MH15.2 ミュージカル「君よ知るや南の国」を歌った頃


 昨年から「天地真理さんの大人の歌ってなんだろう?」という記事を書き、先月から「想い出のセレナーデ」や「木枯らしの舗道」以後の1975年、1976年の天地真理さんの大人の歌をLP「小さな人生」と筒美京平作品で考えております。

 さて、当時、21才で引退した山口百恵は、コスモスや曼珠沙華など若くして大人の女性の心情を歌い人気を博しました。ベビーフェイスの森昌子は、演歌歌手でありましたが、23才で「哀しみ本線日本海」を歌い、27才で「愛傷歌」を歌い上げ、翌年引退しました。
 1951年11月生まれで23才であった天地真理さんは、1975年(昭和50年)2月から3月、1か月のヨーロッパ休暇を終え、この年、主演ミュージカルを演じ、かつ、いつものように次の4曲のシングルと2枚のアルバムをリリースしました。彼女もまた、22才の秋から、「想い出のセレナーデ」で本格的に大人の歌、恋する女性の哀しき心情を歌うようになっていました。

・シングルNo.13 「愛のアルバム/京都でひとり」(4月1日)
・シングルNo.14 「初めての涙/君よ知るや南の国」(5月21日)
・主演ミュージカル「君よ知るや南の国」日劇(5月31日~6月24日)
・アルバム「君よ知るや南の国」日劇(7月1日)
・シングルNo.15 「さよならこんにちは/明日また」(9月1日)
・シングルNo.16 「夕陽のスケッチ/小さな人生」(12月5日)
・アルバム「小さな人生」(12月21日)

  天地真理ミニヨンを歌う

  オオイシメロンパンさん 天地真理 ミニヨンの歌

 このころの真理さんのテレビやラジオ番組など、熱心なファンの先達の方々がYouTubeにアップされています。大部分は録音時間が長いので、一度しか聞いていなかったのですが、今回、家内のスマホ購入でタブレットを付けたので、居間でイアホンをつけてもう一度耳を傾けています。
 それで、「天地真理さんの大人の歌って何だろう?」、というよりも、「スタッフが歌わせたかった歌って何だったのだろう?」、そして「真理さん自身が本当に歌いたかった歌ってなんだったのだろう?」といことを考えています。

  Sugi4Geruさん 天地真理 ミニミニインタビュー 1975.6.15

 天地真理さんは、子供のころから国立音楽大学の学生を先生としてピアノを習い、中学・高校の6年間を、国立音大付属校で学びました。そして、ピアノ科の中学3年間で手が大きくならないことに失望し、高校では声楽科に専門をかえざるをえませんでした。
 真理さんは、「私の歌って、クラシックぽいですよね。」とおっしゃいますが、オール・ファルセットで歌う若き日の歌声は、明らかにクラシックのフォークとポップスへの転用と思われます。

 クラシックは、オーケストラで分かるように繊細なピアニッシモと迫力あるフォルテッシモ、繊細な消え入るような歌声とろうろうと会場に響き渡る歌声、アリヤや第九の合唱などで特徴づけられます。何を言いたいかというと、仮説ではありますが、真理さんの本当に歌いたい歌とは、「時に繊細で優しく語りかける歌や悲しみを表現し、時に高らかにファルセットを駆使して歌い上げる」まさに、オペラやミュージカルなのでは、なかったか。演歌などに多い、大人の恋愛、愛憎を歌い上げる美空ひばり、八代亜紀、森昌子、石川 さゆり、そして当時人気のあった「ちあきなおみ」や山口百恵のいわゆる歌謡曲ではなかったのではないか。

 2013年10月、天地真理さんのデビュー43周年の会場で、往年の高いファルセットが出せなくとも、満員のファンの前で声量いっぱいに「ひとりじゃないの」と「秋にあなたと」を歌う真剣な真理さんを思い出し、そのように思い当たりました。
 天地真理さんの全盛期の活躍は短かったと言えるでしょうか。真理さんの意思とは異なり、1975年~1976年はめまぐるしく歌手・トップアイドルとしての環境が変わり、7枚のシングルと2枚のLP「小さな人生」と「童話作家」では、語り切れない思いが、当時の真理さんにはあったのではないでしょうか。一方、キャンディーズや中三トリオら、より若いアイドルたちの爆発的な人気の歌謡界、天地真理さんの周辺環境は一気に変化していたのです。

 歌手・天地真理にとって、ベートーベンのいう苦悩から歓喜、「悲しみと喜び、繊細さと大胆さをともに表現する歌唱が彼女自身の求める歌」だったのではないか。答えの一つはライブ「私は天地真理」にあるのでしょう。

 子供の頃、お母さんの仕事の関係で保育園の施設に住み、幼い子供が大好きな真理さん。冠番組の2年半の継続は自らの休養も全国展開のコンサートも大きく制約するわけですが、決して嫌いではない子供向け番組でした。真理さんの歌は、唱歌も見事、子供から大人までうれしくなる元気を与える「虹をわたって」のような、まさに『恵みの雨』のような歌こそ大きな特色でしょう。
 少しずつではありますが、1975年およびその後の天地真理さんの歌唱に着目した勉強や考察を続けてみようと思います。



MR55 筒美京平作品と天地真理(その4) レインステーション

  
 さらに、プレミアムボックスの解説文は続きます・・・
 『中でも、林哲司のアレンジによるシティポップス「レイン・ステイション」は特筆もの。筒美とは、天地真理と同じCBS・ソニー&渡辺プロ所属の太田裕美でコンビを組み「木綿のハンカチーフ」を書いたばかりの松本隆が作詩。風景と心象を重ね合わせた独特の情景描写で、当時の天地真理の心情をなぞるような出来となった。天地もそれに応え、淡々としつつも胸を打つ歌声を聴かせている。』

  レインステーションBY_HIROIGA

  hiroIGA51氏 天地真理 ブルー 「レイン・ステイション」

  エヴァ氏/天地真理 ☆ レイン・ステイション 

 【レインステーション】 LP「小さな人生」 第二曲
 作詩:松本 隆,作曲:筒美京平,編曲:林 哲司

 揺れるガラス 流れる雨粒
 こんな日はあの人が駅まで迎えに来た
 山手線で原宿すぎれば
 傘を持つあの人が見えるような雨の街

  休日(やすみ)の午後には通った街角も
  あなたに逢うのがこわくて行けない

  哀しみさえ想い出になれば
  かけがえのない青春
  そうよ 私生きている

  以下 略


 レインステーションIMG_20160114
   (AMACHI MARI ORIGINAL MUSIC COLLECTION)

・・・「レインステーション」(収録LP「小さな人生」1975.12.21発売)は、太田裕美さんが時代を彩った「木綿のハンカチーフ」と同時期、同じ作詞家、作曲家によってつくられたことは、意外な感じもします。太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」のヒットは、1975年(昭和50年)12月から1976年(昭和51年)、小生、高校三年生で大学受験の冬でした。ラジオから聞こえるリズミカルなストーリーを語る若々しい裕美さんの歌声、あまりにも良く覚えています。この大ヒットに、真理さんの筒美京平作品は埋もれてしまったのでしょうか・・・・

  秋冬春夏さん★木綿のハンカチーフ★ 大田裕美/1975年(S50)

  hosodaさん 太田裕美 木綿のハンカチーフ 2012 O.A.

 Wikipediaによる解説は次の通り。
『「木綿のハンカチーフ」(もめんのハンカチーフ)は、太田裕美の楽曲で、4枚目のシングル。1975年12月21日に発売。発売元はCBS・ソニー。太田最大のヒット曲であり、累計売上枚数は、オリコンの統計では86.7万枚、ミュージック・リサーチ社の発表では150万枚以上。
 名目上は、1975年12月5日に発売された3枚目のアルバム『心が風邪をひいた日』からのシングルカットであるが、実際にシングル盤では新たに録音し直された。これは、歌詞を一部変更し、萩田光雄単独の編曲によるアルバムバージョンに筒美京平が若干アレンジを加えたためである。(以下略)』

 さて、話題は変わりますが、 2013年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」が、若者を中心に大ブームになり、放送終了した秋、毎日ドキドキして楽しく見ていた日々が終り、その深い喪失感が「あまロス」と呼ばれ、社会現象となりました。NHKはその年の紅白歌合戦で、毎日の放送と同じ時間の15分枠を確保して、あまちゃん最終回のショーをしてくれました。次の小生の拙い作品は、「あまロス」をテーマに、あまちゃんにさよならをした作品です。音楽は、真理さんの曲を色々聞いて、レインステーションを選び、拝借しております。




 この動画はドラマあまちゃんと能年玲奈ちゃんのファンの方々でしょうが、意外と人気があります。三脚も使わず手ぶれのビデオ画像ですが、検閲の厳しい状況下では、かえってよかったのかもしれません。能年玲奈ちゃんは今、所属事務所と問題を抱えていて、ドラマや映画の出演が出来ない様子ですが、2016年、なんとか元気になって、飛躍の年にしてほしいものです。

 それにしても、上のあまちゃんエンディングの動画は、私の作品では最多の視聴回数です。もちろん、あまちゃんの人気が大きいのですが、天地真理さんの「レインステーション」の素晴らしさもありますよね。ご友人の太田裕美さんの「木綿のハンカ―チーフ」と併記してみると、どちらも松本隆氏と筒美京平氏の名コンビによる秀作曲。「レインステーション/家なき子」は、すでに、大物アイドルであった天地真理さんにとっては、長く歌い継いで、想い出のセレナーデのように、真理さんを代表するヒット曲となってほしかった気がいたします。


MR54 筒美京平作品と天地真理(その3) 家なき子


 さて、天地真理プレミアムボックスにおける「LP小さな人生」の解説の続きですが、歌手・天地真理の再浮上を願ったスタッフの必至さが、次のようにうかがわれます。

 『(アルバム「小さな人生」は)作詩には安井、山口のほか、松本隆らを起用、作曲は筒美のほか川口真が担当した。ストーリー性のある「家なき子」やドラマチックな展開の「明日への愛」など、シングルを含む筒美作品8曲をはじめ、これまでには見られなかったリアルなテーマと洗練されたメロディー、サウンドが特徴で、全アルバムの中でも本作が完成度ナンバー1というファンも多い。』

 エヴァ氏 天地真理 ☆ 家なき子

  都内地下鉄夕ぐれ

  夕ぐれの地下鉄

 
 【家なき子】 LP「小さな人生」第三曲
  作詩:松本 隆,作曲:筒美京平,編曲:萩田光雄

 あなたの腕に帰れない
 小さな事で喧嘩して
 地下鉄の駅に
 普段着のまま とびだした

  行くあてもない私
  追いかけてこない
  あなたのつめたさ
  人波に押され
  つまずいた私
  戻れない道

  以下 略

  ちょっと怯えたMさん

 kei sukeさん/家なき子 天地真理 レコード音源

・・・「家なき子」は、エヴァ氏でなくとも、ドラマチックで、悲しい女性の表情や姿が想像され、心にグッとくる上手な歌唱ですね。個人的にこの歌大好きです。公衆電話ボックスで「10円硬貨少ないし・・・」は、携帯の普及した今ではピント来ないかも知れませんが、当時はテレホンカードさえなかった時代でした。余談ですが100円玉を入れるとおつりがありませんでした。

 大方、明るさが印象的な真理さんのファルセットですが、恋人から逃れて来た事情はなんだったのでしょうか・・・夫婦でもままあることですが・・・・、切ない歌い方、歌手・天地真理さま、お見事です。



MR53 筒美京平作品と天地真理(その2)LP「小さな人生」


 2016年、平成28年、新年明けましておめでとうございます。全国的に、暖かいお正月だったようですが、小生は三陸の実家で、もうじき3才になる孫のS君とラグビーごっこをしたり、大正15年生まれ(なんと今年90才)の母が住む実家の細かな修繕をしたり、楽しく帰省をしてきました。

 新年の始まった会社(建設コンサルタント)では、震災からもうじき5年となるため、土地のかさ上げ・造成と防潮堤等の海岸の復旧設計の追い込みや、公共団体の復興建設マネジメントのお手伝い、老朽化インフラの調査・対策など、相も変わらずの忙しい一週間でありました。

 次のニュースは今日はいった地元にライブ会場が出来たニュースです。今年は、東北でも天地真理さんのスクリーンコンサート、やってほしいで~す!

  釜石PIT心の復興だよ

 エンターテインメントを通して東日本大震災の被災地を支援する一般社団法人チームスマイル(東京)のライブ施設PIT・・・江東区、いわき、仙台、かましい
  <釜石PIT>白熱ライブ始まるぜ・・・心の復興拠点できる

 ところで、お正月らしいコンテンツを発表された方は・・・おやおや、いらっしゃいましたネ。

   2016お正月ヒロさん

hiroIGA51氏 2016 真理さん明けましておめでとう! 「空いっぱいの幸せ他」

 さて、年末から、勉強している筒美京平作品のことですが、氏の略歴を、先月リンクした日本音楽著作権協会JASRCの会員作家インタビューのページ等からおさらいをしてみましょう。

『 筒美京平氏略歴
 1940年、東京生まれ。小学校から大学まで青山学院。
卒業後1963年、日本グラモフォン・レコード株式会社(後のポリドール)に入社。4年間洋楽ディレクターとして勤める。
 1966年、作家デビュー。作詞家橋本淳氏とのコンビ作家として活動と同時にすぎやまこういち氏に師事、編曲も始める。
翌年(67年)ヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」が初のヒットとなる。同年、グラモフォン退社。
 1969年「ブルー・ライト・ヨコハマ」で日本レコード大賞作曲賞を受賞。
その後、2回のレコード大賞と計5回の同作曲賞を受賞。
 1997年、作家活動30周年を記念して約2650曲の作品のなかから163曲を厳選したコンピレーション・アルバム「HISTORY」をリリース。ヒットチャートのベスト10入りした作品は202曲(うち1位は38曲)[2002年5月20日付現在、(株)オリコン調べ]

代表曲
「ブルー・ライト・ヨコハマ」いしだあゆみ
「また逢う日まで」尾崎紀世彦
「17才」南沙織
「さらば恋人」堺正章
「赤い風船」浅田美代子
「私の彼は左きき」麻丘めぐみ
「よろしく哀愁」郷ひろみ
「ロマンス」岩崎宏美
「木綿のハンカチーフ」太田裕美
「魅せられて」ジュディ・オング
「セクシャル・バイオレットNo.1」桑名正博
「スニーカーぶるーす」近藤真彦
「人魚」NOKKO
「やめないで、PURE」Kinki Kids
他多数 』

 このように、筒美京平氏は、現在も活躍中であり、結果的に新人賞に輝いた若手らに幅広く楽曲を提供し、その若手歌手の歌声や性格の特徴を生かした曲作り、売れる曲作りをおこなった秀でた流行作家であることが分かります。天地真理さんに関連しては、仲良しのお友達、太田裕美さん、南沙織さんの代表ヒット曲が、筒美京平作品であることは特筆することだと思います。

 次に、天地真理プレミアボック解説文(中崎あゆむさん,2006年6月)から、アルバムLP「小さな人生」の解説を、掲載してみます。この中で、天地真理さんのレコードセールスを再浮上させようとする努力が描かれており、筒美京平作品の重要性、筒美氏も関連する真理さんと太田裕美さんの親しい間柄も記されています。

 筒美京平作品やLP小さな人生については、スリーピーさんのブログに詳しい解説があることに遅まきながらきづいた小生ですが、歌手として大きな方向転換を図ろうとしながら、何故、レインステーション等の名曲をシングルカットしなかったかが、少し気になりますね。先輩の方々とかぶる論点もあるでしょうが、ちょっとゆっくりと考えてみたいと想う2016年の年はじめです。

『アルバム・コレクション(6) 「小さな人生」(1975年12月21日リリース)
 昨日を確かめながら、新しい光を求めて進む青春のメモリアル・アルバム

  LPレコード小さな人生
  LP「小さな人生/天地真理」・・・ネット上からの借り物画像(本物がほしいヨ~ン)

 75年3月、TBSのバラエティー番組「はばたけ!真理ちゃん」が最終回を迎え、2年半にわたり5作続いた真理ちゃんシリーズは終了。天地真理は長年取ることができなかった休息と充電を兼ね、2月から3月にかけ約1ヶ月のヨーロッパ旅行へと出かける。
 帰国後にはミュージカル「君よ知るや南の国」への主演が決まっており、歌やテレビだけでなく舞台もこなす本格的なエンターテイナーヘと新しい未来が広がっているかのように見えた。大人への脱皮を図る新曲づくりも進むなど、本人も周囲も希望に満ちた旅立ちであった。

 しかし、これが急激な失速の始まりとなった。一時とは言え、毎日のように出ていたブラウンから姿を消すことは当時の歌手にとって大きな打撃であり、まして全盛期を過ぎていた天地真理には致命的な結果をもたらす。
 ミュージカルは成功を収めたものの、4月にリリースしたシングル「愛のアルバム/京都でひとり」、5月に臨時発売したミュージカルの主題歌「初めての涙/君よ知るや南の国」のセールスは一作ごとに下降していく。
 それに加え、ここぞとばかりに襲いかかるゴシップの嵐。人気絶頂期には、ものともしなかった天地真理だったが、この時は精神的にも追いつめられ、いつしか情緒不安定に陥ってしまったようである。

  ひこうき雲氏 天地真理 愛のアルバム(ライブ)

(注)この動画コメントには皆さんの歌の高評価があります。天地真理さん、大衆の皆様、この時のレコードセールの降下と歌の実力は関係ないのではないでしょうか。冠番組の子供に大人気の明るく可愛いお姉さん・天地真理のイメージを、大衆はぬぐいきれなかっただけなのでは。超ド級アイドル・戦艦ヤマトには急な旋回はできない。今から言うと、周りの海、大衆もその変化を受け入れるのに時間を要したと思われます。(小生の仮説ですが、太田忠さんもFM軽井沢の放送で何か言ってましたよね・・・)

 中曽根皓二+中島二千六コンビに代わり、担当ディレクターになった白川隆三(CBS・ソニー)や原正志(渡辺音楽出版)らスタッフ陣は、そんな状況を心配し曲作りの過程においても、天地真理にプラスになるような配慮を行う。
 それが、山口洋子十安井かずみという女性作詩家2人による異例の合作シングル「さよならこんにちわ/明日また」である。銀座でクラブを開いていた山口、その生き方が多くの女性の憧れであった安井の両氏から、人生のヒントを見つけてほしいという親心だったようだ。作曲および編曲は、次作の「夕陽のスケッチ/小さな人生」とともに筒美京平が担当。天地真理を立ち直らせようと懸命の努力が続けられた。

 その2枚のシングルを収録したアルバムが、隠れた傑作「小さな人生」である。白川が得意とする明確なコンセプトに基づいたアルバム作りが行われ、天地真理のシンガーとしての力量がいかんなく発揮された意欲作に仕上がった。
 想い出をフラッシュバックするような「一枚の写真」から始まり、ほのかな希望が見える「小さな人生」で終わるが、白川によると、構成通り「過去のことを良い想い出として封じ込め、明日の小さな夢、小さな人生に向かって歩いて行きましょう」という意図で制作したという。』

(つづく)


プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR