FC2ブログ

MR105 ジブリ紅の豚/時には昔の話をしよう(加藤登紀子)


 皆さん、おそくなりましたが、新年あけましておめでとうございます。今週も天地真理さんのF.B.に書き込み等しておりましたが、小生のブログの新しい記事は今年初めてとなります。

 さて、年末に、BSだったか、ジブリ映画の音楽で有名な久石 譲(ひさいし じょう )のパリ公演をみて、また、年開けにY.Tで聴いて、感激しています。
 久石さんは1950年生まれ、67才、国立音楽大学作曲科卒だそうで、天地真理さんとはちょっと近い間柄?ニアミスでしょうか。

 わたくし事ですが、この冬、もうじき60才の誕生日で定年を迎えるので、何かと用事の多いこの頃です。大学時代の友達からの年賀状ではもうすでに還暦を迎えた人もいて、つい数日前に突然、高校時代の仲のいい友達から葉書が来たり・・・。

 
  【名曲】時には昔の話をしよう/加藤登紀子さん

 ところで、冬はラグビーのシーズンですね。先週は大学ラグビーの決勝戦で明治大学が帝京大の9連覇をとめるまであと一歩(同点では双方優勝なのであと2点)でした。今日はトップリーグの決勝があったそうですが、応援している地元の釜石シーウェイブスは、トップリーグ下の8チームの新リーグ(サッカーでいえばJ2)で、最終7位で大阪府警と入れ替え戦でした。熱心な応援団がネット配信してくれるので、観戦しました。初めはハラハラでしたが、後半はやっと実力を発揮して勝利をおさめ、残留となりました。

 2017リーグ戦結果
 1stステージは5位、2ndステージの最終順位は七位でした。二つの惜敗が効きました。

 180118大阪府警戦スコア
  本日の入れ替え戦。がんばりました。

 2019年はラグビーワールドカップが日本で開催されますが、釜石市でも二試合ほどこの大会の試合が行われる予定です。
 釜石ラグビーと言えば、1970年代後半から1980年代前半、非常に強く、1月15日の成人の日、満員の国立競技場で、社会人リーグ優勝者として、大学日本一のチームと戦い、圧倒し、七度の日本一に輝きました。
 私の通っていた高校は、釜石ラグビーチームのホームグラウンドの隣にあり、日本一に上り詰める前の練習も、眼を見張るものがあり、鮮明に記憶に残っています。

 小林日出夫明治ラグビー部
 1981年度 大学日本一となった明治ラグビー部 小林日出夫氏

 小林日出夫ラグビー
 伝説のラガーマンと言われる小林日出夫氏
 目黒高校、明治大学、新日鉄釜石 いずれの時代もキャプテンとして日本一に 
 首のけがで引退したが記憶に残る名プレイヤーである

 角日出夫氏08
 チタカ・インターナショナル・フーズ(株)、「パステル」の社長 角日出夫氏(旧姓 小林)

 角日出夫社長プロファイル

 なめらかプリンDSCF8830-200
 パステル「なめらかプリン」 釜石SWの試合で提供される

 スクラム釜石738908
 震災後発足したスクラム釜石(代表 石山次郎氏) 挨拶する松尾雄治氏

 179024DSCF8833-200
 これは昨年9月、釜石シーウェイブスの地元での九州電力戦の様子。手前の若いご夫婦、お二人とも顔にペイントして応援です。サッカーのワールドカップみたい。

 皆さん、時には友人と昔の話をしたい心境になりますよね。私の学生時代は、天地真理さんとその代表曲は知っていても、コンサートに行ったことも、レコードを求めて買ったこともなく、ただただ、高校一年の春、「若葉のささやき」に感動した想い出があるだけなのです。だから再発見・天地真理なのですが、ファンクラブの皆様と東京での会(3回だけ)でも、SNSやブログのコメント会話でも、ちょっとさびしい感じですネ。この気持ち、ちょっと鬱かな、真理さんの1月のカレンダーは元気そうに私を見ているのですが・・・

 八ツ場ダムばくもんDSCF8381-200
 昨年、NHKのバクモンで八ッ場ダム(やんばダム)の建設現場が紹介された。

 シャンソン館渋川市
 群馬県渋川市のシャンソン記念館 シートにもたれてシャンソンを聴いた
 1998年頃 八ッ場ダム関係のハードな地質調査に従事し週末に渋川に滞在

 
  Porco Rosso - Le temps des Cerises - Tokiko Kato

 そうは言っても最近の天地真理さんに習い、元気を出しましょう。次は同じくジブリ映画「天空の城ラピュタ」からトランペットの名曲をどうぞ。いくつになっても新しい朝は来ますから・・・。落ち着いたら、銀座のスクリーンコンサート行きたいなぁ~。

 
  Laputa - A Morning of the Slag Ravine (Pazu's Trumpet Solo)

(おわり)
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
大津波の甚大な被害は住民にも地域にも大きなPTSD(心的外傷後ストレス障害)。「夏を忘れた海」と生きる人々の心の復興を願う。三陸海岸K市育ち,杜の都在。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR