MR57  安井かずみ作詩と筒美京平作品(LP「小さな人生」)


 LP「小さな人生」の第5曲「ある恋の感想」と第11曲「明日への愛」は安井かずみ作詩、筒美京平作曲の作品です。

第5曲「ある恋の感想」(編曲:穂口雄右)
 偶然一年前の恋人と再会し、お茶に誘う。他人じゃない気安さで腕を組む。「そんなに見つめないで、髪の毛長くしたの」。新しい恋をしている、楽しい女心。二度とは会わない気持ちだったのに、「やっぱりあなたのことを愛してよかったんだ」と今はそう思えて、「とてもいい感じです」と歌います。

 「ぐううぜんん」の歌い出しも、全体に軽やかで明るい歌い方も見事です。ちょっと、小生のような無粋な男には分かりかねる女心。安井かずみさんや20代半ばの天地真理さんの恋人は、ミュージシャンとか素敵な方が多いんだろうな、やっぱりなぁ~と思ちゃう歌です(笑い)。

   ある恋の感想

   Mari Ageinさん/天地真理 ある恋の感想  再UP

 それにしても、Mari AgeinさんのY.T.作品は構成が見事ですね。真理さんの活躍、そして歌を熟知していらっしゃり、「とてもいい感じ~でぇ~すぅ~」。

第11曲「明日への愛」(編曲:萩田光雄)

 「わたしから愛をとったら何にも残らないでしょう」
真理さんは、愛情込めて「あなたから送られる倖せ(しわあせ)抱きしめて」明日を生きます、と唄います。
 「ふたりなら、例え空が曇っていても、歌があるでしょう」
 「心細い若いふたりでも、特別なめぐり逢い」
 「この愛を大切に明日へ続けたいわたしです」

  ヒロ氏 天地真理/永久の愛 「明日への愛」 Mari Amachi asue-no ai

 ドラムがゆっくりとしたリズムを刻み、真理さんは遠くに届くように伸びやかに歌います。
 20代半ばの恋する女性、まだ若い二人だけれど、明日を信じて一緒に生きて行きましょうという歌。・・・そういえば、小生も同い年の妻と結婚したのは20代半ばでした。確かに心細い二人でしたが・・・20代のうちに二人の娘をもうけ、ともかく楽しく懸命に生きてきました。ちょっとそれだけです。技術者で地方の普通の会社員、国民的スーパーアイドルとは、大分かけ離れていますけど・・・

 真理さん、ともかくいい歌ですね。コンサートの終盤に適するような歌ではないかと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR