MH12.1 札幌オリンピックの頃(1972年2月)

  
 今から43年前、1972年(昭和47年)2月3日~2月13日、第11回冬季オリンピック札幌大会が開催されました。
 天地真理さんは前年1971年10月1日に「水色の恋」でデビューし、12月にファーストアルバムを出されました。この時のアルバムの第9曲が公式にはトワエ・モアが歌った「虹と雪のバラード」です。会場にもテレビ放送でも流れたわけですが、外国選手にも人気があったと記憶しています。
 真理さんはとても丁寧に美しく歌っています。真理さんバージョンは公式採用はされなかったわけですが、オリンピック直前の2月1日に2枚目のシングル「ちいさな恋」を発売しました。この曲は、真理さんの人気を急上昇させた曲で、2曲目にしてオリコン最高位一位に躍り出た記念すべき曲となりました。日本人の大衆は、笠谷幸生(かさやゆきお)選手ら、ジャンプ日の丸飛行隊の金、銀、銅の表彰台独占や愛くるしい米国人フィギアスケーター、ジャネット・リン(ころんで尻餅をついてもフリー1位、総合3位、選手村の部屋の壁にPeace & Loveと書き残す)に大フィーバーをしていました。
 一方で、同時期に、二十歳の天地真理さん、大ブレイクが始まっていました。小生は中学生、知らなかったなぁ・・・なぜでしょう。

笠谷さん金メダル

札幌ジャンプ飛行隊

ジャネット・リン101

札幌オリンピック 写真上:笠谷幸生さん(70m級金)
中:日の丸飛行隊 笠谷さんと金野昭次さん,青地清二さん
下:女子フィギュアースケート ジャネット・リンさん(18歳)



 上の動画は驚きです。ジャネット・リンさんのスケーティングは、今の荒川静香さんや浅田真央さんに比較してもスピードがあり軽やかです。当時、世界一のフィギュアスケーターと呼ばれていたことが良く分かります。40年余り前の演技、芸術。良いものには国境も時代も関係ありませんね。


荒川静香トリノ金メダル

 ジャネット・リンのフィーバーから、34年後の2006年、荒川静香さんがトリノ五輪、女子フィギュアで金メダル。記憶に新しいところですね。

MR30.1[再掲]木枯らしの舗道~この冬最後の寒波かな~



 二月十一日の建国記念日が過ぎ、札幌雪まつりも終わったというのに、またまた、日本列島に寒波と強風、豪雪が押し寄せていますね。皆様の地方はいかがでしょうか。
 
 皆様お気づきかもしれませんが、前回のMR30に添付した自作のスライドショーは、なんとなく中途半端で、二、三日前に掲載した動画サイトから自ら削除しました。しかし、少し年輪が出来てきた我々には、寒い冬は真理さんの名曲「木枯らしの舗道」に限ります。ということで、性懲りもなく再度掲載させてくださいませ。

 先日は、真理さんのプレミアムボックスの動画は、検閲が厳しいので、曲もスライドも後半半分の作品を掲載しました。これは、全体のスライドショーを作ってあり、かつてはYTにもアップしたことがありました。その後、当ブログサイトを経営する同社の動画サイトに一年ほど前に掲載したところ、直後に規制がかかり一番だけの半分にされてしまいました。規制の速さにびっくりしましたが、それだけ注目されている素材かと思い、この冬は、前半、後半に分割し、時期をずらして、投稿した事情がありました。YTですら全曲はだめですが、半分のショート・バージョンはOKということがあります。YTに長くアップされている天地真理オン・ステージの水色の恋(一番のみ,歌詞英訳付)も、その一つだと思われます。

 そうはいっても、真理さんの歌う表情はやはりいいでね。聴衆を広く包み込むような「視線の動き」が魅力的なのだとおっしゃる方もおられます。真理さんの天性のものでしょうね。
 真理さんの動画は、ネット上では画像の鮮明度を落としてアップされているものが多いようです。舟木一夫さんや千昌夫さん等のかつての鮮明な動画がアップされているのとは対照的ですね。今後、真理ちゃんシリーズの名場面など、鮮明なコンテンツが市場に出てくることを期待したいものです。
 
 次に掲載した習作はPC画面をフリーハンドのデジタルカメラ動画機能で撮影して編集した一年前の作品です(現在、非公開)。あれから、三脚を購入しましたが、試してみるのはこれからです。

 いずれ良すぎる動画は規制がかかるのですが、昨年、東京で真理さんの「秋にあなたと」の生歌をお聞きし、真理さんの歌う表情はやはり素敵だと思う次第です。世の中にはモデルの写真撮影会があるそうですが、真理さんの歌う姿をいろいろな角度から撮影したり、表現したり、真理さんの全盛期にファンの皆様がなされたように、是非経験してみたいものですね。凄く、いいでしょうね。


11木枯らしお顔005-200


30木枯らし二番016-200


        ○木枯らしの舗道(1974年12月10日発売)
         作詞:山上路夫、作曲:森田公一、編曲:穂口雄右
         オリコン最高順位14位

         街の舗道に 木枯らしふきぬける
         さよならを言いましょう 次の角で
         いつか月日が 流れていったなら
         すばらしい青春と 思うでしょう
         山のぼり魚つり いろんなことを
         教えてくれたあなた
         そんなことするだけで 幸福(しあわせ)だった
         帰らないあの頃が とても愛しい

         それがくせなの 手をあげ行くあなた
         だけどもう会えないの 明日からは
         ここの街とも しばらくお別れね
         泣かないで 歩くことできないから
         土曜日に会うたびに 私にギター
         教えてくれたあなた
         しばらくは弾けないわ ギターもきっと
         帰らないあの頃を 想い出すから

         あたたと夜更けまで
         語ったことを 忘れてないわ今も
         そんなことするだけで 幸福(しあわせ)だった
         帰らないあの頃が とても愛しい

     

MW12 半旗を掲げて


 2015年1~2月、イスラム組織にとらえられ殺害されたといわれる日本人湯川さんと後藤さん、そしてヨルダンの空軍パイロット。中東では第二次大戦後も、憎しみの連鎖は続いています。また、日本国内での事件も、あらゆる階層のいじめもあとをたちません。
  この世は、キリストが語るごとく、罪深く悲しいことが多すぎます。亡くなられた尊い魂に、また様々な人間がなせる悲しき中傷や差別に、半旗を掲げたい気持ちでいっぱいです。


東日本大震災半旗国会議事堂-1

東日本大震災の直後、掲げられたといわれる国会議事堂の半旗。
半旗は弔意を表すもので、旗は少し落とした位置でとめられる。


Ohta_HIromi001.

太田裕美さん

 ちょっと唐突かもしれませんが、上の作品は天地真理さんの御友人、太田裕美さんの代表曲「木綿のハンカチーフ」のオルゴール曲です(現在非公開)。
 たしか、1975年(昭和50年)12月にアルバムからシングルカットされ、1976年1~3月、大ヒットしました。小生は大学受験期。受験に出向いた函館の旅館で、携帯ラジオから流れる悲しくも軽快なこの曲を聴いていました。
 天地真理さんの東京・芝での伝説のコンサート「私は天地真理」は1976年4月の開催。その日、太田裕美さんが駆けつけ、真理さんは大ヒット中の旬な「木綿のハンカチーフ」を歌ったと真理さんご自身が懐かしく語っています(ファンクラブ会報Vol.11.2013.10.20)。
 さて、皆さんは、どのような記憶がありますか。ほしいのはハンカチーフですか。

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR