MW04 加藤登紀子さん歌う 「今どこにいますか」


 3.11の大震災から十日余りで、加藤登紀子さんは、被災地に向けてメッセージソングを発信されました。
 ジョーン・バエズになんら引けをとらない本当のフォークソングがここにありました。
 震災直後、被災地・仙台も混乱し私にはわかりませんでしたが、加藤さんは震災から一か月ほどで、早くも被災地入りして、長靴姿で、ギター一本、避難所を回られ、温かな歌を披露してくださいました。
 歌は心、歌手は心、遅ればせながら、本当にありがとうございました。
 目頭が熱くなり、深く頭が下がる思いです。


     


     


      


 加藤登紀子さんのデビューは、1965年(昭和40年)、東大在学中のアマチュアシャソンコンクールがきっかけだったそうですが、代表的な大ヒット曲に、1966年「赤い風船」、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年(S46)に森繁さんも歌われた「知床旅情」があります。海外でのコンサートも多く、三陸や宮城・福島の被災地支援のほか、TV・ラジオ出演、全国各地でのほろよいコンサート等、今も第一線の歌手活動をされています。

   加藤登紀子HP;TOKIKO WORLD

 ところで、加藤さんの「知床旅情」がヒットしたこの年は天地真理さんのデビュー年。そういえば、学生時代や青春期を北海道で過ごすことになった私が、知床や宗谷岬、雪の札幌、時計台に魅せられたのはこの年だったのです。
 翌1972年(S47)5月、中学の修学旅行が三陸の街から函館、札幌の旅だった小生。札幌オリンピック直後、吉田拓郎の「結婚しようよ」(2月)、そして国民的スーパーアイドルの「ひとりじゃないの」(5月)の大ヒットもこの1972年でした。
 天地真理さんの全盛期に多感な青春期を送っていた小生にとって、正直、彼女の多くの珠玉の歌唱やライブを知らず、オリコン上位曲しか記憶にないという謎を問う歴史の旅は、まだまだ続きます。

 P.S. 本日、2014年12月14日は、東京・代々木にて天地真理さんのクリスマス音楽会(会員外の一般の方にもオープン)がありました。ファンクラブ代表の真保さんに加え、天地真理さんも出席され、握手会もされたとのことです。にこやかな親子の写真が真保さんのツイッターで公開されました。真理さんは紅白初出場を想わせる白の上下スーツ姿でした。小生、またまたグッときました。(当速報は、Sakuraさんの電子掲示板「天地真理~さくら貝」から。Sakuraさん、いつもありがとうございます。)
 ちなみに、昼のNHKのど自慢は富山県魚津から。トップバッターの元気な奥様が、ラケットを手に天地真理さんの「恋する夏の日」を歌われました。残念ながら鐘の数は少なかったですが、さっそうとされて明るい女性でした。もっと長く歌われて、さびの振り付けを見たかった。でもよかった、よかった。拍手!拍手!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR