MW14 臼澤みさき「鳥になりたい」feat.江崎とし子


 三陸(かまいし)の静かなお盆に帰省してきました。大正15年生まれ、89才になる母も元気でした。震災後復活したお盆の花火大会は前週末でした。次女が可愛いS君と地元出身の旦那さんと関東から里帰りして観たそうです。
 市の中心地、新日鉄住金・釜石製鉄所の敷地内にできた大型スーパーイオンだけじゃなく、周辺の中規模スーパーや商店もそこそこのにぎわい。まだ仮設住宅は残っていますが、復興住宅も出来てきて、被災地は少しずつ元気になってきているように見えます。余りに大きい津波によって、失われた多くの地元の方々の命は帰りませんが、魂は空から見ていてほしいと思います。震災から4年5か月ですが、5回目のお盆です。
 大槌町出身の三陸の歌姫、臼澤みさきさん、今は盛岡市内の高校生です。生まれ育った三陸の海の青、潮の香り、豊かな海の恵みと人情に加え、石川啄木や宮澤賢治が愛した詩情あふれる岩手の澄んだ空気が融合して大きな歌を歌っています。皆さん、応援してくださいね。
  




 山地が海に迫るリアス式海岸。三陸海岸中部~北部は、三陸南部や伊勢志摩のリアス式とは違い硬い岩盤の山が海に没するような地形で、入り江の奥に砂浜や狭い平地があります。その海岸の山地に、1兆円ともいわれる巨費で杜の都・仙台に通ずる三陸縦貫道や北上山地横断道路(高速道路に準ずる高規格道路)の建設が進んでいます。
 これに加え、依然賛否はありますが、宮城県など海岸の巨大防潮堤の建設はこれから本格化する予定です。


仙台広瀬通花火20150805

仙台市広瀬通。杜の都、樹木が多く、花火が良く見えません。2015.8.5


甲子川定内橋上流LT20150815-200

釜石市内 甲子川上流方面。横断道路の工事中、山の切り取り”のり面”が見えます。


甲子川定内橋下流20150815-200

釜石市内 甲子川下流方面。ムーミン谷のような緑の谷間。海岸から7kmほど。


 そういえば、小学生から高校1年生まで、上の写真の甲子川(かっしがわ)に面した3階建てのコンクリートで出来た製鉄所の社宅の2階に住んでいました。そのとき、上の3階にお若いですが東京本社から来たエリート社員の家族がいらっしゃいました。奥様は美人で明るい方で、賢そうな男の子と可愛い女の子の二人のお子さんがいました。東京に比べてはるかに自然の中の釜石、大雨では川は満々と茶色の流れとなり、台風などでは対岸の山の松や他の樹木が大きく揺れるのが良く見えます。旦那様はすぐ昇進されるので、もっと上級の社宅に移れるのですが、奥様は「こんな自然は東京ではとても見られないわ。」とおっしゃって、しばらくこのアパートにとどまっていました。
 三陸海岸の町の通常の産業は漁業なので、小さな規模の経済なのですが、そんな狭い土地、狭い緑の谷間に、資源と生産一貫の釜石製鉄所があり、世界で指折りの企業の1製鉄所であったために、このような教養豊かで文化的な方々も住んでいらっしゃった。現在は高炉がなくなり、経済も人口も小さい町となりましたが、1970年代後半から1980年代前半に新日鉄釜石ラグビー部が日本選手権7連覇の偉業をなしとげたために、「かまいし」の名は規模に似合わない全国区となり、震災後、日本開催のラグビーワールドカップの試合を誘致し、被災地自らを元気づけようとしています。
 「がんばれ!か~ま~いし!」とは、現在クラブ化し釜石シーウェイブスと名前を変えたラグビーチームの観戦で、皆が応援するときの掛け声です。巨大な津波に、泥んこの津波堆積物に沈んだ三陸の各地にこそ 「がんばれ!〇○○!」の掛け声が、ラグビーワールドカップによって伝えられることを願っています。

 真理さん、芝生のグランドでなければ、どんなスター選手でもラグビーは泥んこ試合がありました。ラグビーでは転々とする楕円球のボールを追いかけ自軍のために身を挺してボールを確保することをセービングと言います。真理さんの全盛期の昭和49年(1974)頃、釜石が七連覇を始める前ですが、私の通っていた高校の隣のラグビーグランドでは釜石の選手が雨の降りしきる中、喜々として泥だらけでセービングを繰り返していて、わが目を疑うほど驚いた記憶があります。
 私は、「天地真理の人気は実力を正しく評価され、正攻法で回復するのではないか」という見方に同感です。人を癒し元気にする歌の得意な天地真理さんこそ、全盛期後の波乱万丈の泥んこから喜々として蘇ってほしいと思うからです。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR