MH09 カラーテレビの普及と真理ちゃんブーム


 日本のカラーテレビ放送は昭和35年、NHKと民放4局によって、試験放送がはじめられました。当初カラー放送は一日一時間。国内には白黒テレビの台数が大半であるため、カラー放送も白黒テレビで受信できるシステムで放送されました。この時代、昭和38~41年放送の鉄腕アトム、エイトマン、スーパージェッター等の人気テレビアニメや「ひょっこりひょうたん島(NHK人気人形劇)」からわかるように白黒アニメの全盛期で、子供たちは毎日わくわくしてテレビを見ていました。
 NHKは昭和39年の東京オリンピックで一部カラー放送を行い、衛星による海外向け放送を成功させ、ついに昭和41年(1966年)、カラー本放送に踏み切りました。その後、天地真理さんのデビュー翌年、昭和47年(1972年)、NHK総合テレビで全番組カラー放送を開始したのでした。

 「うちのテレビにゃ色がない。隣のテレビにゃ色がある。あらまぁ、きれいとよく見たら・・・」エノケンさんの三洋カラーテレビのコマーシャルはとても楽しい歌声でした。たしかに昭和39年(1964年)の東京オリンピック後、我が家もシャープのカラーテレビを購入したと記憶しています。このテレビで、日本で最初のフルカラーアニメ「ジャングル大帝レオ」(手塚治虫作品、昭和40年10月から昭和41年2月放送)を楽しみました。

   

 先日のNHK・BS、渡辺プロ創設者「渡辺晋」氏の特集番組にあったように、カラーテレビの影響力で、天地真理さんの国民に広く認知されたスーパーアイドル化は急速に実現され、一つの社会現象になったのだと思われます。以下は、天地真理プレミアムボックス解説書からの引用です。

 『天地真理が一世を風靡した1970年代前半は、カラーテレビが急速に普及した時代である。その普及率は70年には20%台だったが、真理さんがデビューした71年には40%を超え、人気が爆発した72年には60%台に、そして絶頂期の73年には80%近くへと、“真理ちゃんブーム”と比例するかのように飛躍的に伸びていった。カラフルな夢の世界を歌って国民的アイドルとなった天地真理は、まさにカラーテレビをステージに成長したと言えよう。デビュー作のTBSドラマ「時間ですよ」が、天地の登場した第2シリーズからカラー化されたのも象徴的である。
 そんな天地真理にとって、代表作と呼べるテレビ番組がTBSの真理ちゃんシリーズだ。アイドルの名を冠したバラエティー番組のルーツとも言え、毎週木曜日19時というゴールデンタイムに全国放送され高視聴率をマーク。30分という放送時間に歌とメルヘンの世界を凝縮した構成が、子どもたちの圧倒的な支持を得たのである。2クール(半年)ごとにタイトル、内容をリニューアルしながら実に2年半も続く人気番組(5タイトル)となった。』(天地真理プレミアムボックス解説書,DVD真理ちゃんシリーズ,p2,一部加筆)

カラーTV天地真理004-200

冠番組「真理ちゃんとデイト」など、みずみずしい若さの天地真理様

PAKURONさん 天地真理/ビビディ・バビディ・ブー

 以上で、予定していた戦前、戦中の昭和から戦後の高度成長期まで、国民的スーパーアイドル天地真理誕生の前史を、拙い文章ですが、概略、記してみました。天地真理さんの全盛期のコンサートやテレビスタジオに行った経験のない私ではありますが、これからもファンクラブの1会員として、真理さんの活躍した時代、真理さんの全シングル・全アルバム曲の個人的な分析などをテーマに不定期ですが書き続けたいと思っています。
 また、2011年3月の大津波から5年目を迎えた三陸海岸、仙台・福島沿岸の復興の話題や2019年ラグビーワールドカップに向けての郷里・釜石の様子を、つれずれなるまま書きたい!大災害を経て生きている証にです。とても乞うご期待とは言えませんが、皆様、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR