MH15.2 ミュージカル「君よ知るや南の国」を歌った頃


 昨年から「天地真理さんの大人の歌ってなんだろう?」という記事を書き、先月から「想い出のセレナーデ」や「木枯らしの舗道」以後の1975年、1976年の天地真理さんの大人の歌をLP「小さな人生」と筒美京平作品で考えております。

 さて、当時、21才で引退した山口百恵は、コスモスや曼珠沙華など若くして大人の女性の心情を歌い人気を博しました。ベビーフェイスの森昌子は、演歌歌手でありましたが、23才で「哀しみ本線日本海」を歌い、27才で「愛傷歌」を歌い上げ、翌年引退しました。
 1951年11月生まれで23才であった天地真理さんは、1975年(昭和50年)2月から3月、1か月のヨーロッパ休暇を終え、この年、主演ミュージカルを演じ、かつ、いつものように次の4曲のシングルと2枚のアルバムをリリースしました。彼女もまた、22才の秋から、「想い出のセレナーデ」で本格的に大人の歌、恋する女性の哀しき心情を歌うようになっていました。

・シングルNo.13 「愛のアルバム/京都でひとり」(4月1日)
・シングルNo.14 「初めての涙/君よ知るや南の国」(5月21日)
・主演ミュージカル「君よ知るや南の国」日劇(5月31日~6月24日)
・アルバム「君よ知るや南の国」日劇(7月1日)
・シングルNo.15 「さよならこんにちは/明日また」(9月1日)
・シングルNo.16 「夕陽のスケッチ/小さな人生」(12月5日)
・アルバム「小さな人生」(12月21日)

  天地真理ミニヨンを歌う

  オオイシメロンパンさん 天地真理 ミニヨンの歌

 このころの真理さんのテレビやラジオ番組など、熱心なファンの先達の方々がYouTubeにアップされています。大部分は録音時間が長いので、一度しか聞いていなかったのですが、今回、家内のスマホ購入でタブレットを付けたので、居間でイアホンをつけてもう一度耳を傾けています。
 それで、「天地真理さんの大人の歌って何だろう?」、というよりも、「スタッフが歌わせたかった歌って何だったのだろう?」、そして「真理さん自身が本当に歌いたかった歌ってなんだったのだろう?」といことを考えています。

  Sugi4Geruさん 天地真理 ミニミニインタビュー 1975.6.15

 天地真理さんは、子供のころから国立音楽大学の学生を先生としてピアノを習い、中学・高校の6年間を、国立音大付属校で学びました。そして、ピアノ科の中学3年間で手が大きくならないことに失望し、高校では声楽科に専門をかえざるをえませんでした。
 真理さんは、「私の歌って、クラシックぽいですよね。」とおっしゃいますが、オール・ファルセットで歌う若き日の歌声は、明らかにクラシックのフォークとポップスへの転用と思われます。

 クラシックは、オーケストラで分かるように繊細なピアニッシモと迫力あるフォルテッシモ、繊細な消え入るような歌声とろうろうと会場に響き渡る歌声、アリヤや第九の合唱などで特徴づけられます。何を言いたいかというと、仮説ではありますが、真理さんの本当に歌いたい歌とは、「時に繊細で優しく語りかける歌や悲しみを表現し、時に高らかにファルセットを駆使して歌い上げる」まさに、オペラやミュージカルなのでは、なかったか。演歌などに多い、大人の恋愛、愛憎を歌い上げる美空ひばり、八代亜紀、森昌子、石川 さゆり、そして当時人気のあった「ちあきなおみ」や山口百恵のいわゆる歌謡曲ではなかったのではないか。

 2013年10月、天地真理さんのデビュー43周年の会場で、往年の高いファルセットが出せなくとも、満員のファンの前で声量いっぱいに「ひとりじゃないの」と「秋にあなたと」を歌う真剣な真理さんを思い出し、そのように思い当たりました。
 天地真理さんの全盛期の活躍は短かったと言えるでしょうか。真理さんの意思とは異なり、1975年~1976年はめまぐるしく歌手・トップアイドルとしての環境が変わり、7枚のシングルと2枚のLP「小さな人生」と「童話作家」では、語り切れない思いが、当時の真理さんにはあったのではないでしょうか。一方、キャンディーズや中三トリオら、より若いアイドルたちの爆発的な人気の歌謡界、天地真理さんの周辺環境は一気に変化していたのです。

 歌手・天地真理にとって、ベートーベンのいう苦悩から歓喜、「悲しみと喜び、繊細さと大胆さをともに表現する歌唱が彼女自身の求める歌」だったのではないか。答えの一つはライブ「私は天地真理」にあるのでしょう。

 子供の頃、お母さんの仕事の関係で保育園の施設に住み、幼い子供が大好きな真理さん。冠番組の2年半の継続は自らの休養も全国展開のコンサートも大きく制約するわけですが、決して嫌いではない子供向け番組でした。真理さんの歌は、唱歌も見事、子供から大人までうれしくなる元気を与える「虹をわたって」のような、まさに『恵みの雨』のような歌こそ大きな特色でしょう。
 少しずつではありますが、1975年およびその後の天地真理さんの歌唱に着目した勉強や考察を続けてみようと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR