MH12.1 札幌オリンピックの頃(1972年2月)

  
 今から43年前、1972年(昭和47年)2月3日~2月13日、第11回冬季オリンピック札幌大会が開催されました。
 天地真理さんは前年1971年10月1日に「水色の恋」でデビューし、12月にファーストアルバムを出されました。この時のアルバムの第9曲が公式にはトワエ・モアが歌った「虹と雪のバラード」です。会場にもテレビ放送でも流れたわけですが、外国選手にも人気があったと記憶しています。
 真理さんはとても丁寧に美しく歌っています。真理さんバージョンは公式採用はされなかったわけですが、オリンピック直前の2月1日に2枚目のシングル「ちいさな恋」を発売しました。この曲は、真理さんの人気を急上昇させた曲で、2曲目にしてオリコン最高位一位に躍り出た記念すべき曲となりました。日本人の大衆は、笠谷幸生(かさやゆきお)選手ら、ジャンプ日の丸飛行隊の金、銀、銅の表彰台独占や愛くるしい米国人フィギアスケーター、ジャネット・リン(ころんで尻餅をついてもフリー1位、総合3位、選手村の部屋の壁にPeace & Loveと書き残す)に大フィーバーをしていました。
 一方で、同時期に、二十歳の天地真理さん、大ブレイクが始まっていました。小生は中学生、知らなかったなぁ・・・なぜでしょう。

笠谷さん金メダル

札幌ジャンプ飛行隊

ジャネット・リン101

札幌オリンピック 写真上:笠谷幸生さん(70m級金)
中:日の丸飛行隊 笠谷さんと金野昭次さん,青地清二さん
下:女子フィギュアースケート ジャネット・リンさん(18歳)



 上の動画は驚きです。ジャネット・リンさんのスケーティングは、今の荒川静香さんや浅田真央さんに比較してもスピードがあり軽やかです。当時、世界一のフィギュアスケーターと呼ばれていたことが良く分かります。40年余り前の演技、芸術。良いものには国境も時代も関係ありませんね。


荒川静香トリノ金メダル

 ジャネット・リンのフィーバーから、34年後の2006年、荒川静香さんがトリノ五輪、女子フィギュアで金メダル。記憶に新しいところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

札幌オリンピック。70m級ジャンプの日本チームのメダル独占。なつかしいですね。ジャネット・リンのさわやかな笑顔。天地真理の真理ちゃんスマイル^^1972年の象徴ですね。次の年がオイルショックですから時代の節目だったのでしょうけどね。わたしの中学生時代ですけど。

もっとも天地真理バージョンの「虹と雪のバラード」を知ったのは、最近ですけどね。

九州はもう春でしょう

しんりさん、第二回東京オリンピックの次は第二回札幌オリンピック、だそうです。あれから43年もたったのに、真理さんの歌が色あせないことが不思議です。真理さんが最近FaceBookで、語りだしました。これからも楽しみです。真理さんの全盛期からの熱烈ファンには並ぶこともできませけど、トホホ・・・・
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR