FC2ブログ

MR66朝日新聞土曜版「もういちど流行歌」について


 最近、朝日新聞の土曜版は「もういちど流行歌」という特集記事を2頁目に連載しています。さくらさんの掲示板に、最近、しんりさんが熱い投稿をされているので、ご存知の方も少なくないのでは。
 連載では、4月2日版で1977年12月のオリコン1位、ピンクレディー「UFO」、4月16日版で1977年4月の4位、キャンディーズ「やさしい悪魔」、5月14日版で1973年11月の1位、南こうせつとかぐや姫の「神田川」が取り上げられています。

 しんりさんが不満なのは、この5月14日版、真理さんの「空いっぱいの幸せ」が3位なのに、文章にはふれられていないことだと思います。わたしも全く同感ですが、同じく6位の野口五郎「愛さずにはいられない」、8位の西城秀樹「ちぎれた愛」にも触れられていません。当時、熱狂的なファンをもったアイドル歌手はさけているようにもみえます。

 この記事は朝日新聞デジタル(無料会員登録可)で、ネット上で期間限定ですが人気投票が出来ます。私も、しんりさんらに続けと、天地真理さんに一票入れることに間に合いました。1973年(昭和48年)、真理さんが「若葉のささやき」と「恋する夏の日」でオリコン一位を獲得した年、この間、5月に浅田美代子さんの「赤い風船」が一位になっています。このときの月刊オリコンの一覧表が示されており、読者は「赤い風船」に対するコメントと、他に読者が一番気に入っている曲についてコメントします。当然、小生はこの月の3位「若葉のささやき」を選びました。

 皆さんは、投票できましたか。来月6月といわれる「赤い風船」の記事が楽しみですね。史実は、浅田美代子さんの新鮮な可愛らしさに加え、森光子さん、キリンさん、堺正章さんらのドラマ「時間ですよ」とスーパーアイドル天地真理さんの爆発的人気の影響下のヒットだったと評価されるべきでしょう。

 朝日土曜版、本日5月21日は1990年12月(たしか湾岸戦争がありました)、KANの「愛は勝つ」、次回は真理さんのレイン・ステーションと同じ月に発表された太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」(1976年)とのことです。

 朝日土曜流行歌20160514

 ひるがえって考えると、われわれがマスメディアに一喜一憂するのは、昭和育ちだからかも知れません。
 今や、ネット社会で、衛星放送やケーブルネットもあり、文化の嗜好は多チャンネル時代です。若者はテレビを見ないといいます。
 われわれ天地真理さんの歌と性格の、本当の魅力に気づいたファンは、マスメディアに依存せずとも、多チャンネルで、ボーカロイドやアンドロイド・ロボットもありうる時代、いろいろな方法で、「やさしい笑顔と美声の天地真理さん」を、われわれ自身の手で盛り上げていくのも、楽しいことと考えたい。
 甘いかも知れませんが・・・、マスメディア側の日本人は、少し前には、戦艦ヤマトを万里の長城同様、無用の長物と切り捨て、今年、北海道・函館に乗り入れた新幹線の最も重要な施設、青函トンネルを、利益が上がらないので、ふたをしてキノコを栽培したらどうかと、あざわらっていたのでした。今や、広島に立派な「大和ミュージーアム」が超人気となり、北海道新幹線がさらに札幌まで延長される工事が始まっているのです。あきらめてもつまらない・・・甘いかも知れませんが。

 さて、話はかわって、メディアの露出は少なくとも、その実力を知られる歌手に、長谷川きよしさんがおられます。「別れのサンバ」、「黒の舟歌」、1969年のデビューから兄が好きでして、わたくしも影響され気に入っておりました。
 長谷川さんは、普段はテレビ出演はおさえて、地道にライブをされています。1949年、東京生まれ。東京教育大学付属盲学校出身。高校三年生でシャンソンコンクール4位入賞。視力が幼少から御不自由でしたが、音楽の才能があり、歌を一生のお仕事にされています。今も、さらにギターの弾き語りに磨きがかかり、最近も海外で好演されています。

 

 長谷川きよし/ 別れのサンバ 1969年(昭和44年)

 

  長谷川きよし 公式Webサイト

 ところで、天地真理さんは、全盛期、大観衆の声援の中で歌うことが多かったのですが、43周年記念で、彼女の真ん前のテーブルで聴いたとき、眼鏡をかけた真理さんが楽譜を真剣にみて、若き日の高音のファルセットは出せなくとも、ファンの為に一生懸命に歌う姿に、皆、黙って聴き入り、静かに深く感動した時間でした。聴衆の数は100人に満たないかもしれない小さな地下のライブハウス。でも、とても暖かく大切な時間でした。真理さんの全盛期にはありえないうれしい機会でした。

 「天地真理」の名前が新聞や週刊誌の記事の一部に、オリコンの上位ランクにあがった史実が、繰り返し記事に載っても、たやすくメインの記事にはならないかもしれません。
 
 しかし、50代後半、60才も近い小生は正直申し上げると、「もう一度歌謡曲」といっても、興味のあるのは天地真理さんらの三人娘、キャンディーズ、ピンクレディーら主に1970年代に活躍した歌手、およびその先駆けとなった前の東京オリンピックの頃にデビューし活躍された舟木一夫さんら四天王、そして吉永小百合さんらであり、今、南こうせつさんの「神田川」と言われても、どうも元気になれない、ちょっとつまらない話題であります。

 ちなみに、以前の記事MR62で紹介しましたが、次の方のブログに、1968年~1980年のオリコンチャート1位曲のデータ一覧表があります。天地真理さんのオリコン1位曲は、御存じのように、「ちいさな恋」、「ひとりじゃないの」、「虹をわたって」、「若葉のささやき」、「恋する夏の日」の5曲ですが、当時、前後にヒットした曲の組み合わせは、大変興味深く、再掲いたします。
 
 はまのおと@niftyココログ オリコンチャート1位 1曲目から140曲目まで


MR68朝日「もういちど流行歌」で浅田美代子「赤い風船」が載りました

 
 きのう6月11日の朝日新聞土曜版beの2p、「もう一度流行歌」、お約束の1973年5月の歌謡曲、浅田美代子さんの「赤い風船」がメインの話題で載りました。他の歌の解説は読者アンケート一位の「学生街の喫茶店」でした。レコードジャケットの写真は、赤い風船と沢田研二さんの「危険なふたり」がピックアップされています。

  朝日土曜流行歌20160611a

  浅田美代子 ♫赤い風船♫ 1973

 「赤い風船」は1973年3月にはじまった「時間ですよ」の第3シリーズの劇中歌でした。美代子さんは、ドラマのプロデューサーの久世光彦さんから、レコーディングなのに、『笑顔で歌え』と何度も怒鳴られて録音した想い出を語っています。また、久世さんと筒美京平さんが、(美代ちゃんの歌唱力では)童謡しか歌えない感じだったので、新しい童謡をつくろうと意気込んだという関係者の裏話が紹介されました。

  隠れ部屋trajiro氏ブログ 「アイドルといえば浅田美代子」

 また、ファンからは「つたない歌唱力が、かえってハラハラして応援したくなった」という温かいコメントが寄せられています。当時のヒットを知る小生も確かにそのように思います。天地真理さんの歌唱にも言えることですが、若手が歌う流行歌は、歌唱力と時代性が大切であっても、上手さの前に、強烈な明るく優しい人柄、若々しさ、親しみやすさがあって聴き手の心にヒットするのではないかと、改めて思わさせられます。

  朝日土曜流行歌20160611list

 掲載されたこの月のオリコンシングルチャートですが、天地真理さんは、当時「若葉のささやき」が3位でした。小生はこのブログで何回かふれていますが、この月は、1位が「若葉のささやき」、「赤い風船」、「危険なふたり」の順に変遷した時間軸の人気の複合波の1断面だったことが分かっています。
 天地真理さんの「若葉のささやき」は、読者アンケートで、15人中8位、198票が入りました。あのメガヒットぴんからトリオの「女のみち」が6位で335票ですから、健闘したと言えるでしょう。しんりさんや私たちファンクラブメンバーの票もカウントされているはずです。

  しんりさん 朝日新聞 もういちど流行歌 1973年5月の曲

  朝日新聞デジタル もういちど流行歌

   美代ちゃんと真理さん_21445513fb


 浅田美代子さんは、最近、愛犬保護、不幸な犬たちの殺処分ゼロ運動で熱心に活動されています。国会議員などに働きかけ、市民運動で奔走しています。FaceBookでも仲間とリアルタイムに連絡し、あわや殺処分となりそうな可愛い犬たちを救っています。その熱心さに驚き、感心するばかりです。さんまさんの「からくりテレビ」では珍解答連発で有名な彼女ですが、マイクをもって訴える姿は、かなり聡明な女性に見えます。本来、歌手希望ではなく、賢い女優さんアイドルなのではないでしょうか。美代ちゃんこれからもがんばってください。できれば、真理さんのことも気に留めててくださいネ。

   浅田美代子さん愛犬保護集会で語る姿
    浅田美代子さん愛犬保護を訴える

続きを読む

MR70 朝日「もういちど流行歌」 ちあきなおみ「喝采」1972年12月


 本日、2016年6月25日の朝日新聞土曜版beの「もういちど流行歌」、1972年(昭和47年)12月の流行歌でした。
 読者投票ベスト15のトップは、この年、レコード大賞を受賞した「ちあきなおみ」さんの『喝采』でした。記事によると、大本命は日本歌謡大賞を受賞した小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」。前評判を覆しての受賞だったんですね。当時、中学生の小生はこの年末の授賞式、よく覚えています。「いつものように幕が開き・・・」でしたね。

  ちあきなおみ/喝采 1972年

 さて、2位と12位に、森昌子さんのデビュー曲「せんせい」と「同級生」、13位に小柳ルミ子さんの「漁火恋唄」が入いりました。そして、デビュー二年目の我らが天地真理様は、7位に「虹をわたって」(264票)、10位に「ふたりの日曜日」(163票)が入りました。小生はこの回、投票できませんでしたが、全国の真理さんファンの皆様、ありがとうございました。


表1. 1972年の天地真理さんのオリコン週間1位曲
・・・・ふたりの日曜日は12月5日にリリースしたばかりでした。

 曲名 1972年 天地真理シングル曲 オリコンチャート1位
 ちいさな恋 1972.03.13より 4週連続 54.7万枚
 ひとりじゃないの 1972.06.12より 6週連続 60.1万枚
 虹をわたって 1972.10.02より 2週連続 51.7万枚
 合計  3曲/年間13曲中


 ちあきなおみ喝采101

 ちあきなおみ喝采102

 朝日新聞 土曜版 もういちど流行歌 160625

 読者投票のベスト15に、デビュー1周年の天地真理さんが二曲、デビュー直後の森昌子さんが二曲、「瀬戸の花嫁」以後で小柳ルミ子さんが一曲、そして無敵のぴんからトリオ「女のみち」。取り上げられた週間ランキングの11~20位だった真理さんの曲が2曲ともトップ10入り。ファンクラブの皆さんの投票のおかげかなぁ。それとも、当時を知る大衆が、真理さんを恋しがっているのかも。いずれにしろ、思春期だった自分のイメージに近いベスト15曲ですね、くまごろう様、そうでっしゃろか・・・・・
 それにしても、真理さんのレコードジャケットぐらい載せてヨと言いたい、ホント・・・

 表2. 1972年のオリコンシングル週間1位曲
 (左から曲名、歌手、一位登場何月日、一位週、レコード売上万枚)
     ・・・オリコン一位、レコード売上げ一位はレコード大賞とは関係ないのネ!
 1972年オリコン1位シングル

  エヴァ氏/天地真理 ☆ 太陽がくれた季節

 よく見ると、ルミ子さんの最大のヒット曲「瀬戸の花嫁」の一位は4週のみ、続く真理さんの「ひとりじゃないの」が一位を奪った感じです。また、「虹をわたって」は人気が高かったと思いますが、たった2週の一位で、モンスター「女のみち」(約4か月一位)に食われちゃった感じです。当時の雰囲気を知っている我々には大変興味深いチャートです。


MR73 朝日「もういちど流行歌」 小坂明子「あなた」1974年2月

  
 本日、2016年7月末日、朝日新聞土曜版の「もういちど流行歌」に、1974年(昭和49年)2月のオリコントップ10と読者が投票したベスト15が載りました。当時のオリコンも今回の読者投票も一位は、小坂明子さんの「あなた」でした。
 当時、1973年10月、ヤマハのポプコン、彼女ご自身が作詩作曲し、ピアノの弾き語りで歌った「あなた」は、グランプリを獲得。年末に発売されたシングルは200万枚を売り上げる大ヒットとなりました。
 彼女は、この時、兵庫県西宮市に住む大阪音大付属高校の学生だったんですね。授業が終わると新幹線で上京して夜の歌番組に生出演し、飛行機が苦手なため夜行列車(ブルートレインかな)でとんぼ帰りし、そのまま登校したそうです。ずいぶん、ハードスケジュールで歌手活動を行っていました。へぇ~、そうだったんですね。当時は、この話は聞いたことがありませんでした。(すいません芸能通じゃないので)

 朝日新聞デジタル もういちど流行歌 小坂明子「あなた」

 あなた 小坂明子 Anata (You) Akiko Kosaka

 このころ、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」、殿様キングス「なみだの操」、チェリッシュの「恋の風車」、渡哲也「くちなしの花」がはやっていたんですね。高校生だった小生は、これらの曲はよく覚えています。
 オリコンの11~20位からは、読者投票で、森進一の「襟裳岬」、海援隊(武田鉄矢ほか)「母に捧げるバラード」が上位にランクインしました。確かに、TVの歌番組で、よく流れていました。

 恋の風車 HD 3連発 天地真理→チェリッシュ→麻丘めぐみ

   朝日デジタル流行歌ランキング160730

 さて、われらが天地真理様は、この年、2月1日に発売したシングル「恋人たちの港」がオリコン10位とのこと。週間オリコン最高位は4位と、まだまだスーパーアイドルの天地真理さんの人気は堅調でしたが、今の読者投票では15位にも入りませんでした。大変、残念な結果ですね。(しんりさんがさくらさん掲示板で教えてくださったと思いますが、小生は投票間に合いませんでした)

 実のところ、「恋人たちの港」、小生は震災後の2012年秋、天地真理さんを再発見し、Y.T.で初めて聴きました。真理さんの冠番組をよく見、芸能雑誌をチェックし、新譜のレコードを買い、コンサートに足しげく通う当時の真理さんファンは、よく知っていたでしょうが・・・。やはり、歌番組やラジオのリクエストでは、真理さんの後輩たちに押され気味だったのでしょうか。

   恋人たちの港ほかIMG_5927
 白いブラウスとピンクのカーデガンかな、真理さん、おもいっきり清純で可愛いい。
 コンパクトと呼ばれる1974年3月21日発売のレコード(SOLD31)のジャケット。
 本物がほしいです。

 天地真理プレミアムボックスのDVD、笑顔で歌うお姿(時期的にTV「とび出せ!真理ちゃん」でしょうか)が、可愛らしく、美しく、ちょっと大人びて、神がかり的と評する人もいるパフォーマンス。そっくりY.T.にはあげれませんので、皆さん苦労して編集しています。次の方も、編集ソフトの扱い、巧みです。

   恋港かわいい002-200

   恋港半身001-200

   gessyさん/「恋人たちの港」 天地真理さん

 この曲は、「恋する夏の日」、「空いっぱいの幸せ」に続くシングル、前作の幼さの反省(別に反省しなくとも)から、やや具体的に恋人を表現し、ちょっと大人びた歌になりました。横浜港をイメージしたものと言われています。真理さんが『「恋する夏の日」に比べると静かでロマンティックで好きでした。』とおっしゃり、まだ見ぬギリシャをどんな国か想像して歌われていました。(2013年、ゴールデンベスト、セルフ・ライナーノーツ)。次の作品の作成者の方は、横浜の方でしょうか。神奈川県は真理さんが育ち、今も在住するところ。根強い本当のファンがいらっしゃいますなぁ~。感心いたします。

   恋港101-200

   8823 7ten8kiさん/天地真理_ 恋人たちの港

 最後に、真理さんの8枚目のオリジナルアルバム「恋と海とTシャツと/恋人たちの港」(1974.6.21)より。12曲のエンディングに、真理さんは小坂明子さんの「あなた」をカバーされました。

 ヒロ氏あなた001

   ヒロ氏/天地真理 乙女の祈り 「あなた」

 真理さんの歌うカバーは、恋の風車、ロマンス、サルビアの花、小さな日記・・・・みな美しく、やさしく、すなわち素晴らしい。このことを、今からでも一般大衆、国民の皆さんに実感してほしいですね。

 神奈川県もそうですが、今年も世界でも日本でも悲惨で悲しい事件が繰り返し起こっています。有名な旧約聖書、モーセが神から告げられた十戒の第6誡、「殺すなかれ」は、仮想のゲーム画面では殺戮が容易に繰り返される現代文化の影響下にある若者と、戦争のむごたらしい悲劇を直視しない一部の若手国会議員には、特に知ってほしい訓戒と思うこの頃です。

 さて、今日の東京都知事選挙はどのような結果になるのでしょうか。この辺で、東京都民は目を覚まし、知名度優先で都知事を選ぶ腑甲斐ない歴史の連鎖を断ち切れるのでしょうか。あの舛添前知事の退任事件が鎮静したころ、TVのワイドショーのニュースでは、名古屋城でしたか、お堀に生息しているらしい巨大怪魚あるいは大型動物(ワニ?)の話題で持ちきりでした。東京都知事の公金横領と巨大怪魚やワニの逃亡が同じレベルのアリゲータな(有難い)話題なの?目を覚ませ、日本国民、目を覚ませ、東京都民!と言いたいです。この頃、ヒロ師匠が、F.B.で政治ネタのオンパレードなので、ちょっと心配しています。

 ついでに、目を覚ませ日本の大衆よ、音楽好きな大衆よ!「歌姫・天地真理の本当の歌唱を知ってください。あの清純で明るい国民的スーパーアイドルを思い出してください。天地真理、天地真理、天地真理をよろしくお願いいたします。」・・・選挙応援の感じにやってみました(笑い)。

 

続きを読む

MR79 朝日「もういちど流行歌」 あべ静江「コーヒーショップで」1973年9月

 
 けさの朝日新聞土曜版、1973年9月のもういちど流行歌。あべ静江さんの「コーヒーショップで」が特集されました。当時、オリコンで10位、今回の読者投票で8位のランクでしたが、記憶に残る美しい歌声でした。
 高校生の私には、あべ静江さんは、記事の見出しのように、まさに『「かわいい」よりも「美しい」お姉さま』でした。街角に必ずと言っていいほどあったコーヒーショップ、喫茶店の文化は、しばらく昭和の後期、定着し盛んでした。

 197309もういち流行歌あべ静_010

  あべ静江 ♪コーヒーショップで♪ レコ大賞新人賞

  あべ静江 - コーヒーショップで ファーストシングル

  みずいろの手紙 あべ静江 紅白初出場

 197309あべ静江ベスト15_011

 朝日新聞デジタル/もういちど流行歌 「コーヒーショップで」 あべ静江

 「恋する夏の日」は、記事のオリコン6位、読者ベスト7位。郷ひろみさんの「裸のビーナス」がオリコン11~20位、読者ベストで13位。これらのリストで、夏の歌は天地真理さんと郷ひろみさんの二曲のみで、ほかは9月らしい秋の歌といっていいでしょう。これらは、何を意味をするでしょうか。1973年、夏に人気があり、夏過ぎても人気のある歌手・アイドルは、誰だったのでしょう。天地真理と郷ひろみ、芸能雑誌・平凡や明星で仲良く表紙を飾ったお二人です。隠そうとしても隠しきれない大衆の大切な昭和の想い出だからでしょう。
 しかも、郷ひろみさんはデビューから40数年、進化系です。驚きですが、ご自身の節制と向上心、並大抵の努力ではないでしょう。デビューからのファンはうれしくてたまらない毎日でしょう。恐るべし、郷ひろみです!

 taka m.さん/郷ひろみ 裸のビーナス 1973 CM付き

 郷ひろみ よろしく哀愁 1974 (安井かずみ/筒美京平)

 郷 ひろみ 🎶 GOLDFINGER '99

 今回は、しんりさんが、さっそく、さくらさんの掲示板に書き込んだように、天地真理さんの「恋する夏の日」のジャケットが、南沙織さんの「色づく街」と一緒に掲載されました。まずは、めでたし、めだたし、であります!!

 色づく街 南沙織 1973

 色づく街 南沙織 1991

・・・しんりさんありがとう。取り急ぎご報告まで。

  でも、やっぱり、真理さんのファルセットと笑顔を見聞きしないと落ち着きませんなぁ~。

 エヴァ氏/天地真理 ☆ ロマンス (元歌 ガロ)

 風うさぎさん/天地真理 恋する夏の日 (アルバム・ヴァージョン)

  MSJ恋する夏の日GI
  シングルNo.7 「恋する夏の日」のジャケット写真 1973.7.1

  MJコンパクト08EH13天地真理恋する夏の日

   天地真理 コンパクト08EH13 ジャケット 1976.0.8.21

  MJ恋する夏の日NGB-200

   天地真理 GOLDEN BEST 2013.04.17


プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
大津波の甚大な被害は住民にも地域にも大きなPTSD(心的外傷後ストレス障害)。「夏を忘れた海」と生きる人々の心の復興を願う。三陸海岸K市育ち,杜の都在。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR