MR75 沢木耕太郎が「深夜特急」の一人旅をした1970年代


 沢木耕太郎氏は横浜国立大学の文系を卒業後、ノンフィクションの記事を書く仕事をはじめ、26才の時、印税を基に、日本を飛び出し、香港を出発点とし、一部飛行機を使うものの大方はその国の大衆が利用するローカルバスを乗り継ぎ、タイ、マレーシア、シンガポール、カルカッタから始まるインド、西アジア諸国、トルコ国イスタンブール、ヨーロッパ・ギリシャ〜イタリア〜ポルトガル〜ロンドンとお金をかけないで一人旅をする、いわゆるバックパッカーのスリリングな旅行を行いました。
 沢木耕太郎氏は1973年9月、文芸春秋から「若き実力者たち」という、ノンフィクションを出版します。この印税と有志のカンパを軍資金に、1974年3月から1975年4月ごろにかけて、約一年の海外の貧乏旅行に出るのでした。

 天地真理さんの冠番組、真理ちゃんシリーズの最後の番組「はばたけ!真理ちゃん」は1975年3月27日が最終回。収録が終わって、すぐさま、1975年2月3日〜3月4日、単身でヨーロッパ旅行に行かれた天地真理さん。このとき、偶然にも沢木氏もヨーロッパを旅行中だったということが分かります。

 その後、日本で若者の「海外一人旅のバイブル」と言われる沢木氏の代表作、旅行記「深夜特急」を出版。沢木氏は帰りのモスクワからの飛行機で空席待ちをしている際、日本人の美少女と書いていますが、今は亡き藤圭子さんに遭遇していました。(深夜特急ノート「旅する力」 2008.11)
 沢木氏は、今では社会的事件や作家やスポーツ選手のルポルタージュが主流の硬派ですが、駆け出しのころTBS調査情報編集部に出入りしていて、最近の歌謡曲について「いま、歌はあるか」というルポを書いていた過去がありました。このルポはなかなか手に入りません。おそらく真理さんのデビュー前の歌謡界のお話だと思われますが、藤圭子さんをよくご存じだったのではないでしょうか。

  藤圭子/カスバの女 昭和45年10月 渋谷公会堂

  藤圭子/圭子の夢は夜ひらく

 1970年代初頭、円が次第に強くなり、円高、変動相場制に移行しました。日本人の海外旅行はもはや稀ではない豊かな時代に入って来たのでした。

  深夜特急文庫インドネパール
   何度読んだかこの新潮文庫全6巻。
   真理さんファンの皆様、新潮社でごめんなさい。

 (執筆中)

MR31 真理さん,真保さん,行ってらっしゃい 京都の旅


  東京は桜が満開を過ぎ、風に舞う桜吹雪とか。京都はこれからが満開でしょうか?
 この週末、天地真理さんと真保さん、スタッフの方が京都へ小旅行の予定です。
 (本日4/3、仙台市内の錦町公園の桜が満開の木がありました・・・えらいこっちゃ)

  真理さん、愛する娘さんとお宿で、ゆっくりくつろいでくださいネ。
  関西、西日本のファンの方々は、今からわくわくでしょうか。

真保さん桜2015

 真保さんのツイッターから桜の写真。さすがの構図ですね!

nishikichyou20140403PA0_0001

nishikityou20140403PA0_0006

上の二枚は、仙台市青葉区錦町公園の今夕(4/3)の模様です。
きれいに桜が開花しました。あわてて携帯で撮りました。


若葉のささやき0011

MIXchann.さん 天地真理/若菜のささやき

 満開の桜に、散る桜、日本ですね。そして、葉桜となれば「若葉ささやく」季節です。われわれファンは、今の真理さんの事を思うと胸がいっぱいですが、毎年、『若葉が町に急に萌え出す頃』を、この名曲と共にいつも味わっていたいものですね。

P.S.昨年秋、花屋さんに聞いたら「矢車草」は季節があるのよと言われ、気にかけていて、数日前にホームセンターで種を買いました。春まきは夏の開花、秋まきは春の開花とのこと。今年は、チャレンジします。もし、夏は「矢車草」と「恋する夏の日」、春は「若葉のささやき」を聴きながら矢車草をめでるなんて、豪勢な感じですね。ちょっとわくわくします。


閑話  瀬戸内海および九州を行く


 みちのくでは秋深き11月、看護師(助産師)の長女Aちゃんの北陸から鹿児島への移転に伴い、家族で緑青き西日本を旅行しました。
 11月1日午後、家族3人が山陽本線明石駅で合流し、娘の車で鳴門大橋から四国入りして琴平町に宿泊。翌日、多数の観光客と仰ぎ見る階段を上り金毘羅山を参拝。その後、天気が回復した瀬戸内海、しまなみ海道を渡りました。
 瀬戸内海の島々を橋梁でわたりながら、娘にスマホで you tube にアクセスしてもらい、Boseの小型スピーカーで小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」を聴きました。真理さん、南沙織さんと一緒に新・三人娘と呼ばれた歌姫によるご当地ソング、最高な気分でした。

   いざ四国へDSCF4468_convert
 
   運転する長女と助手席の妻。淡路島を走り、四国・香川県を目指します。

   しまなみDSCF4487

   しまなみ海道の見事な橋梁群を車で走行。瀬戸内海は穏やかでした。

   瀬戸の花嫁/小柳ルミ子 (昭和47年)
                              
   Sugi4Geruさん/「みかんの花咲く丘」 天地真理 (1975)

 また、山陽道の宮島SAから双眼鏡で厳島神社をみました。真理さんファンのピアニスト、エリーナ姫の故郷を、いっきに駆け抜け、下関泊。

 11月3日、壇ノ浦を観光。関門橋を渡り九州に上陸し、別府温泉泊。
 壇ノ浦は、関門海峡の瀬戸内海側をいうようで、下関側のロープウェイから眺めると潮の流れが速いことが良くわかりました。この条件で、源義経率いる源氏が、この壇ノ浦を熟知する平家を破ったことが、1000年前の日本史に重大な足跡を残す戦いだったわけです。当時の衣装を着た男性の無料の紙芝居を拝見しながら、かつて娘たちと何度も訪ねた平泉・藤原祭り(源義経東下り行列)を思い出すのでした。

   MtYufuDSCF4550_convert


 11月4日、別府から鳥栖JCT経由で一路、鹿児島を目指しました。
 大分自動車道をひた走り、火の国九州を想わせる湯布岳を眺め、鳥栖、そして久留米を通過。またまた、久留米出身の歌姫、真理さんのオリコン記録を塗り替えた松田聖子さんの「赤いスウィートピー」を娘にリクエストし、you tubeからバックミュージックとして、のりのりの南下をしました。

   松田聖子/赤いスイートピー

 この日、午後、鹿児島に到着し、さっそく娘の新居を確認し、市内に買い物に出ました。この時、今年401回目といわれる桜島噴火を目撃しました。地元の方々は普通の噴火という反応でしたが、大学で「岩石学および火山地質学講座」に在籍した私は不安な気持ちになりました。

   桜島噴火401回目20141104DSCF4557_convert_20141105233728

   桜島噴火Aちゃん

   2014年11月4日の桜島、今年401回目の噴火・噴煙

 娘の新生活を応援するために夫婦で来た旅行でしたが、娘の旅行計画や気配り、頑張りは目を見張るようです。
 私的には、祝・真理さん九州イベント!の気持ちもありました。しかし今だ未熟な親からすると、愛する娘の今後の生活、仕事、将来(南の島の助産師?)に神様のご加護がありますようにと祈らずにはいられませんでした。

 11月5日は鹿児島市内で、鹿児島の名君、島津斉彬公をまつる照国神社をお参り。次に鹿児島市立の維新ふるさと館を見学し、西郷隆盛、大久保利通ほかの幕末の志士と東郷平八郎や日本海海戦でともに戦いバルチック艦隊を破った海軍の傑出した面々の詳しい記事、史実を学習しました。
 150年~100年前に、日本せましと活躍した偉人を改めて詳しく知ると、わが子の南国への移住も、とくにしょげ返ることでもないのだなと思うことにしました。

 そうでした、この日11月5日は天地真理さんの誕生日。真理さんおめでとうございます。
 たしかに、小柳ルミ子さんにも松田聖子さんにも劣らぬ人気と実力を持っていた天地真理さん、再発見も再評価も、東京のみならず、大阪、九州、そして全国に及んでなんら不思議のないこと。まだまだ、これから・・・真理さんファンの皆様、だからこそ楽しみもこれからですね。

   桜島と翼DSCF4586_convert

    機内から見る桜島の噴煙 2014.11.5 PM
 
    (仙台にて、旅先のアップを増補,11/6)

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR