FC2ブログ

MW25 映画「この世界の片隅に」心につきささりました


 今話題のアニメ映画「この世界の片隅に」は、片渕須直監督、漫画家こうの史代原作、主演声優 のん(本名:能年玲奈)で、戦時中の広島県呉市(東洋一の軍港、呉海軍工廠のある港街)に嫁いだ「すず」さんとその家族の日常を描いた物語です。

 仙台でも二館でしか上映していないため、週末はさけて、12月1日の会社帰り、夜9時ごろからの上映を見ました。仙台駅東口、100名に満たない一室、ミニシアター。若者を中心に画面の見にくい第一列を除き満席でした。全国では上映後、拍手喝さいが湧き上がったとの報告もありますが、東北人は、仙台の若者もシャイなのか、小さく拍手したのは私とほかのお客さんの二名ほどでした。全員が、制作資金の援助をされたクラウドファンディングの名簿の表示が終わるまで、静かに画面を観て、余韻に浸りました。

 このアニメ映画は、ほのぼのとしたシーンやユーモアにあふれた作品ですが、私には珍しく、翌日、その翌日と、思い出しては号泣したくなるほど、何故か深く心に突き刺さる作品となりました。

  「この世界の片隅に」公式ウェヴサイト

  吉永小百合さん「この世界の片隅に」を語る
 
  #jamtheworld 「この世界の片隅に」 20161213 #jwave

  この世界の片隅でトップ03

 浦野すずさんは、18才で広島から呉にお嫁に来ました。海軍関係に勤める北條周作氏に見初められて・・・

  映画『この世界の片隅に』予告編 シネマトゥデイ

  軍艦と呉この世界の片隅で

 呉は、広島の近郊。三方が山に囲まれた天然の良港で、防御にも適した地形です。国内屈指で東洋一といわれた軍港で、呉海軍工廠がありました。戦艦大和はここで海軍によって建造され、同型艦・武蔵が、大和の設計図を基に長崎港の三菱重工業(株)長崎造船所で作られたのです。建造後、武蔵も呉港を母港とし何度も修理や改造、給油の為に寄港し、大和と武蔵が並び停泊したことがあったようです。長崎への原子爆弾は長崎造船所を狙ったものともいわれ、広島と長崎は確かに深い縁があるものと思われます。

  In This Corner of the World (Trailer)

  なんでもたべねばならぬのじゃ

 野草の数々、大葉、はこべら?「なんでもたべねばならぬのじゃ」・・・母からも聞いた戦時中の日常でした。それでも、すずさんは、えらいです。いつも、楽しく、朗らかにごはん支度をします。戦時中、庶民は心こそ、まけちゃいられません。若奥様、心意気が可愛いですなぁ~。

  楠公めしnon10

 楠正成公のごはん増量作戦、楠公めし(なんこうめし)。のんちゃんの語り口も楽しく、調理法を解説します。ただ、お米をあの手この手でふやかすように増量させますから、おいしく調理するのは難しいのでしょう。誰一人、おいしいと言わないよ~。

  戦時中の元原爆ドーム

 広島市内の旧広島県物産陳列館、きれいですね。現在の原爆ドームです。広島県物産陳列館は、1910年(明治43年)に広島県議会で建設が決定され、5年後の1915年(大正4年)に竣工した、歴史的な大正建築だったんですね。

  絵描きのすずさん

 すずさんは、子供の時から絵が上手。まるで、絵描きです。戦局が悪化する中、軍港の町は何度も空襲を受け、すずさんは大切な可愛いめいを失います。また、自らも大切な右手を失い画が描けなくなるのでした。日本各地にあった米軍機の激しい空襲による一般人の被害の象徴として描かれているのだと思います。

  広島の街

 片渕監督の熱意に影響され、呉市と広島市の方々が、映画つくりに協力しました。かつての街並みとそこにいた家族を、作画に反映させた、細やかな映画つくりが行われました。

  かけがえのない日常 (この世界の片隅に)

  戦い終りて518957_615

  戦い終りて・・・呉の実家に帰る北條周作氏とすずさん、広島から連れてきた女の子・・・

  コトリンゴ /「 悲しくてやりきれない 」

 主演声優、すずさんの声は、のん(本名:能年玲奈)さんです。兵庫県出身の彼女は、御存じのように、東日本大震災後、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主演の天野アキを演じ、震災でひどく傷ついた三陸の人々を楽しく笑いで励ましてくれて、同時に全国的にブレークしました。この映画を観たいと思った動機は、彼女を、事務所との関係がこじれて苦労しているここ数年、陰ながら応援してきたことが大きな要因です。しかし、身近なところ、90才になった私の母も三陸海岸の製鉄所のある街でアメリカ軍の艦砲射撃の中、生き延びました。だから、共感しているのでしょうか。

  広島にてのんちゃんと監督

 原爆ドームの見えるテラスから、片渕監督とのんちゃんです。

  舞台挨拶この世界の片隅で001

 舞台挨拶、大きなフリップの「大ヒット上映中」が現実になろうとしています。ブレイクって良いものですね。

 朝日広告この世界の片隅で161112

 おわりに、少々長いですが、今回は珍しく民放のように骨のあるところを見せているNHKによる紹介を二三あげてみます。

  NHK特集ダイジェスト 映画「この世界の片隅に」 こめられた思い

  おはよう日本「この世界の片隅に」特集

 今後、すでに海外での上映が決まっているとのことです。

  In this Corner of the World - Imagine Nation - WORLD TV

続きを読む

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
大津波の甚大な被害は住民にも地域にも大きなPTSD(心的外傷後ストレス障害)。「夏を忘れた海」と生きる人々の心の復興を願う。三陸海岸K市育ち,杜の都在。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR