MR08 森昌子  被災地で歌う


 森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さん、すなわち中三トリオは、天地真理さんの人気絶頂期、1972年(S47)から1973年(S48)のデビューで、今でもその知名度は抜群です。また、当時、同年代の私には同級生を見るような楽しさがあり、そのかわいらしさに目を奪われたものでした。

 森昌子さんは、美空ひばりさんに大変かわいがられ、「私の跡継ぎは昌子ちゃんね。」と言われたとか。森進一さんと離婚後、50歳代になり再デビューをし、歌声は全盛期に戻りつつあると思います。また、昌子さんは被災地においでになり、歌われています。若いころは茶目っ気いっぱいでいたずらっ子だったそうですが、ご苦労され愛情深い歌声はさらに深化しているようです。

森昌子in気仙沼02


森昌子 被災地・気仙沼で歌う

 われわれ天地真理さんをことに敬愛するファンは、真理さんの過去の数多の歌唱音源という遺産で、日々癒され、元気をいただいています。さらに、皆さんの希望でもありますが、天地真理・白雪姫カルテットや音楽家のファンクラブ会員とのセッションで、キーがやや低くとも、真理さんの心、ご苦労された暖かい心、駆けつけた200余名のファンと一人づつ手を握って話しかけられる暖かいお心、とともに発せられる音楽家・天地真理さんのお声をお聴きしたい。
 
 過去の栄光のヒット曲ではなくとも、素晴らしいその他の歌唱が多くありました。このようなファンの声に真理さんご自身が一番こころ苦しいものと思います。それでも、心あるファンはいつもアンコールの思いをもち、いつまでも待ちます。あなたの歌声に、一人ぼっちの寂しさにも困難にもけっしてめげない、明るくやさしいお心をいつも聴いているからです。

MR07 宮澤賢治 星めぐりの歌


 大震災2011年3月11日から、三度目の冬、そしてもう少しで三度目のお正月になります。心の洗われる歌、音楽は傷ついた心にはとても良い薬です。

めがね橋

   宮守鉄道橋ライトアップ(JR釜石線:花巻-宮守-遠野-釜石)

   madoka1992さん「星めぐりの歌」

   ○星めぐりの歌
   作詩・作曲 宮澤賢治

   あかいめだまの さそり
   ひろげた鷲の  つばさ
   あをいめだまの 小いぬ、
   ひかりのへびの とぐろ。

   オリオンは高く うたひ
   つゆとしもとを おとす、
   アンドロメダの くもは
   さかなのくちの かたち。

   大ぐまのあしを きたに
   五つのばした  ところ。
   小熊のひたいの うへは
   そらのめぐりの めあて。

MR06 NHK紅白歌合戦 人気絶頂って誰のこと?


 今年も早、師走。11月下旬、12月第一週(本日12/7まで)、天地真理ファンクラブでは、東京にて主演映画二作の上映とスクリーンコンサートがありました。私は仕事の関係上、今回はいけませんでしたが、皆さんいかがでしたか。6月1日に行けなかった人も、真理さんの幻のコンサートや映画に大感激だったのでは。

 さて、12月おおみそかは紅白歌合戦ですね。今年は、あまちゃんで大ブレークした能年玲奈さんが紅白PR大使となって、ミニ番組とNHKのホームページで、クイズを出しては元気いっぱいです。

 NHKのホームページには紅白の歴史の解説と出場者・曲一覧がのっています。
 天地真理さんは紅白には1972年(昭和47年)の第23回から1974年(昭和49年)の第25回まで三回連続出場を果たしています。この時、一回目はトップバッター、二回目は紅組25人中14番目、三回目は25人中18番目に出場。回を重ねるごとに後ろとなり、名前と実績が一目置かれていることが分かります。真理さんは国民的スーパーアイドルですから、当然といえば当然ですが・・・

 ところで、次にある第23回の紅組トップバッター、「人気絶頂の歌手」とは誰のことですか?
 日本の皆さん、1970年代人気絶大で心優しき天性の歌手を思い出すのはいつですか?今、でしょ!

andorian21さん_天地真理「ひとりじゃないの」紅白歌合戦

天地真理紅白初出場NHK002


紅白初出場NHKHP003


テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR