MR58 LP「小さな人生」の筒美京平作品/シングル曲


 昨年、年末から聴込み考察してきたLP「小さな人生」ですが、残すところ2枚のシングル曲となりました。すなわち、次の4曲です。

・LP「小さな人生」の第6曲「さよならこんにちは」と第8曲「明日また」(いずれも山口洋子・安井かずみ作詩、筒美京平作・編曲)・・・15枚目のシングルのA,B面で、1975年9月1日発売。

・同LPの第7曲「夕陽のスケッチ」(宮中雲子作詩/筒美京平作曲/萩田光雄編曲)と第12曲「小さな人生」(安井かずみ作詩/筒美京平作曲/萩田光雄編曲)・・・16枚目のシングルのA,B面で、1975年12月5日発売。

  LP小さな人生ジャケット

第6曲「さよならこんにちは」
 曲名の「さよなら さよなら こんにちは」が軽快な旋律で歌われる楽しい曲です。真理さんは公式HP(ウェブサイト)のファン限定のインタビューで、「しばらく低迷していた私ですが、この曲を作ってくださり、感謝しています。」と語っています。
 明るい曲で、公開されている動画では、今も知られる歌手の方々が真理さんのバックでリズムにのって軽く体をスィングさせていた音楽番組を見ることがあります。この曲はオリコン最高位36位でした。

  さよならこんにちはジャケット初公開

   Sugi4Geruさん 天地真理「さよならこんにちわ」1975.8.26 歌のグランプリ

第8曲「明日また」
 天地真理さんの歌では、もっとも可愛く色っぽい歌詞が並び、ちょっと恥ずかしくなる曲です。
 「行きませんかと 誘われたの」、「さりげなく私 断ったのよ」で始まります。
 そしてすぐ「とてもふしぎね 彼の前じゃ 素直になれない」とぶりっこします。
 とくに2番の「夢の中では とうに私 くちづけもしたし あなたのものよ」は、かつて山上路夫氏が作詩に制限が多かったと話されたことが、嘘のような艶っぽさ。
 私は個人的に大好きな歌ですネ。真理さん、冗談じゃないです、家内や家族には隠れて、ヘッドフォンでこっそり聴き、ニンマリする・・・男っていくつになってもバカですね。

   エヴァ氏 天地真理 ☆ 明日また

第7曲「夕陽のスケッチ」
 雄大な真っ赤な夕陽を連想させます。演歌調の伴奏なので、真理さんは演歌にチャレンジしたと言えるかも知れません。

   夕陽のスケッチ初公開

   Mari Ageinさん 天地真理 夕陽のスケッチ 1975

第12曲(とり)「小さな人生」
 何回か私のブログで取り上げていますが、若きカップルの今とこれからの人生を応援する歌です。
 特に出だしの「西日がさしこむ窓/低くかけたラジオの歌に/振り向く二人がここにいます」と天地真理さんのファルセットは明るく伸びやかです。

 このようにLP「小さな人生」は、何度も繰り返し聴いてみると、1975年(昭和50年)、冠TV番組の「真理ちゃんシリーズ」の収録を二月に終え、一か月のヨーロッパ休暇旅行、帰国後、春から初夏にかけて約一か月、主演ミュージカルを演じ、夏には大阪・梅田コマでのワンマンショー、秋には各地で民音コンサートを行い、この間、いつものような幾枚かのシングルリリースと歌番組出演、またアイドルとしての多忙な仕事をこなし続けた真理さんの一年の総決算のようなアルバムであることが分かります。

 1975年も、珠玉の歌を唄い続けた天地真理さん。子供に大人気の優しく明るいお姉さんから、大人の歌を歌う歌手に大きく方向転換を図った真理さんでしたが、大衆はこのイメチェンについていけたのでしょうか。レコードセールスの急激な落ち込みは、真理さんの歌への評価が落ちたのではなく、普通の大衆、視聴者はこの大きなイメージチェンジに追従できなかった、ただそれだけだったのではないか。この年、根拠のないマスコミのゴシップ記事が嵐のように襲ったとされますが、これは作為的な営業妨害の一種だったのではないか。今話題のベッキーさんへの過度な芸能界、マスコミの非難も、圧倒的な人気者に対するもので、よくあることなのでしょうか。

 いずれにしても、天地真理さんの歌唱は、さらに磨きをかけた1975年から1976年でした。1977年からの長期休業後、遠に過ぎたことではありますが、真理さんは、むしろこの頃の秀出た曲群のセルフカバーを行い、歌手・天地真理の実力を知らしめる機会とする方がよかったのではないか、と考えてしまう私です。

 さて、セルフカバーといえば、最近は森高千里さんが、若き日に歌った曲を200曲、ご自身で再度歌い、YouTubeで発表しています。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、彼女は40代でしょうか、TVの歌番組の司会でも活躍中で、精力的です。
 次のセルフカバーは、かつて1989年、南沙織さんの「17才」をリメイクしシングルとして発売して評判になったことがあり、23年後の2012年公開収録したものとのことです。
 天地真理さんもセルフカバー出来たらいいのになぁ~。

  

 今や俳優・江口洋介氏の細君となり、一男一女の母であり、ドラマーでもある森高千里さん。若い時は、お人形さんのようなステージ・ミニスカートで、非実力派宣言をしたり、「私がおばさんになっても」でヒットを飛ばしたり、ちょっと変わったヤンキー少女のイメージがありましたが、自ら作詞した「渡良瀬橋」で、独自の歌の世界を確立した感があります。「水色の恋」から「想い出のセレナーデ」まで、天地真理ワールドは、真理さんご自身にしか歌えないのと同じです。

 森高さんは夕陽のきれいな渡良瀬橋で、あなたを想う爽やかな恋を歌いました。
 また、次の「雨」(作詞:森高千里、作曲:松浦誠二、編曲:斉藤英夫)もいい歌です。
 
  森高千里 『雨』 【セルフカヴァー】

 森高さんの歌の多くは自身の作詩。作詩家による歌がすべての天地真理さんは、「想い出のセレナーデ」以降、静かな歌は恋の終わりを唄う歌が多かった。森高さんの歌のように落ち着いて聴いて居れる曲はあったかなぁ? 真理さんの歌は何故か少し不安げな気がします。真理さんの本当の心情を歌った歌はいくつあったのでしょうか?

  森高千里 『夏の日』 【セルフカヴァー】


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR