BL05.2【コンサート、イベント、映画、舞台】


 天地真理のデビュー翌年1972年から1976年までの初期5年間のコンサートや芸能活動は次のようであった。(ちなみに、1977年1月23日から1979年6月7日まで甲状腺機能不調などを理由に長期休業した真理さんでした。)

[1972年]
 1972年3月19日、「青山タワーホール」にて第1回ファンクラブの集いが開催され、2000人が集合。

青山TH初コン天地真理mrsakurai

「青山タワーホールでやった初めてのコンサート。デビューしてまもない
頃でした。BUZZ SHOPの服を着ています。懐かしい!」(天地真理)
「ハイ、私がプレゼントしたものを持っています。」(Mr.Sakurai)
天地真理公式Face Book 2017.5.5のコメントより

 1972年5月28日、「日比谷公会堂」にて初コンサート「真理ちゃんと日比谷でデイト」が開かれ、5000人の観衆が集まる。

真理ちゃんとデイト看板

真理ちゃんとデイト0012

真理ちゃんとデイト002

真理ちゃんとデイト005

日比谷でデイト01

この様子は次の貴重な動画から
4chan Mameyaさん 天地真理/水色の恋

 1972年7月5日より、TBSテレビ水曜劇場「おはよう」にレギュラー出演。
 1972年9月30日から封切りの松竹映画『虹をわたって』(監督:前田陽一)に主演(星野マリ役)。
 1972年12月24日、「日本武道館」にて「3人娘クリスマス・ショー」開催。

[1973年]
 1973年4月7日、埼玉県所沢市の西武園ユネスコ村での「若葉のささやき」(3月21日発売開始)の新曲発表会において、3万人の入場を予定していたイベント「真理ちゃんと3万人のウィークエンド」に、全国から10万人に及ぶファンが集まる。
 1973年4月29日から上映の松竹映画『愛ってなんだろ』(監督:広瀬襄)に主演(浅見麻里子役)。

 1973年7月19日 天地真理の母が新宿に小料理店「てまり」をオープン。ただし、本人は1973年7月19~27日、同時期に急性盲腸炎のため銀座・菊地病院に手術入院していた。

 1973年8月14~20日に大阪・梅田コマ劇場で初のワンマンショーを行う。
 1973年11月18日、ファンとのイベント「真理ちゃん気球に乗って大空へ」が開催され、5000人が参加。
 1973年のブロマイド年間売上枚数が女性部門で1位になる。
また、人気アイドルとしてキャラクターグッズ(下敷きなどの文房具やトランプなどの玩具)が多数つくられ、さらにはブリヂストンからは自転車「ドレミまりちゃん」なども発売された。今では当たり前となったアイドルグッズのはしりといえる。

[1974年]
 1974年元旦~7日、東京・日本劇場で小柳ルミ子とハッピーニューイヤーショーを行う。ゲストは井上順。
 1974年3月25~31日、東京・浅草国際劇場で「天地真理ショウ」を行う。
 1974年4月3日、大阪フェスティバルホールにてフォークコンサートを開く。
 1974年4月5日~9月21日放送のTBSテレビ・アニメ『星の子チョビン』(原作:石森章太郎)でナレーターを担当する。
 1974年6月1日、葉山マリーナ第1回天地真理杯ヨットレース開催。(「恋と海とTシャツと」発売日)
 1974年8月15~21日、大阪・梅田コマ劇場でワンマンショーを行う。

【人気絶頂期のコンサート;名唱「水色の恋」オープニング】
 1974年9月15日、東京「九段会館」にてライブコンサート「天地真理オン・ステージ」開催。後に、二枚組LPにレコード化(1974.12.10リリース)された。

[1975年]
 1975年元旦~6日、昨年に引き続き東京・日本劇場で小柳ルミ子とハッピーニューイヤーショーを行う。ゲストは愛川欽也。

 二年半続いたTBS真理ちゃんシリーズの終了に伴い、心身の疲れを癒すべく、1975年2月3日~3月4日、約1カ月の休暇をとり、単身でヨーロッパに滞在する。

 1975年4月19日、東京・中野サンプラザホールで初のリサイタルを昼夜2回行う。

【唯一の主演ミュージカル】
 1975年5月31日~6月24日、日本劇場のミュージカル『君よ知るや南の国』(原作:ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』)に主演(ミニヨン役)。好評を博する。

 1975年8月7~12日、大阪・梅田コマ劇場でワンマンショーを行う。
 1975年9月から10月にかけ各地で民音コンサート開催。

[1976年]
 1976年1月元旦~7日、東京・浅草国際劇場の「新春・森進一ショー」に特別ゲストとして出演する。

【伝説のコンサート】
 1976年4月17日、東京・芝の郵便貯金ホールで「天地真理コンサート・私は天地真理」(その内容はのちにレコード化される。同年6月1日リリース)を行う。太田裕美が激励に駆けつけた。森光子は客席でコンサートを鑑賞していたが、アンコールの「水色の恋」で再び緞帳が上がると、客席から舞台に上がり、「水色の恋」を歌う天地に寄り添い激励した。

 1976年7月20日、葉山マリーナ第2回天地真理杯ヨットレース開催。
 1976年8月7~9日、大阪・梅田コマ劇場でワンマンショーを行う。
 1976年8月27日~9月1日、デビュー5周年を記念し日本劇場にて「天地真理ショー 愛の渚」が開催される。
 1976年9月8日~12月16日、音協全国縦断ツアー「天地真理リサイタル――そよ風に誘われて」敢行(9月8日中野サンプラザホール、9月17日浜松市民会館、9月27日川崎産業文化会館、10月27日名古屋市民会館、10月30日京都会館第1ホール、11月28日日立小平会館、12月7日大阪厚生年金会館、12月10日宇都宮栃木会館、12月16日千葉文化会館)。


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^-^*)/

銀河鉄道ジョバンニ様

わーい 真理ちゃんblogですね。

拝読しました。これからも楽しみに来させて頂きます。
開設おめでとうございます。

ようこそ

いらっしゃ~いです。ではでは・・・・
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR