MR51 筒美京平作品と天地真理(その1)


 筒美京平さんは日本歌謡界における稀代(きだい)の作曲家。多数のレコード大賞関係の受賞曲やレコードセールスの記録をもち、長期にわたり今も活躍する大作曲家と評せられています。

 御本人の最もお気に入りのヒット曲は、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」1971、堺正章「さらば恋人」1971、太田裕美「木綿のハンカチーフ」1975とされ、他に、セールスの大きかったヒット曲に、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」1968、岩崎宏美「ロマンス」1975、ジュディ・オング「魅せられて」1979、近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」1981、等が有名です。

 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 1969

 堺正章/さらば恋人 1971

 また、アイドルソングとしての次のヒット曲も筒美氏の作曲によるもので、当時、街中や昼休みや放課後の校内放送で、よく耳にしたものでした。いずれも、レコード大賞の新人賞や大衆賞を受賞しました。

  リリース     曲名/歌手
  1971.6.1    17才/南沙織
  1972.8.1    男の子 女の子/郷ひろみ
  1973.4.21   赤い風船/浅田美代子
  1973.7.5    私の彼は左きき/麻丘めぐみ

 南沙織/17才 1971

 南沙織さんは、初代アイドルと位置づける方もおりますが、レコードとステージ、TV出演で、歌唱がコンスタントに秀でています。新・三人娘は、三人三様の歌の上手さがありました。ちなみに、1971年レコード大賞新人賞に選ばれたステージに、小柳ルミ子さんらと登壇し、最優秀新人賞には小柳ルミ子さんが選ばれました。

   

 尾崎紀世彦 「また逢う日まで」 作詩;阿久悠/作曲;筒美京平 1971年の日本レコード大賞受賞曲。天地真理さんデビュー年、尾崎さんのレコード大賞受賞決定の瞬間と直後のステージは、小生の中学生時代、ハッキリとした記憶があります。

 1971年(昭和46年) 日本レコード大賞受賞! 尾崎紀世彦
 
 JASRAC会員作家インタビュー 第二回 筒美京平

 さて、1975年3月、二年半続いた冠TV番組・真理ちゃんシリーズを終え、ヨーロッパへの長期休暇旅行、帰国後の主演ミュージカル「君よ知るや南の国」公演を経て、初期の超絶の人気に陰りが見られたとされる天地真理さん。アイドルとしての人気低下は、歌唱はさらに上達さえしていると評せられても、レコードのセールスに影響してきました。
 ここで、プロダクション・スタッフは、中三トリオ、アグネス・チャン、麻丘めぐみらの、若いアイドルの台頭に対して、天地真理さんに大人の歌を推し進めたのでした。

 この時期、すでに「ブルー・ライト・ヨコハマ」や「また逢う日まで」で売れっ子の作曲家、筒美京平さんに、曲作りがゆだねられました。これは、1975年12月、太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」がLPからシングルカットされ、大ヒットとなった時期と前後する、まさに筒美京平氏が最も油に乗った時期と言えるかもしれません。

 天地真理さんのシングルは、11枚目~14枚目の大人の歌、「想い出のセレナーデ/わたしの場合」、「木枯らしの舗道/ブランコ」、「愛のアルバム/京都でひとり」、「初めての涙/君よ知るや南の国」が森田公一や宮川泰によって作曲された後、筒美京平作品、合計6曲が、天地真理のシングルに提供されました。
 すなわち、シングル15枚目(1975.9.1)のA面が「さよならこんにちは」、B面が「明日また」。16枚目(1975.12.5)のA面が「夕陽のスケッチ」、B面が「小さな人生」。17枚目(1976.4.21)のA面が「矢車草」、B面が「一杯のレモンティー」でありました。

 Mari Ageinさん 天地真理 夕陽のスケッチ 1975

 gessyさん 「一杯のレモンティー」 天地真理さん 1976

 アルバムはさらに曲を追加し、天地真理さんは筒美作品10曲を歌ったことになります。すなわち、9枚目のアルバム「小さな人生」(1975.12.21)において、川口真氏と作曲を分かち、筒美京平氏によって、全13曲中、「レインステーション」、「家なき子」、「ある恋の感想」、「さよならこんにちは」、「夕陽のスケッチ」、「明日また」、「明日への愛」、「小さな人生」の合計8曲が天地真理さんに提供されました。また、10枚目のアルバム「童話作家」(1976.12.21)に「矢車草」、「一杯のレモンティー」があります。

筒美京平作品_天地真理

 天地真理さんが歌った筒美京平作品。上2曲はカバー。 下2曲はライブ「私は天地真理」から。この4曲(歌唱音源)を除き、シングル、アルバム合わせて10曲でした。 

 天地真理ずっと歌って行きたい

 天地真理さん 「ずっと歌って行きたい」

 hiroIGA51さん 天地真理/「レイン・ステイション」 1975

 筒美京平作品が、歌手・天地真理のヒット曲とならなかった理由とは・・・。筒美京平氏ご本人はヒットしなかった理由は反省しないとし次々と作曲を行うスタイルのため、答えを見出すのは難しいと思われますが、天地真理さんにとって重要で興味深いテーマです。小生にとっても数回にわけて考察したいテーマと思う、2015年の年の瀬です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR