MR48 天地真理さんの好きな♪ fly me to the moon


 天地真理さんは今年6月、公式 Face Bookサイトで、次のように書き込みました。

   『皆様こんばんは。お元気ですか?
   今雨が降っています。
   ふとジャズのfly me to the moonを口ずさんでいました 。
   静かな夜にはジャズが合いますよね。
   私はいつもCDを聴いています。
   音楽は心の支えで、一番の楽しみです。』
   (2015.6.26)

 さて、アメリカの月面有人探査船、アポロ計画の時代に、アメリカでフランク・シナトラによって歌われ、ヒットした"fly me to the moon"とはどんな曲でしょうか。

 この曲は、あのアニメ「エヴァンゲリオン」のエンディングテーマ曲に選ばれ、このアニメの主題歌「残酷な天使のテーゼ」で知られた高橋洋子さんによって歌われていました。

   


 【Wikipediaによる解説】
 『1954年、作曲家・作詞家のバート・ハワード(Bart Howard, 1915-2004)によって作られたもので、初演はニューヨークのキャバレー "Blue Angel" において、ヴォーカルのフェリシア・サンダーズ によるものであった。ただし、この時の曲のタイトルは
"In Other Words"(「言い換えると」の意味)であり、曲調も3拍子で、現在多く採用されているアレンジとは装いをかなり異にしていた。(中略)
 現在多く耳にする『Fly Me to the Moon』が完成するのは、1962年の事である。作曲家・編曲家のジョー・ハーネル (Joe Harnell) が4拍子のボサノヴァ風に書き直した曲が、現在よく知られているアレンジの一つである。その後、フランク・シナトラがカバーして爆発的なヒットになった。(中略)
 シナトラがこの曲を発表した1960年代、アメリカ合衆国はアポロ計画の真っ只中にあって、本当に『月に連れて行って貰える』のは、非常に近くまで迫っている、近未来の出来事であった。そのため『Fly Me to the Moon』は一種の時代のテーマソングのように扱われ、これがこの曲のヒットにつながった。シナトラ・バージョンの録音テープは、アポロ10号・11号にも積み込まれ、人類が月に持ち込んだ最初の曲になった。
 非常に多くの歌手がカバーしていることでも知られており、劇中曲として使用されることも多い。』

 確かに、どこかで聴いたことのある曲ですね。真理さんは、どこで聴いてこの曲が好きになったのでしょうか。
 1970年の第二回ヤマハポプコン、18や19才で、むずかしそうなOtherwiseを歌われた斎藤マリさん。1969年、アポロ11号が月面着陸に成功。真理さんも、フランクシナトラの歌を、当然、時代の息吹を、聴いていたのかもしれません。

   

    1969年、フランクシナトラのライブから、Fly Me to the Moon。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR