレナーデ」1974年10月


【朝日新聞土曜版(2017年9月23日)もう一度流行歌について】

 残暑はいまだ強いのですが、次第に本格的な秋を迎え、夫婦で兄弟や子供・孫に梨や柿を送ったり、お彼岸で三陸の実家の墓参りや、釜石でのラグビー観戦にあわただしい休日をおくっている中で、朝日新聞の土曜版beに、宮城県女川町出身の中村雅俊さんの「ふれあい」がメインのインタビュー記事となり、その他に、郷ひろみさんの「よろしく哀愁」、天地真理さんの「想い出のセレナーデ」に関して読者のコメントが紹介されました。

 中村雅俊さんは先の東日本大震災でいとこを亡くされていて、何度も地元を慰問されています。
 ここでは、真理さんの記事の一部をご紹介いたします。

 ■哀惜歌う真理ちゃん 想い出のセレナーデ

 1970年代前半に国民的アイドルとなった天地真理さんは、花を咲かせたような笑顔が印象的だった。読者アンケートで、沢田研二さん「追憶」と同じ票数で11位だった「想(おも)い出のセレナーデ」は、デビュー曲「水色の恋」から続けていたシングルチャートのトップ10入りで最後の曲。愛する人を失った悲しみを歌い上げた。

 「感情過多にならず、すべてを受け入れているように悲しみを美しく歌った真理ちゃんの姿が目に焼き付いている」(千葉、54歳女性)。

・・・何名かの投稿コメントがありましたが、私は、天地真理オン・ステージのように、真理さんのこの歌の歌唱にあまり極端な哀愁を感じていないためこの方のコメントが一番、共感いたしました。

  1974DEC

 このコーナーで、初めて、真理さんの歌が、記事として取り上げられました。10月中旬に掲載予定の「ひとりじゃないの」の前祝、伏線としての記事掲載のようにも思われました。

 
  FM番組より ♪夏を忘れた海,ゲスト:天地真理 1976/6 PAKURON氏
  アルバム「私は天地真理」の紹介コーナーで、貴重な放送録音です。

  171007asahibeMrsMatushita
 10月7日のもう一度流行歌は1979(昭和54)年4月の曲から桑江知子さんの「私のハートはストップモーション」でした。記事の最下段に☆次週は「ひとりじゃないの(天地真理)」の予定です。と確かに告知がありました。(ファンクラブ仲間の松下さんからF.B.にて)

  私のハートはストップモーション 桑江知子

以上

MR94 もう一度流行歌「岬めぐり」1974年9月の曲


 今朝、2017年7月1日の朝日新聞、土曜版beの「もう一度流行歌」は、山本コウタローさんの、「岬めぐり」でした。
 この記事の読者が選ぶベスト15に、13位で天地真理さんの「想い出のセレナーデ」(1974.9.1)が入りました。 夏が始まる感のある7月1日は、当時、誰もが知る有名な「恋する夏の日」(1973.7.1)のシングル発売記念日ではありますが、まずは、真理さん、ファンの皆様、おめでとうございます。


北山崎北三陸海岸101

日本一AA級と評される海岸景勝地「北山崎」 岩手県北三陸

岬めぐり 【山本コウタローとウィークエンド】 -太田忠氏(ピアノ)



この曲は1974年6月1日、天地真理さんの「恋と海とTシャツと」と同日発売でした。

1974年9月流行歌朝日be

1974年9月ベスト15AS170701

真理さんの本来の生歌は、聴衆が礼儀正しいと、次のように素晴らしいですね。
Sugi4Geru氏/天地真理「想い出のセレナーデ」1974.9 歌のゴールデンステージ

 ところで、7月1日の記事にはちょっとでも「恋する夏の日」関連を載せたいですねぇ~!

 次はパクロンさんの新しい作品。「真理ちゃんの勢い」があっていいですネェ!

 Mari Amachi/Photo Movie/PAKURON氏

 7月上旬、日本列島の大半はまだ梅雨。前線による雨は西日本からこれから東日本、北日本へ、今少し、レイン・ステーションの心境です。上のベスト15で、沢田研二さんの「追憶」てなんだっけ?て思っていたら、「ニ~ナ、忘れられない・・・許して尽くして そばにいて・・・」でしたか。当時、歌番組でよくやっていたヒット曲でしたね。真理さんも、覚えている曲でしょうか。

 アン・ルイスさんのグッド・バイ・マイ・ラブも流行りました。いい曲、いい歌声でした。デビューはアン・ルイスさんの方が真理さんより先でしたが(1971年2月)、ヒットはこれが初めて。アンさんは、その後、ロック歌手となりド派手なステージを行っていたとか(1984年の六本木心中など)・・・。
 ロック歌手・桑名正博さんとの結婚と離婚。病気(パニック障害でライブができない)ため2013年、芸能会引退(Wikipedia)といわれています。アイドルの人生は確かにそれぞれですね。



この曲も、太田忠氏のスタインウェイのピアノは哀愁を表現して秀逸です!
Good-bye my Love 【アン・ルイス】-太田忠氏(ピアノ)


プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR