MR46 「わたしの場合」/天地真理さんが自由に歌うシングルB面(1)


 秋は、1974年、天地真理さんが名曲「想い出のセレナーデ」をリリースした季節です。
 この真理さんの11番目のシングルA面もまたヒットし、オリコン最上位4位、暮れのNHK紅白歌合戦で歌われました。このステージの動画はYou Tubeでは精力的にアップされ、かつ容赦なく削除されるファンと著作権保持者がしのぎを削る名演です。
 そのB面曲は、「わたしの場合」という安井かずみ作詩、森田公一作曲のおしゃれな佳い作品でした。


 天地真理さんの伸びやかで自由な、秋空にひろがるファルセットを聴いて、ふと、シングルA面はセールス曲=プロダクションの戦略、B面は付録=自由な天地真理さんの独壇場、かな?と思ってしまいます。

 『わたしの場合』
  安井かずみ作詩/森田公一作曲/馬飼野俊一作曲

  一・二年 会わないうちに  いろんな事が 通りすぎた
  お互いに 違う所で  倖せみつけましょうと云った
    ”若いこの両手を  つないだ友だちたち”
     ”一枚 絵葉書から 元気そうな様子”
  人を今 好きになること  知りはじめたの
  わたしの場合

  憧れも 似ていたけれど  月日は 人を 変えたかしら
  お互いに 会って話せば  きっと心は きれいなままよ
    ”若いこの両手を  つないだ友だちたち”
    ”思った通りのこと めぐりあえたかしら”
  青春のかけらを集め  歩きつづける
  わたしの場合

  ” ”:筆者

  サビで真理さんの伸びやかに共鳴するファルセット、お見事ですネ!

 ところで、天地真理さんの正規に発売された(リリースされた)シングルは22枚、これに長期の休み後の再デビュー時、休みの間も会費を納めたりした熱心なファンクラブ会員に限定で配布された1枚を加え、レコード化されていない2014年の新曲の「秋にあなたと」を加えると全24枚となります。
 このため、シングルにMS01~MS24の番号を与え、MS01のシングルA面にMR.01A、B面にMR.01Bと番号を振った場合、Aは24曲、Bは23曲で、合計47曲となります。(ここで、セカンドアルバムの付録のシングルレコード、真理さんのピアノ演奏とトークが収められている「あなたと私」の二曲は除きます)

シングルA面

シングルB面


 このうち、真理さんが本格的に大人の歌を歌った1974年9月発売の11枚目のシングル「想い出のセレナーデ」から、1975年の主演ミュージカル「君よ知るや南の国」までに、次の3枚のシングルがリリースされましたが、A,Bを逆に書くと次のようになります。

 発売年月 天地真理 シングルレコードB面/A面
 1974年9月 MR.11 B:わたしの場合/MR.11 A:想い出のセレナーデ
 1974年12月 MR.12 B:ブランコ/MR.12 A:木枯らしの舗道
 1975年4月 MR.13 B:京都でひとり/MR.13 A:愛のアルバム


   エヴァ氏 天地真理 ☆ ブランコ

   エヴァ氏 天地真理 ☆ 京都でひとり

 このように書き、各曲を聴くと、確かにA面の3曲は有名な「想い出のセレナーデ」とファンには人気の名曲2曲から成りますが、B面の曲も劣らず佳作であり、真理さんの歌唱に勢いや「あじ」、そして「自由なおおらかさ」が感じられます。
 真理さんには、当時、森昌子さんらの中三トリオやアグネス・チャンなど、若いアイドルの活躍に押され、大人の歌を唄う歌手に差別化するという事務所の意向があったそうです。しかし、これらのB面曲を聴くと、私の個人的な感想ではありますが、彼女自身まだまだ歌手あるいは声楽家として、大人の女性を演ずるごとくに歌うことより、もっとのびのびと、あるいはじっくりと歌いたかったのではないか、という感じがするのでした。

MR40.1 熱狂的な人気とは何か?


 2015年、ラグビーワールドカップは、ベスト8による決勝トーナメントが始まり、南アフリカがウェールズを、ニュージーランドがフランスをそれぞれ破り、準決勝に進みました。他の二戦はオーストラリアとアイルランドが勝ち抜くのでしょうか。

 それにしても、予選プールB組の日本は、世界の強豪、南アフリカと互角に戦い、試合終了間際、逆転トライで勝利をおさめ、日本国民のみならず、世界中のラグビーフアンを熱狂の興奮に落とし入れました。

 今や、ヘッドコーチのエディ・ジョーンズ氏(母親が日系二世、妻が日本人、オーストラリア出身)、主将リーチ・マイケル氏、SH田中氏、フルバック&キッカーの五郎丸氏は時の人となり超人気です。同じくマーフィ、ヘスケス、トンプソンら外国出身者も大活躍し国民的な人気者となっています。来月からの国内トップリーグ、また近々参戦する南半球のスーパーリーグも楽しみですね。

 ラグビーは釜石出身者の小生には、ちょっとおおげさかもしれませんが、社会人人生における心の支えであり、チームの大切な試合では、試合前から体が静かに燃えてくる快感があります。
 これまで、ひいきの選手もチームもいなかった国内最高リーグ、トップリーグの試合を見て、何も興味も感動もない状態でしたが、ジャパンの皆様の活躍で、ひいきの選手やチームが出来て、トップリーグの試合も興味をもって、観戦や応援が出来るものと思っています。そして、2019年、東京オリンピック前年の、ラグビーワールドカップ日本開催(釜石も1会場)に弾みがつきました。

2015japan-saouthaf

unbelievableRBWCJP

2015南アフリカ戦チーム集合写真

2015RBWCasahi


 ところで、われわれ天地真理ファンは、最近、マスメディア(週刊新潮)が真理さんの浪費癖に関するインタビューや、ノーメイク姿の写真(これって御本人の了承を取らない隠し撮りじゃないの)を掲載し、ネットでも拡散していることに、心を痛めています。記事の趣旨が、中高年の生活のダウンサイズが難しく、生活困窮状態に陥る人が増えていることへの社会的警告で、私にとっても他山の石でないことは分かりますが、それにしても、記事の筆頭、導入に、中高年に今でも抜群に知名度のある「天地真理」を引き合いに出すなど、姑息な手段と感じられずにいられません。

 圧倒的な高収入後、経済的に困窮した有名人はほかにも多くいらっしゃるのでは。これでは、真理さんが記事の宣伝、注目度をアップするために利用されているように思われます。比較的良心的に、記事の文章のみを掲載している有名ネットニュースも、大元の大手出版社にリンクしているのでは、困ったものです。

 国民的スーパーアイドルでは、沸騰する国民的人気とその後のさらに若いアイドル達の台頭による人気急下降、おそらく同年代のサラリーマンの平均月収の20倍以上とも推測される破格の高収入とその後の大きな収入減、これらの大きな変化、芸能界の荒波における精神「心」と経済の安定は、人気が大きければ大きいほど、かなり困難なことではないかと思われます。

 日本人は、熱しやすく冷めやすい。あまちゃん、能年玲奈ちゃんも、ちょっと似ています。70年前に、あらゆる反対分子を非国民として抑圧し、戦争が終われば、本土決戦を固く信じる軍人や兵隊さんの出兵を旗を振って喜び送り出した家族と町内会の人たちも、昨日のことは、その日の生活に追われすっかり忘れてしまいました。また、教職員全員が子供たちの教科書に墨を塗らせました。ちょっと前なら、日本人の大部分が、皆、非国民であることになります。赤信号、みんなで渡れば怖くない。日本国民の団結力は美徳ですが、人間の尊厳もまた大切です。

 このように、単なる熱狂に左右されてはならない、というのは、戦後70年を迎えた日本人にとって、自己も含め必要な反省点ではないかと思います。リーチ主将は日本国籍といっても外国人、冷静さがあるものと思われますが、田中氏も五郎丸氏も、熱狂する国民、熱狂するマスメディアには、内心、注意深くあってほしいものと思います。これは、小生は徹頭徹尾、伊達正宗に遠く及びませんが、あまのじゃく。国民的スーパーアイドルからの教訓であると、私は思っています。

天地真理_野外コンサート
絶頂の国民的人気の天地真理 1973年か

 かつて、確かに、1970年代前半、マスメディアにより日本国民の多くの方々が、天地真理さんを熱狂的に支持し、彼女を国民的スーパーアイドルに持ち上げたのでした。

 ところで、今年の夏のFM放送で1時間、天地真理さんの圧巻の歌唱が、日本国中に放送されました(NHK FM歌謡スクランブル)。しかも、この18曲は、天地真理さんの歌唱コンテンツの一部にすぎないのです。スーパーアイドル、歌手・天地真理の底力は40年の時を経ても健在であることが分かりました。このことは、最近になって、また、有名動画サイト"You Tube"から、天地真理さんの歌唱コンテンツが精力的に削除されていることからも分かります。

 日本人の一部の皆様、天地真理さんを、辱めることは、やめてほしいと思います。70年前に国の為に命をなげうって下さった、われらの先達の皆様に恥ずかしくないのでしょうか。

 以上のことから、田中さん、五郎丸さん、ジャパンの皆様、熱しやすく冷めやすいマスメディアと日本国民に、くれぐれも気を付けて。

  五郎丸ルーティン
  五郎丸氏のルーチン

(おわり)
 

MH06.3 ビートルズ 「YESTERDAY」突然世を去った母を慕う歌


 1960年代後半から1970年代前半、若者に人気の音楽といえばグループサウンズやフォーク歌手の活躍する日本で、同時に洋楽ではビートルズやカーペンターズの時代だったのではないでしょうか。天地真理さんは、コンサートやLPで当時、世界で流行のフォークソングやポップス、カントリーミュージックを歌っていますが、ビートルズはあまり歌っていないのでは。
 しかし、あの当時若かったわれわれにはビートルズは名曲として記憶が鮮明ですし、中学・高校時代の吹奏楽部はこぞってビートルズを奏でるのが文化祭などのイベントでは普通のことだったと思い出されます。
 ビートルズのヒット曲「イエスタデイ」、静かでいい曲ですね。1971年10月1日の歌手デビューから44周年を迎えた天地真理さんは60代前半、わたしたち主たるファン層も50代以上。たいていはどこか体の不調もありますし、将来への不安もかかえていることが少なくないでしょう。だからこそ、今、"YESTERDAY"、生きて来た証のきのう、愛してくれた人、愛した人、親しかった人たちとの想い出を大切に記憶していたい気持ちです。
 連休の秋の夜長、イングランドで開催のラグビー・ワールドカップ。明日早朝のエディー・ジャパンとアメリカの最終戦を前にして、日本チームの前に立ちはだかったスコットランド代表の精悍な顔立ちを見るにつけ、何故か世界に旋風を起こしたビートルズの美しい調べを思い出しました。
 真理さん、ビートルズはお好きですか・・・
 


 "YESTERDAY"; The Beatles (1962.10~1970.4) 
(ジョン・レノン,ポール・マッカートニー,ジョージ・ハリスン,リンゴ・スター)

 はじめ歌詞の内容から「自分の元を突然去った恋人を想う歌」と考えられていましたが、後にポールは「僕が14歳の時に乳癌で死去した母への想いを歌った曲である」と述べたともいわれています。
 Wikipedia 「イエスタデイ」について

 


ギタリスト・鈴木大介氏演奏  「Yesterday」

続きを読む

MH10.2 フォークソングと天地真理(その3)/森山良子


 森山良子さんは、はじめジャズシンガーを希望していましたが、天地真理さんもデビュー時好んで歌った「この広い野原いっぱい」で1967年(昭和42年)デビューしました。発売前に、ジョーン・バエズが来日公演を行い、これに急遽飛び入り参加することでその知名度は全国的になったと言われています。



  この時代の日本は高度成長期のひずみで、企業の排水による水俣病やイタイイタイ病、都会では光化学スモッグなど公害問題が社会問題化しました。また、学生運動も激しい時代でした。天地真理さんは中学から高校生、音大付属とはいえ、これらの社会の状況は良くわかっていたことでしょう。だから、真理さんもジョーン・バエズにあこがれたのでしょうか。
 先月は自衛隊の国外活動に大きく影響する安保法案が国会で与党自民党によって可決されましたが、国会前での市民のデモは大きなムーブメントとなり、マスメディアでも紹介されました。昨晩、この反対運動の様子をNHKがドキュメンタリーしていました。ただし、採決されてからの報道は、ちょっと疑問符がつきますね。
  




 ラグビー熱のある釜石出身の小生は、今、イングランドで行われているワールドカップに夢中で、今晩の、第三戦サモア戦のことで体が燃えるような静かな興奮があります。
 しかしかつて仕事で行った東南アジアの海とジャングルを想うと、70余年前のアメリカが太平洋戦争と言うあの戦争は、日本対イギリス&アメリカによる眠れる獅子・中国に関する利権がテーマの国際紛争のようにも思えます。戦争後半にはガダルカナルやラバウルの地名で代表されるソロモン諸島やパプアニューギニア、オランダ領インドネシア、アメリカ統治下のフィリピン・・・・日本が第一次世界大戦後統治した南海の島国や欧米の植民地から解放した資源国を圧倒的な兵力で奪い返し、沖縄上陸戦、広島と長崎への原爆投下(実験的要素が本当にあったのか)、東京ほか各都市への空襲と艦砲射撃とある意味で本土決戦といえるアメリカの容赦ない反撃があったわけです。
 何故にあそこまで戦い続けたのか、何故に沖縄で一般市民を巻き込む悲劇的な戦いをしたのか・・・・何も歴史的状況を回顧、反省しない日本人、沖縄県民だけに過剰に米軍駐屯の責務を取らせるのか。中国、北朝鮮の脅威に対し沖縄中心の米軍配置が本当に正しいのか。日本人は、政治家も含め、戦後70年に至っても何も実行を伴う反省をしていないように思えてなりません。

 安保法案を通した政府は、アメリカと襟を開いて交渉し、沖縄に過度に依存した防衛体制を、日本本土全体で計画的に分担する勇気が必要でしょう。沖縄の人たちから言わせるとそれは勇気ではなく当然の日本人の責務でしょう。火炎放射器で焼かれること、若き看護師が次ぎ次と断崖で海に飛び込み自害すること、米軍を恐れて島の住民が結集し悲惨な集団自決をすること、2011年の東日本大震災とはまったく性質の異なる悲劇だったわけです。はるかなるインパールのジャングルの戦い、南海の玉砕、硫黄島の激戦、シベリヤの過酷な抑留と苦役、日本人なら誰でも程度の差はあれ、読んだり聞いたりしておおよそ知っていること。
   
 フォークソングは、ふと、われにかえって、日本人に、行く道を示してくれている。そのような気がします。かつての若者は老い、次の時代に引き継ぐ。ラグビーの楕円のボールは敵群に、大きな障害にぶつかりながら、ラックとパスでつなぎインゴールを目指すもの。
 歌手として間違った評価と芸能界の濁流にのまれて、いたく傷ついた天地真理さんを、心が疲弊した人や深く傷ついた人をいやし元気を与えてくれる日本人にとって大切な歌手として、マスメディアやネット等どんな障害があっても正当な評価を広く国民に獲得し、デビュー45周年で彼女の功績を讃え感謝する。広い意味で、戦ってこそ日本人。そんな気もする、天地真理さんデビュー44周年(10月1日)です。

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR