MH12.3 昭和47年の紅白歌合戦 心臓バックバク


 昭和47年( 1972年)12月31日、天地真理さんはNHK紅白歌合戦に初出場され、純白のスーツスタイル、紅組トップバッターで「ひとりじゃないの」を熱唱されました。
 この年、ナベプロ同期の小柳ルミ子さんは、「瀬戸の花嫁」が大ヒットし、当然、紅白の二回目出場をはたされました。
 
 私は、11月初旬に瀬戸内海~九州旅行の手記を掲載しましたが、その後何度かこの曲を聴いていました。ところが、お気に入りの瀬戸内の現地どり動画が削除されたため、他の動画を探していて、この時の真理さんの貴重な応援姿を発見しました。

 ルミ子さんの歌唱が続き1:40になったとき、カメラが引いて、紅組の応援列に白と青の衣装の天地真理さんがいらっしゃいます。この衣装は、直前のTBSレコード大賞で大衆賞を受賞した時のステージ衣装です。
 曲終盤では、紅組の皆さんがルミ子さんの周りに集まります。真理さんは、いしだあゆみさんとお隣で、祝福の笑顔。 ルミ子さんの大ヒットに、やさしい真理さん、満面の笑顔でした!!! 

 再発見した私は、大衆賞で森光子さんからインタビューされた真理さんのお答えのように、「心臓バックバク」(正しくは「ドッキドキ」)という感じです。

     瀬戸の花嫁応援列_convert
      花嫁のお出迎えです。

     瀬戸の花嫁応援003_convert
      ルミ子さんの右に真理さん、いしだあゆみさん

     瀬戸の花嫁応援002
       熱唱する小柳ルミ子さんとご機嫌の天地真理さん
      
       瀬戸の花嫁/小柳ルミ子 NHK紅白(1972)
   

コメントの投稿

非公開コメント

私もドキドキでした!

今さらですが、衣装を見る限り、小柳ルミ子が「瀬戸の花嫁」を歌うので白いドレスになったようですが、この衣装、真理ちゃんの方が似合うと思う。なぜかというと、ソニーの白雪姫がキャチフレーズでデビュー。といいつつ、真理ちゃんのドレスもこの時の紅白はバッチシお似合い。イメージはデビュー曲の「水色の恋」のイメージを大切にしたいからだろうか?
配色が青と白のドレス。熊五郎は、紅白に見入っているハズなのにこのシーンは全く記憶にない。私も心臓ドキドキでしたよ。
多分、目は真理ちゃんだけしか追っていないからだと思う。ガハハハ。

Re: 私もドキドキでした!

熊五郎さん。いつも楽しいコメント、ありがたきかな。
最初の画面で昭和47年の紅白か・・・と思ったとき、そういえば真理さんは初出場。トップバッターで歌い終えてるはず・・・・ということで、もしやもしやで、にこにこ顔の天地真理さん発見でした。

私も熊五郎さんと同じで真理さんしか見ていませんでした。ライトの陰で、紅組の皆さんで並んでいても、なぜか白と青の衣装の真理さんにビビビビビー!ルミ子さんが歌い終える間際も、真理さんのお顔の一部も見逃すまいとしている自分。この気持ち、うちの家内には内緒です。同じく、ガハハハです!
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR