MS02 パリからの手紙 第2節 生い立ち (フィクション)


【パリからの手紙~国民的アイドルだった歌手・M子の想い出(フィクション)】
 ベートーベンをモデルにジャン・クリストフを書いたロマン・ロランにあやかり、私もチョイ真似で、天地真理さんの著書やCD付きの自叙伝などを原典に仮想・元国民的スーパーアイドルの回想を、全12節ほどの短編にしています。今回もパロディで終わる可能性もありますが、悪しからず~

2. M子の生い立ち

 昔、「カナダからの手紙」という平尾先生と畑中洋子ちゃんのデュエットが流行りましたけど、今、私はパリ郊外の自宅から、ひとり娘のあなたあてに、この手紙を書いています。
 読む人のあてのない手紙じゃないし、にぎやかな銀座の街から一人ぼっちが寂しくて書いている手紙でもありません(笑)。だから、気楽に読んでほしいのです。もう私も60代後半に入って、今のうちに、波乱万丈の私の半生、小さな人生ですが、想い出しつつ話しておきたいと思います。

 お母さんは、昭和26年11月5日、北海道の北の盆地、冬の寒さ、雪の結晶で有名な旭川で生まれました。お祖母ちゃんは戦時中、現在のロシア国サハリン、当時、樺太(カラフト)とよばれた北の島の唯一の市、豊原市(現在のユジノサハリンスク)で暮らしていました。大祖父ちゃんは軍の物資を取り扱う軍属で、一家はその引揚家族だった。
 私が生まれた年は、あの戦争で敗れた日本が国際社会に復帰したサンフランシスコ条約を吉田茂首相が締結した年。激しく悲劇的な沖縄戦や東京や日本各地の空襲があり、広島・長崎に原子爆弾が投下された昭和20年から、わずか6年。まだ、戦後の混乱があちこちにあった時代です。

 直ぐに札幌に引っ越したので、最初の記憶は札幌での生活。子供心にも北海道はずいぶん寒かったけど、部屋の中は煙突ストーブで温かいのよ。当時は街も小さくて、身近な郊外に広い緑の草原、牛の牧場、街中の銀世界、とても空気が澄んでて、おいしい食べ物ものもたくさんあったわ。

 私の母、あなたのお祖母ちゃんは、早くに離婚していました。理由はくわしくは知らないけど、お祖父ちゃんは、ゼロ戦や紫電改の戦闘機乗りだったと聞いたわ。終戦直後まで、横須賀の海軍基地にいて本土防衛にあたった人で、幸運にも生き残った有能なパイロット。その道の方々には撃墜王として知られた人で、空襲でよく飛んできたアメリカのB29を撃墜したこともあるそうよ。でも、終戦後、普通の市民生活は出来なかった人。素敵な男性だったから御祖母ちゃんが気に入ったのでしょうが、ともかく、麻雀や競馬、賭け事が大好きで、すすきの界隈に徘徊し、お家にあまり帰ってこなかったそうよ。女の人がいたのよね。
 戦後の昭和20年代、半ばのこと。大陸からの引揚者や復員の兵隊さんが舞鶴港や小樽港に着いた、そう「岸壁の母」がいた時代よね。平成の時代に生きる若者のあなたには、想像しにくい遠い遠い時代です。

 その後、私たち一家は北海道から、米軍の基地や自衛隊のある港町、神奈川県横須賀に移住しました。
 お祖母ちゃんは横須賀市の小中学校の給食のおばさんをやりながら私を育ててくれたのよ。そして、そのあいだ、調理師の免許を取り、給食係り主任を務めながら10年計画でコツコツとお金を貯めました。
 本当に頑張り屋の私のお母さん。その貯めたお金で市内に土地を買い、さらに借金して、昭和43年、私が17才のとき、自衛隊や一般の社会人向けの給食センターを作って経営を始めました。偉い人でしょ、私、今でもお母さんのこと大好きなのよ。夢に出てきてくれるわ。お祖母ちゃんに可愛がられた、あなたもそうでしょ。



井上陽水/少年時代


(来月につづく)

MR95 NHKFM 「恋する夏の日」 天地真理は偉大なアイドルだ!


 本日、2017年7月13日、木曜日、NHK・FM、13時00分から始まった歌謡スクランブル「夏色コレクション」で、1970年代のヒット歌謡曲が次々と流れました。2015年 7月25日の天地真理作品集の時と同じ、逢地真理子さんの司会。
 まるで、ファンファーレのように、第1曲は、「恋する夏の日」でした。真理さんの歌声は、編曲ともどもダントツでした。
 天地真理は、真(まこと)に美声の歌手で、かつ偉大な国民的アイドルであります!真理さんの勢いのある歌声に脱帽でした!!

 「当時を知る多くの日本人 もっと素直になれヨ 恋する夏の日!! 」(字余り)
 
 MJ恋する夏の日NGB

 天地真理 恋する夏の日 (シングル・ヴァージョン)/ 風うさぎさん

 天地真理 恋する夏の日 (アルバム・ヴァージョン)/ 風うさぎさん

 01あなたを待つの恋する夏
 あなたを待つの~テニスコート♪ 必ず来てネ!!

 02愛することを恋する夏
 愛することを~♪ まず、左手、左足で右前に!!

 03はじめて知った恋する夏
 次は、右手、右足で左側に。 ~初めて知った~♪ 二回繰り返すのヨ!!

 天地真理 新曲「恋する夏の日」 1973.7.1リリース

 恋する夏の日クリア版201702

 中島志津男氏F.B./天地真理 「恋する夏の日」 クリア音声版

  恋する001-200
  「この年は年末も、この歌を歌いました。ちょっと無理してたけど頑張ったわ!
  お化粧もばっちりでしょ!特別なアイドルですから!」(お心を忖度すると)

  天地真理 恋する夏の日(1973)日本歌謡大賞ステージより

   DSCF8308-200
   2017年 天地真理カレンダー7月より。恋する夏の日Tシャツ。
    明るく、やさしく、超美人!!さっすが!!


【放送曲名リスト】
 歌謡スクランブル夏色コレクション(4)
 NHK・FM 2017.7.13 13:00~14:00

 1) 「恋する夏の日」天地真理
 2) 「真夏の出来事」平山三紀
 3) 「黄色い麦わら帽子」松崎しげる
 4) 「夏色のおもいで」チューリップ
 5) 「ひと夏の経験」山口百恵

 6) 「情熱の嵐」西城秀樹
 7) 「夏の誘惑」フォーリーブス
 8) 「涙の太陽」安西マリア
 9) 「イルカにのった少年」城みちる
 10) 「誘われてフラメンコ」郷ひろみ

 11) 「渚のシンドバッド」ピンク・レディー
 彼女らのこの曲も40年前のヒット曲。信じられません(涙)
 渚のシンドバッド 1977 Pink Lady Nagisa No Sindbad

 天地真理さんが三年弱、休業した初年、1977年夏のピンク・レディーのステージ。子供たちの熱狂が1番を経て、2番に異常に高まり、ミーちゃん、ケイちゃんと、彼女らを連呼します。真理ちゃーんと叫んでいた子供たちは、ピンク・レディーに、同様に熱狂していた青年たちはキャンディーズにその愛玩の対象を移して行ったのでしょうか。
 ピンクレディー 渚のシンドバット (77夏のちびっこものまね紅白歌合戦)

 12) 「夏が来た!」キャンディーズ
 13) 「あなただけを」あおい輝彦
 14) 「燃えろいい女」ツイスト
 15) 「真夏の夜の夢」野口五郎
 16) 「潮騒のメロディー」高田みづえ
 17) 「Mr.サマータイム」サーカス

 仕事で運転したり、降りたり、全部は聴けませんでしたが、真理さんのほかで色あせないと感じたのは、ピンク・レディーの「渚のシンドバット」でした。天地真理の次のスーパーアイドルは彼女たちでしたから・・・
 ふたりはデビュー曲から歌も踊りもシンクロし、完成度が高いアイドルでした。
 ピンク・レディー ペッパー警部 (1976)  歌番組初登場

 さすがに、レコード大賞のステージではセクシーさを控えた可愛い衣装でした。森光子さん、何故かはしゃいでいます。真理ちゃんに替わるスーパーアイドル誕生、女の感はするどいですネ!
 ピンク・レディー ペッパー警部 (1976) レコード大賞新人賞

おわり

MR94 もう一度流行歌「岬めぐり」1974年9月の曲


 今朝、2017年7月1日の朝日新聞、土曜版beの「もう一度流行歌」は、山本コウタローさんの、「岬めぐり」でした。
 この記事の読者が選ぶベスト15に、13位で天地真理さんの「想い出のセレナーデ」(1974.9.1)が入りました。 夏が始まる感のある7月1日は、当時、誰もが知る有名な「恋する夏の日」(1973.7.1)のシングル発売記念日ではありますが、まずは、真理さん、ファンの皆様、おめでとうございます。


北山崎北三陸海岸101

日本一AA級と評される海岸景勝地「北山崎」 岩手県北三陸

岬めぐり 【山本コウタローとウィークエンド】 -太田忠氏(ピアノ)



1974年6月1日,天地真理さんの「恋と海とTシャツと」と同日発売
上の「いいとも」の演奏は、この年より後、1980年代のものでは?

1974年9月流行歌朝日be

1974年9月ベスト15AS170701

真理さんの本来の生歌は、聴衆が礼儀正しいと、次のように素晴らしいですね。
Sugi4Geru氏/天地真理「想い出のセレナーデ」1974.9 歌のゴールデンステージ

 ところで、7月1日の記事にはちょっとでも「恋する夏の日」関連を載せたいですねぇ~!

 次はパクロンさんの新しい作品。「真理ちゃんの勢い」があっていいですネェ!

 Mari Amachi/Photo Movie/PAKURON氏

 7月上旬、日本列島の大半はまだ梅雨。前線による雨は西日本からこれから東日本、北日本へ、今少し、レイン・ステーションの心境です。上のベスト15で、沢田研二さんの「追憶」てなんだっけ?て思っていたら、「ニ~ナ、忘れられない・・・許して尽くして そばにいて・・・」でしたか。当時、歌番組でよくやっていたヒット曲でしたね。真理さんも、覚えている曲でしょうか。

 アン・ルイスさんのグッド・バイ・マイ・ラブも流行りました。いい曲、いい歌声でした。デビューはアン・ルイスさんの方が真理さんより先でしたが(1971年2月)、ヒットはこれが初めて。アンさんは、その後、ロック歌手となりド派手なステージを行っていたとか(1984年の六本木心中など)・・・。
 ロック歌手・桑名正博さんとの結婚と離婚。病気(パニック障害でライブができない)ため2013年、芸能会引退(Wikipedia)といわれています。アイドルの人生は確かにそれぞれですね。



この曲も、太田忠氏のスタインウェイのピアノは哀愁を表現して秀逸です!
Good-bye my Love 【アン・ルイス】-太田忠氏(ピアノ)


プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR