MW06 仮想CD/天地真理 癒しの歌声 No.1~4



 MW05で既述した”仮想CD「いやしの歌声/天地真理」”の選曲について、解説を試みたいと思います。
 とはいえ、当方、ファンクラブの一会員のため知識が限定的。何かお気づきの点があれば皆様にご指摘願いたいと思っています。まずは、案ずるより生むがやすし。最初の四曲を簡単に解説しましょう。

1.水色の恋・・・・・ライブ(天地真理オン・ステージ)
 天地真理デビュー曲。ファースト・シングルは1971年(昭和46年)10月1日にリリース。
 作詩;田上えり、Pesce Carlos、作曲;田上みどり、Latasa Feliciano、編曲;森岡賢一郎、石川鷹彦。
 ギターをつまびく隣のマリ役で人気テレビ番組「時間ですよ」に出演した天地真理、この曲は劇中歌としても歌われる。オリコン最高位三位。売上45万枚といわれている。
 レコード(およびCD)音源として、シングルのほか、「天地真理オン・ステージ」(1974.9.15)と「私は天地真理」(1976.4.17)の二大ライブでの歌唱がアルバム化されている。特に、オン・ステージのものは、フォーク調でギタリストの伴奏も秀出て、天地真理全盛期の伸びやかなファルセットで、清純で温かく去りゆく恋人への遠和の愛を表現している。さらに聴き手によっては、逝去した連れ添いや家族への深い愛情を歌っているとも感じられる名曲、名唱である。
 作詩、作曲者にアルゼンチンタンゴ「ホテル・ビクトリヤ」の作者が名を連ねているのは、旋律の類似から、著作権を共有した処理のため。「ホテル・ビクトリヤ」の古いレコードの演奏より、最近のタンゴの名演奏が「水色の恋」に似ているのは、この曲の影響なのであろうか。
  このCD(仮想)に選曲されたのは「天地真理オン・ステージ」のオープニングから(編曲は石川鷹彦)。アルバムのレコード音源には、意味不詳の前奏と開幕の挨拶をする若き天地真理の肉声が入っているが、ここでは本CD(仮想)の趣旨から、割愛させていただいた。

      オンステージ004

2.この広い野原いっぱい
 フォーク歌手・森山良子の代表的ヒット曲。1967年(昭和42年)1月25日リリース。
 作詩;小薗江圭子、作曲;森山良子。
 天地真理によるこのカバーは、三枚目のアルバム「虹をわたって」(1972.9.21)から。天地は、聞き手の「あなた」に対し、やさしく、いたわり、のびやかな歌声で、この名曲をカバーしている。
 歌手デビューに先立ち、天地真理の人気を確定したテレビドラマ「時間ですよ」の劇中で、堺正章扮するケンちゃんの憧れの女性「となりのマリ」役として、二階の窓辺で自らギターを弾きながら歌った爽やかなシーンが思い出される。

3.ひとりじゃないの
 天地真理三枚目のシングル曲。1972年(昭和47年)5月21日リリース。
 作詩;小谷夏、作曲;森田公一、編曲;馬飼野俊一。
 天地真理最大のヒット曲で、かつ誰もが知る代表曲。当然、オリコン一位曲で、当時シングルが60万枚のセールスを記録した。
 発売されたシングル曲とアルバム曲(編曲は作曲者)ではアレンジが異なる。
 ヒットした1972年(昭和47年)は、日本歌謡大賞放送音楽賞、レコード大賞大衆賞、紅白歌合戦初出場などテレビで華やかに歌う姿が数多く見られた。
 本曲は、恋人と歩む恋愛の歌ではあるが、どこまでも、明るい。
 恋人やカップルに限らず、家族、友達や地域社会の輪、ひいては世界の平和にもつながる心の広い大曲となったのは、クラシック教育による天性の歌声ともいわれる天地真理の伸びやかなファルセット(高度な裏声歌唱法)によるところが大きい。したがって、歌手・天地真理自身にとっても、デビュー曲「水色の恋」と同様に、特別に大切な曲となっている。
 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者支援ソングとして、Mプロジェクトによって、太田裕美、伊藤蘭、中尾ミエらによって歌われ、iTunesで配信されている。
 最近はアニメ映画「エバンゲリオン」の挿入歌などで天地真理の全盛期後に生まれた若い世代にも知られるようになって来た。

4.季節はずれの白いボート
 作詩;安井かずみ、作曲;森岡賢一郎。天地真理6枚目のオリジナルアルバム「恋する夏の日」の第三曲。1973年(昭和48年)8月21日リリース。
 ゆるやかな流れの河のほとりを、夏に恋した若い男女が歩いている。岸につながれたさびしげなボートは夏が過ぎ去ったことを教えてくれるけれど、二人の愛は変わらない、生きていることは素敵なこと、と歌っている。この夏、笑顔満面の振り付け、ダンスが見事な「恋する夏の日」の大ヒットを受けて、安井かずみが書き下ろしたとみられる。天地真理のファルセットは高音の伸びが秋空いっぱいにぐいぐい広がる感じが素晴らしい。天地真理のヒット曲以外に数多くある珠玉の癒しの歌唱の一つ。

      恋する夏の日川遊び

      多摩川での水遊び

MR20.1 [再掲]ギターを抱えて


 本日、2014年12月27日(土)、17:45~18:00は、FM軽井沢の『天地真理ミュージック・コレクション』の最終回でした(初回は、2012年10月1日)。インターネット・ラジオから流れた曲は、「ふたりの日曜日」と「あなたが私に教えてくれた歌」でした。サンバリズムの明い歌としっとりとした癒しの歌、どちらも真理さんの得意な歌唱体(国体でもないので、どういうのか)です。適当な企業スポンサーがつかなかったのか、放送の終了はさびしい限りですが、二年三か月も続いたことは、かつてTBS真理ちゃんシリーズが二年半だったことに、別の意味で匹敵するのかもしれません。最近のイベントでは多数の音楽家による真理さんソングの名演奏がかなでられていますし、真理さんの名唱も時間ですよ等の番組も、国政選挙で政権与党が活用する某有名動画サイトから多数削除されていることを鑑みると、別の局面を期待したいところです。ホントに!

 さて、ここで新しい記事の筆が進まず、MR20を再掲しました。この曲は今は某有名サイトからはアカウントと共に消えた小生の投稿作品の曲です。再生数はまだ少なかったのですが、意外といい出来でした。(おわび;現在FC2で非公開としました)
 時間ですよの劇中、堺正章さん(マチャアキ)と屋根の上で歌う20代前半の真理さん、えらくかわいいですね!最近のアイドルも、真理さんのこれらの表情を見たら真っ青でしょうね。これぞ、国民的スーパーアイドルの笑顔とかわいらしさです。

      〇ギターをかかえて
      作詩:山上路夫,作曲:森田公一,編曲:竜崎孝路
       アルバム「若葉のささやき/さよならだけ残して」
        1973.04.21リリースより

      まどべに寄りそえば 今夜も星がきれい
      私は一人 ギターをつまびくの
       愛するあの人は どうしているのかしら
       愛を心に私はうたうのよ

      いつかはあなたと 同じ屋根の下
      かたを寄せて 夜空の星ながめたいのよ
        その日が来ることを 私はねがいながら
        ギターをかかえ うたっているの

      屋根の上時間ですよ012-200

      あなたが口笛で 聞かせてくれた歌よ
      愛のこの歌 私もおぼえたの
        このつぎ会えたとき うたってあげましょうか
        心の想い ひそかにこめながら

      屋根の上の美女時間ですよ019
 
      いつかはあなたと 同じ屋根の下
      星ふる夜 声をあわせうたいたいのよ
        その日が来ることを 私はねがいながら
        ギターをかかえ うたっているの

      おんぶはNG

 2013年3月22日のFM軽井沢(穂志野弓子さん代読)で、真理さんは『堺さんへの「おんぶ」がなかなか上手くいかずに、何度もNGを出しました。』との逸話を披露しました。おそらく、このシーンではと思われます。

MW05 いやしの歌声~天地真理~


 先に、MW03で吉永小百合さんの被災地支援アルバムを紹介しましたが、仮想企画CD『あなたの心に届けます!いやしの歌声~天地真理~』の選曲を改めて考えてみました。
 天地真理さんの多くの歌唱音源を聴き比べながら、次のようなものを選びました。

 1.水色の恋・・・・・ライブ(天地真理オン・ステージ)
 2.この広い野原いっぱい
 3.ひとりじゃないの
 4.季節はずれの白いボート
 5.あなたが教えてくれた歌
 6.悲しき天使
 7.君よ知るや南の国(ミュージカル)
 8.気が合う同志(ミュージカル)
 9.天使の約束(ミュージカル)
 10.愛する人に歌わせないで・・・ライブ(天地真理オン・ステージ)
   
   11.夏を忘れた海・・・・・ライブ(私は天地真理)
   12.小さな日記
   13.冬物語
   14.家に帰ろう
   15.涙は明日に(作詩:北山修,作曲:杉田二郎)
   16.春の風が吹いたら・・・・・ライブ(私は天地真理)
   17.若葉のささやき
   18.愛を呼ぶ春
   19.ひとりじゃないの(Mプロジェクト)
   20.子守唄 母の愛・・・演奏:天地真理クラシック・ユニット
  
    (選定曲の修正:2015/01/25)

 3.11から報道され続けている石巻市大川小学校や日和幼稚園の生徒、園児の悲劇に対し、ご両親方の深い愛情が、いたたまれない悲しみが、わが子の犠牲を後世に活かしてほしいと強く望み、訴訟に及んでいます。
 訴訟が裁判で受け入れらえても、そうでなくとも、子供さんの命は帰りませんが、子供さんたちのカワイイ命とご両親のわが子を海より深くいつくしむ心は、小生も二人の子供の親、少しは分かるつもりです。
 今は、選んだ20曲を自分のパソコンのフォルダ「いやしの歌声CD」に入れて、繰り返し聴いています。小生の考えは被災地から遠く、また巨大津波の恐怖の実感のない多くの人々にはあまり意義がないかもしれませんが、残された家族の亡くなった家族を想う悲痛はむしろ日増しに大きくなると思っています。今から30年あまり前、故郷の集中豪雨で父を失い、三陸の河口に亡骸が上がったとき以後も、父を想う悲しみはいつまでも消えることがないという私の個人的体験からすると、今回は相当な悲しみが地域と個人を捉え続けるでしょう。
 私はこれから少しずつですが、これらの曲について短い解説を書きたいと思います。天地真理さんのやさしき歌声が、一人でも、少しでも、心のつらい方々の癒しになればと、いつも願っているからです。


MW04 加藤登紀子さん歌う 「今どこにいますか」


 3.11の大震災から十日余りで、加藤登紀子さんは、被災地に向けてメッセージソングを発信されました。
 ジョーン・バエズになんら引けをとらない本当のフォークソングがここにありました。
 震災直後、被災地・仙台も混乱し私にはわかりませんでしたが、加藤さんは震災から一か月ほどで、早くも被災地入りして、長靴姿で、ギター一本、避難所を回られ、温かな歌を披露してくださいました。
 歌は心、歌手は心、遅ればせながら、本当にありがとうございました。
 目頭が熱くなり、深く頭が下がる思いです。


     


     


      


 加藤登紀子さんのデビューは、1965年(昭和40年)、東大在学中のアマチュアシャソンコンクールがきっかけだったそうですが、代表的な大ヒット曲に、1966年「赤い風船」、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年(S46)に森繁さんも歌われた「知床旅情」があります。海外でのコンサートも多く、三陸や宮城・福島の被災地支援のほか、TV・ラジオ出演、全国各地でのほろよいコンサート等、今も第一線の歌手活動をされています。

   加藤登紀子HP;TOKIKO WORLD

 ところで、加藤さんの「知床旅情」がヒットしたこの年は天地真理さんのデビュー年。そういえば、学生時代や青春期を北海道で過ごすことになった私が、知床や宗谷岬、雪の札幌、時計台に魅せられたのはこの年だったのです。
 翌1972年(S47)5月、中学の修学旅行が三陸の街から函館、札幌の旅だった小生。札幌オリンピック直後、吉田拓郎の「結婚しようよ」(2月)、そして国民的スーパーアイドルの「ひとりじゃないの」(5月)の大ヒットもこの1972年でした。
 天地真理さんの全盛期に多感な青春期を送っていた小生にとって、正直、彼女の多くの珠玉の歌唱やライブを知らず、オリコン上位曲しか記憶にないという謎を問う歴史の旅は、まだまだ続きます。

 P.S. 本日、2014年12月14日は、東京・代々木にて天地真理さんのクリスマス音楽会(会員外の一般の方にもオープン)がありました。ファンクラブ代表の真保さんに加え、天地真理さんも出席され、握手会もされたとのことです。にこやかな親子の写真が真保さんのツイッターで公開されました。真理さんは紅白初出場を想わせる白の上下スーツ姿でした。小生、またまたグッときました。(当速報は、Sakuraさんの電子掲示板「天地真理~さくら貝」から。Sakuraさん、いつもありがとうございます。)
 ちなみに、昼のNHKのど自慢は富山県魚津から。トップバッターの元気な奥様が、ラケットを手に天地真理さんの「恋する夏の日」を歌われました。残念ながら鐘の数は少なかったですが、さっそうとされて明るい女性でした。もっと長く歌われて、さびの振り付けを見たかった。でもよかった、よかった。拍手!拍手!


プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR