MR42 FM軽井沢 太田忠氏の「天地真理特集」第三回


 本日(2015年8月1日)、16時から17時の1時間、太田忠氏のFM軽井沢(インターネットで視聴可能)の経済・金融番組で、特別番組「天地真理特集 第三回」がありました。放送は正真正銘の軽井沢から、人気絶頂期の「恋する夏の日」で始まり、四拍子そろった名唱が続き、オリジナルアルバム(LP)童話作家の「返信」で終わりました。
 真理さんのファン層では、お若い方の太田忠さん、一部ピアノを披露しながら、音楽通で小気味良い解説をされ、真理さんの人気絶頂の夏の代表曲から、隠れた名曲まで真理さんの素晴らしい歌声、作品をオン・エアしました。軽井沢に避暑や旅行で訪れた普段、真理さんを忘れていた方々も、奥深い真理さんの美声を再発見したのではないかと期待してしまいます。
 以下に、自前のメモと録音から、いつものように放送を復元しようと思います。小生、職業柄、顧客との打合せ後は、重要な打合せ協議記録を取り交わすことになっています。よって、まとめて記録することが職業病なのです(笑)。また、皆様、いつものように、お気づきの点はコメントにてお教えくだされば幸いです。

石巻川開き001
石巻市・旧北上川での川開き、震災から5回目の夏、灯篭流し(2015.7.31)
東北は、ねぶた、竿灯、さんさ、七夕、花笠、わらじ6大夏祭りの季節です。

2015盛岡さんさ(毎日新聞HP)02
岩手・盛岡市「さんさ踊り」夏まつり2015
さんさ踊りの夏、幸せ(毎日新聞HP)

放送の概要
テーマ1【人気絶頂期の天地真理さん】
第1曲 『恋する夏の』」(1973.7.1リリース)天地真理7枚目のシングルA面
・45才以上ならだれでも知っている、ここ軽井沢をモチーフにした有名な曲。当時めずらしい振り付けも話題となりました。
・今回Sony最新製造技術Blu-specCD2による鮮烈な音源で放送
・2014.7.30発売 「ゴールデン☆アイドル 天地真理」から
・10小節、16秒のイントロ[ロックンロール、サスフォー(サスペンテッド・フォース)]が効果的。太田さんのピアノ実演による専門的な解説がありました(素人にはちょいと難しいお話しです)。作曲者は森田公一さんであるが、このイントロを作った編曲者の馬飼野(まかいの)俊一さんの功績は計り知れません。

第2曲 『恋する夏の日』 1974.9.15ライブ、「天地真理オン・ステージ」から(編者注:当ブログの巻頭に紹介しています)
 人気絶頂期のライブの声援。もの凄い熱気です。これがトップ・アイドルの人気です。当時のファンの中心層も今や還暦前後の年齢に。時のたつのはいやはや恐ろしいものですね。

テーマ2【一般には知られていないが、はちきれんばかりの素晴らしい歌唱】
第3曲 『好きだから』 天地真理二枚目のオリジナルアルバム「ちいさな恋/ひとりじゃないの」(1972.6.1) 作詩/後藤益子、作曲・編曲/森岡賢一郎
 
 詩の内容は「好きだから、好きだから、私はお嫁に行きたいの」という通俗的な歌詞。今の時代ならレコード会社は絶対発売しない歌詞だと思われるが、最高の歌い手・天地真理さんのファルセットが圧巻、独壇場のあっぱれな歌唱であった。この曲を初めて聴いたときパッパヤパーのコーラスに何んだバカバカしいと思ったが、天地真理さんの圧倒的な歌唱力に驚いた太田さんでした。

  エレノアさん 天地真理/好きだから ピアニストもチェロを弾くほどお気に入り


[広告 ] VPS

太田忠氏解説 人気絶頂期の「恋する夏の日」と「好きだから」

テーマ3【全盛期後、笑顔が消え人気低迷するも歌唱力がアップしていた天地真理】
 「恋する夏の日」で50万枚のレコードを売り上げた天地真理さんであったが、その後、レコード販売実績が減少する(シングル12枚目以降はピーク時の1/10の売り上げ)。太田さんは小学生の4年生ぐらいに、輝かしい笑顔が消えて髪形、雰囲気もかわった別人の天地真理さんに衝撃を受けたそうです。天地真理さんと言えば、明るい笑顔で人気があったから、人気低迷は、ファンの誰もが求める笑顔が消え(編者注:強引な大人の歌へのイメージチェンジに無理があったという意味だと思うのですが)、かつ根も葉もないゴシップに悩まされたからという見解を披露されました。
 しかし、人気低迷とは裏腹に、歌唱力は増々アップする歌手・天地真理さんでした。
「絶頂期後、笑顔が見られなくなり人気が低迷したが、歌唱力はアップして行ったことは、じっくり聴いていただければ明らかだと思います。」太田さんは小気味よくズバリと話されました!

第4曲 『初めての涙』(1975.5.21)14枚目のシングルA面
 作詩/安井かずみ、作曲/宮川 泰、天地真理主演ミュージカル「君よ知るや南の国」主題歌
  MIXyan.さん 天地真理/初めての涙
第5曲 『夕陽のスケッチ』(1975.12.5)16枚目のシングルA面
 当時のプロデューサー白川隆三さんが作曲家・筒美京平氏を起用した作品。
  Mari Ageinさん 天地真理 夕陽のスケッチ


青い矢車草DSCF5664-200
「真夏の華」。うちの庭に矢車草(菊)の青い花が咲きました。

 天地真理さんは、この後(1977年1月から1979年にかけて)体調不良で休業しましたが、再デビュー、復帰後も次のような素晴らしい作品を残しています。

第6曲 『初恋のニコラ』(1980.9.1)21枚目のシングルA面
 シルビーバルタンの同曲のカバー
 hiroIGA51さん  Mari Amachi in Pari "nicola" HD
第7曲 『私が雪だった日』(1983.2.1)22枚目のシングルA面
 かつての白雪姫だった自分への追想とそれからの脱却の決意を描いている。
 BL17.1 Mari Ageinさん 天地真理/私が雪だった日

テーマ4【四拍子揃った素晴らしいオリジナル曲】
 天地真理さんには、シングル曲ほど有名ではないが、LPには作詩・作曲・編曲・歌手の四つの要素が見事にマッチした素晴らしい第一級の作品があります。ここで次の3曲をお聴きいただきましょう。

第8曲 『白いバラの道』(LP「ちいさな恋/ひとりじゃないの」1972.6.1から)
 FM軽井沢の番組「天地真理ミュージック・コレクション」(現在終了)のテーマ曲
第9曲 『ミモザの花の咲く頃』(LP「若葉のささやき/さよならだけ残して」1973.4.21から)
 ワルツの名曲。「とても幸せすぎて~♪」
  hiroIGA51さん 天地真理 愛の歌手「ミモザの花の咲く頃」
第10曲 『あなたの故郷』(LP「空いっぱいの幸せ/オリジナルポップス&フォーク」1973.12.5から)

 さらに時代性など五拍子揃うと「水色の恋」や「恋する夏の日」のような後世に残る名曲となるのです。

 最後に、天地真理さんがご自身のお母さんに歌った曲をお届けいたしましょう。
第11曲 『返信』(LP「童話作家」1976.12.21から)
 「ありがとう・・・お母さん・・・。幸せって・・・。ごめんなさい、お母さん・・・私やっぱり走ってみます、ひとつの愛を追いかけて」

お母さんと一緒に
お母さんと一緒。温かい親子の笑顔、いいですね。
hiroIGA51さん 天地真理 母への誓い「返信」

 太田さんの最後の御挨拶。「あっという間の60分でした。本日の番組のご感想をFM軽井沢へお寄せください。8月22日に第四回を放送します。ご期待ください。」

 以上が第三回、第一級の歌手・天地真理特集の概要でした。

天地真理様より
「私も聴きますので、皆さんも是非聴いて下さい。宜しくお願いいたします。太田さん心をこめて、ありがとうございます。」
 ~天地真理(青木真理) Face bookより~


コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます

hatogairu kouen様

早速、8/1の天地真理特集③のご紹介をいただきまして、ありがとうございます。

ご指摘の通り、天地真理さんのファン層の中では昭和39年生まれの私は若い方だと思います。何度かファンの集いに参加した印象では、ファンの平均年齢は私より7歳くらい上ではないでしょうか。ということは、私が小学4年生だった時、すでに皆さんは高校2年生だったわけで、世の中の見え方は全く違うでしょうね。さらに、天地真理さんに対する理解力の有無で彼女への評価も全く異なってくると思います。私のような無知な一般人の見方=表層しか見ない大衆評価というのが、人気低迷に一気に拍車をかけたと思います。

いずれにせよ、「ひとりじゃないの」や「恋する夏の日」の真理さんを知っていた私が、いきなり突然見た1974年暮れの紅白歌合戦の「想い出のセレナーデ」には驚きました。あまりにも印象が違っていたため、家族に向かって「この人、天地真理と違うよ!」と真顔で言っていたほどです(当時は、天地真理さんのファンではありません)。今、思い出しても非常に興味深いです。

天地真理特集⑤あたりで「天地真理さんの歌そのものが持つ力」について何か良いメッセージが出せないかな、と考えております。

よろしくお願いいたします。
太田忠

Re: いつもありがとうございます

太田忠さま

コメントありがとうございます。天地真理さんの特集は、通常1,2曲かかれば大歓びという現状に合って、大変貴重なものです。しかも、先日のNHK・FMは近年にないファン垂涎の番組でしたが、一般向けのためあの頃の誰もが知るヒット曲を優先に構成され、他に多数ある名唱の紹介までは及びません。その意味でも、自信の仕事に成功を収めつつFM軽井沢に毎週1時間番組をもつ太田さんは、音楽通で真理さんの曲の秀出たピアノ演奏を公開されている方。天地真理さんがこころから感謝しますとおっしゃる通り、真理さんの再評価には最適な方のお一人に違いありません。放送を拝聴すると細部にわたり真理さんの歌唱と歌謡界、音楽全般について深い知識がおありになり、驚くばかりです。アナウンスもかなり上手で、これは持って生まれた才能でしょうか。

年齢のことは気にしないでください。こういう私も真理さんのコンサートが来るなずもない三陸・釜石の出身で、真理さんの1972年のブレイク時中学三年生、むしろ吉田拓郎の「結婚しようよ」が好きでした。真理さんの強烈な印象は翌年、高校1年生の「若葉のささやき」で、脳内の血液が真理さんの美声で交響曲のバイオリンのように爽やかに浄化され激しい快感が何度もありました。一生忘れられない体験でした。

震災後、動画サイトの影響で真理さんのファンの方々と知り合うと、さくらさんやひこうき雲さんらの熱心な方々は、当時のコンサートや雑誌・写真など生の全盛期の真理さんとの接触や追っかけをされており、S33年生まれの57才の私より上で、真理さんと同年齢前後の方々です。しかし、最近、70才の舟木一夫さんがおっしゃっていましたが、コアな自分のフアンはリアルタイムに自分を知っている年齢層で上は10才、下は15才、すなわち80才から55才だそうです。おそらく、お若い方がITにもたけ、体力がありますから、活躍が出来るのではないでしょうか。

> 天地真理特集⑤あたりで「天地真理さんの歌そのものが持つ力」について何か良いメッセージが出せないかな、と考えております。

天地真理さんの歌の特徴は、歌声の伸びと広がり、明るさ、癒し、やさいさ、かわいらしさ、愛情、友情、元気と励まし・・・いっぱいありますね。回答になったかなぁ~。

ありがとうございます

hatogairu kouen様

以前にも書かれていた舟木一夫さんの話は面白いですね。天地真理さんに当てはめると下限は48歳くらい、ということで私より3つくらい下の人ですね。イイ線だと思います。以前、若手の音楽関係の人たち(30~35歳の年代)の何人かに「天地真理って知ってる?」と聞いたところ、誰も知りませんでした。年齢層の違いでこれほどの差があります。

「天地真理さんの歌の持つ力」はリアルタイムで歌っていた時代の「力」に加えて、今の彼女だからこその「これまでにはなかった新たな力」が輝き始めている、と私自身は思っています。そのあたりを1つのテーマとして取り上げるつもりです。あまりに魅力がありすぎると、言葉で人に伝えるのはかえって難しいところではありますが。

太田忠
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR