MW16 <もう一度会いたい>子を想う気持ち


<もう一度会いたい>何で先に逝ったんだ

 可愛い子供3人を、あの3.11の大津波で亡くしたお父さんの悲痛な心情が、宮城県の代表的地方新聞のHPに掲載されました。このブログのリンクの最上段からもアクセスできますが、次第に進む復興の様子が伝えられる一方、遺族の心情があれからもうじき5年となる今も語り尽くされることはありません。

 私はこの震災では家族や身内に家屋の被害はあっても死亡者はいません。が、震災直後の郷里・三陸、また宮城県内沿岸も、惨状はすさまじく、信じられないような悲しみが、東北沿岸の被災地域の住民に深く沈み込んでいるのです。

  河北新報 大震災3.11 <もう一度会いたい>より

 以下は、一部を引用しました。

 『涙で目が曇らなかった日を思い出せない。
 宮城県石巻市のKさん(53)は震災で、長女(当時18)、次女(同16)、長男(同12)を亡くした。
 人生これからという時に世を去った不遇を哀れむ。
 子を守れなかった無力を恥じる。
 頬がぬれる。
 子のいなくなった人生を送る意味を見いだせない。
 「死にたい」
 夫がそう口走っていたのを妻(45)は何度か耳にしている。
 針岡橋に足が向く。
 欄干からのぞき込む。
 津波の遡上(そじょう)で川が氾濫し、命を奪った。
 引き込まれそうだ。身を投げる衝動に駆られる。

<酒に逃げる>
 (中略)
 部屋には、子の写真をありったけ飾った。どこを向いても目に入るように。
 子と目が合う。
 鼻の付け根がツンとくる。
 酒に逃げた。意識が混濁し、悲嘆から解放される。
 こたつで寝入り、朝を迎える。
 酔いが覚めたら現実に引き戻される。それが嫌でまた酒に手を伸ばした。
 酒浸りで血圧が跳ね上がった。上で200を超す。血糖値もHbA1cが10%をオーバーした。
6%台後半で糖尿病と言われる。ドクターストップが掛かった。
(中略)

<男のくせに>
(中略)
 不意に涙ぐむことがある。スーパーで買い物をしている時とか。髪を切っている時とか。
 子とは無関係の何の脈絡のない状況でウッとくる。
 妻には「男のくせに」と言われる。
 多分、お前より心(しん)が弱い。
 泣いてばかりいる。
 遺品を手にしても。
 子と遊んだ公園を通り掛かっても。
 いわさきちひろの絵を眺めても。
 テレビの「はじめてのおつかい」を見ても。
 何で親より先に逝ったんだ?
 死ぬ順番を変えては駄目だ。』

  君をのせて My Boat for You 【沢田研二】 -太田忠(ピアノ)  

 戦後70年、激戦で亡くなった多くの日本人、アジア人、そしてアメリカ等欧米列強の戦士らの御霊。
  広島、長崎の原爆による悲惨な被爆者。戦後の度重なる自然災害や信じがたい列車や自動車事故。

 小生の身近かなところでは、父が1977年5月の三陸沿岸中部を襲った集中豪雨で、地域の消防団の水防活動に参加し、不幸にも濁流にのまれ、市内の河川本流に流れ、なくなりました。集中豪雨から二週間ほどたって、河口の砂浜に父の溺死体は上がりました。兄は、弟、妹に遺体を見せようとしませんでしたが、私は敬い愛する父親の最後の本当の姿を確かに見ておりました。その後、エゾが島の大学生活に戻っても、しばらくはこの事故がフラッシュバックし、父が濁流をどのように流れたのか、どんな苦しい悲しい気持ちだったのか、暗闇で冷たい水を飲みどんなに苦しかったのか、思うだけで深い悲しみと苦しさにさいなまれました。このような心情はしばらく続き、つらい悲しみでやせ細りました。
 そうは言っても、東日本大震災の高さ10mから30mにもなった大津波、遺族の耐え難い苦しみは想像以上だと思われます。

 このように悲しみはいつもこの地をおおっています。
 
 ひるがえって、われらが歌姫、天地真理さんは、戦後間もなく昭和26年のお生まれです。しかし、日本の復興と高度成長期を肌身で感じ、美しいファルセットと100万ドルのやさしき笑顔で、当時の日本人の大部分を元気にし、明るくしたのでした。
 真理さん、ファンクラブのイベントで泣いてばかりはいられませんよ。あなたがどんなに我が身を悲しもうとも、あなたの残した数々の笑顔と素晴らしいファルセット作品集、そして上手く歌うより大観衆に喜んでもらえるようにひたすら元気に歌ったお姿のビデオなど、今も立派に日々、日夜一生懸命働き、人々に癒しと幸いを届け続けているのです。

 破格の人気と高待遇、そしてその後の苦渋を経験した天地真理さん。漁業関係者が多い三陸、被災沿岸のわれわれは、きれいごとのスターなど敬いません。荒波にもまれた真理さんだからこそ、尊敬し、敬愛するのです。
 真理さん、分かってもらえますか。もう泣くのは、およしください。
 素晴らしいコンテンツを残し、なお温かい心をお持ちの天地真理さん。Face Bookのファンクラブ事務局長のお話のように、天地真理さんの癒しの歌声は、ますます、日本人に大切になっていくでしょう。

 次は、「天地真理オン・ステージ」のスクリーンコンサートが準備中とのこと。それにしても、真理さんの、冷静に振り返る、「天地真理半生記」が読みたいところです。真理さん、笑顔でごまかさないで、ちゃんと書いてね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR