MR69 FM軽井沢 太田忠氏の天地真理特集(その5)2016


 FM軽井沢2016年6月18日(土)16:00〜17:00時、インターネットサイマルラジオにより受信しました。今回、遅ればせながら小型のデジタル録音機(OLYMPUS)を使用しました。
 太田忠さんの解説良かったですね。ラジオ放送を一人でアナウンスすることに習熟した太田さん、流暢で丁寧な解説には敬服いたします。今回も小生、力不足ではありますが、速報性が重要との考えで、意訳してまとめてみました。ニュアンスの違いなどあれば、ご指摘いただければ幸いです。また、放送を聴いての熟慮したコメントや個性的かつ新鮮な感想は、この後、各位のブログや真理さんの公式HP&FaceBookのコメント欄をご覧ください。

テーマ1 【天地真理さんの本質的部分と普遍性について】
 太田忠さんは「天地真理特集は、昨年の4回の放送に引き続き、第5回放送になります。そこで今回は天地真理さんの本質的部分に迫りたいと思います。デビュー後5年間の歌手、アイドル活動で超絶の人気後、長期休業した3年間の空白が、天地真理さんのその後の評価を著しくゆがめているのではないかと思うのです。」と切り出しました。

 まず、最初の曲は昨年度の4回目放送の最後の曲でした。
・第1曲 あなたが教えてくれた歌(アルバム7th「空いっぱいの幸せ」1973.12.5から)
 この歌で、私は天地真理、あるいは女性。あなたは遠くに離れて行く恋人を指します。ただし、今は、あなたは天地真理さん、私は聴き手、わたしたちファンということになります。

  遠い夏氏44周年001

  遠い夏氏/あなたが教えてくれた歌 天地真理

 次は、熱心なファンなら誰でも知っているデビュー曲のコンサートバージョンが流れました。
・第2曲 水色の恋 (天地真理オン・ステージ、オープニング,1974.9.15ライブ)
 天地真理さんの歌の普遍性という表現を、真理さんの本質的属性として語る太田忠さんでした。

  エヴァ氏/天地真理 ☆ 水色の恋[ライブver.]

 ここで、太田さんから次のような意の説明がありました。
 「天地真理さんは国民的で圧倒的な人気、知名度をもった完成度の高い歌手で、彼女を超える歌手は、いまだ現れていないと思います。その彼女がデビューから5年間、歌や芸能活動を休みなく行い、激務に力尽き休業し、約3年間、復帰できなかった。また、復帰後も歌唱力は依然素晴らしかったが、精神のバランスを崩し、その後、昔の歌声で歌えなくなったことは本人がもっとも辛いことだと思われます。」
 また、「あまりにも沸騰したアイドル人気が、真理さんの歌手の実力を霞みさせている。真理さんを今も揶揄する人たちは、彼女のアイドルとしてのルックス、容姿、可愛らしさしか見ていなかったのではないだろうか。」と指摘しました。
(編者コメント;太田さんのおっしゃる通り、現在、天地真理さんの熱心なファンは皆さん、このような認識で真理さんを応援していると思いますヨ♪(・ω・))

  デジタル録音20160618-200
 今回、初めてデジタル録音機OLYMPUS V-842で録音しました。コンパクトでステレオ録音します。スマホがあるんだから、日本の技術で当たり前。気付くのが遅れました。下のノートはブログ用ノート、乱筆ですが6冊目。

テーマ2 【天地真理さんを支えた二人の女性】

『天地真理さんを支えた女性その1・・・作詞家 安井かずみさん』

 作詩家・安井かずみさんは、天地真理さんに28曲を提供しています。
・第3曲 ちいさな恋(1972.2.1発売,セカンドシングル)

  

・第4曲 さよならこんにちは(1975.9.1発売,15thシングル)
 安井さんは女性でなければわからない女性の感情、心理をよく表現している作詩家。「会えない時間が愛を育てる」の彼女の有名なフレーズ(注1)に、はっとした太田さんでした。
(注1)な、なんと1974年9月の郷ひろみのヒット曲「よろしく哀愁」(安井かずみ、筒美京平)の歌詞からデスネ。「会えない時間が 愛 育てるのさ 目をつぶれば 君がいる」
・第5曲 オレンジ色の旅(アルバム4th、明日へのメロディーから、1972.12.21)

 安井かずみさんが、後に(1977年)結婚する加藤和彦さん(有名なフォークソング歌手で作曲家)と共作した作品から二曲が流れました。
・第6曲 青春(セカンドアルバム,1972.6.1)
・第7曲 乙女の祈り(アルバム同上)

 エヴァ氏/天地真理 ☆ 青春[ライブver.]

 加藤和彦,北山修/あの素晴しい愛をもう一度

『天地真理さんを支えた女性その2・・・作詞家 岩谷時子さん』

 岩谷さんは男性が女性を包み込むような男性的な作詩がスタイル。長寿であったことも安井さんとは対照的でした。越路吹雪さんのマネイジャーを長きにわたって務めた昭和を代表する作詞家で、ザ・ピーナッツや加山雄三さんの有名なヒット曲を作詩した方です。
 真理さんに提供された岩谷さんの作詩曲は次の3曲が紹介されました。

・第8曲 矢車草(シングル17th、1976.4.21)・・・珍しい演歌テイスト
・第9曲 愛の渚(シングル18thA面、1976.7.21)・・・加山雄三(弾厚作)作曲

  Mari Ageinさん/天地真理 愛の渚 再UP

 加山さんの場合は、自分の作品にモーツァルトのケッヘル番号のような独自の作曲番号を使用しており、「君といつまでも」K18(初期作品)、「ピアノ協奏曲第1番ニ短調」K213(後期作品)などと付けている。
・第10曲 愛がほしい(シングル18thB面、1976.7.21、泳げたいやき君の作曲者・佐瀬寿一氏による)

 今日の最後の曲は、真理さんの歌の爽やかさからの連想で、1979年、3年間の長期休業後の復帰で、(会費を納め続けた)ファンクラブ会員の為に2000枚限定で製作した未発売シングル「夏を忘れた海(A面)」から、美顔器のCMにも使われた次の曲でした。
・第11曲 ひとかかえの愛(ファン限定版,B面)

  ヒロ氏/天地真理 懐かしき歌声 「ひとかかえの愛」

 太田忠さんの結び「以上、第5回となる天地真理特集をお届けしました。いかがだったでしょうか。このような番組を放送できることは1ファンとしても大変うれしいことです。今回のご感想をお気軽にFM軽井沢にお寄せください。次週、天地真理特集part6を、お楽しみに。」
 (編者コメント;加えて、小生も申し上げると、NHK・FMさんや東京FMはじめとする全国の地域FM局の皆様、天地真理さんの歌唱の素晴らしさに早くお目覚めしていただきたいと強く思う次第であります。ホント)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハトがいる公園さん、さっそく太田さんの番組、ご紹介ありがとうございました。わたしは、この時間仕事で直接聞けませんのでありがたいです。さっきかえったばかりです^^明日も早朝から仕事です。それでは、おやすみなさい^^

Re: No title

しんりさん、土日はお勤めが多い職業かなと気づいていました。速報読んでくれてありがとう。同じ年代、まだまだ頑張りましょう。今回の太田さんの前半のコメントは、天地真理さんの3年の休業と今に踏み込んだものでした。少し泣けました。

速報ありがとうございます

hatogairu kouen 様

いつも迅速かつ詳細なレポートありがとうございます。

第5回目にしてようやく天地真理さんの本質的な部分に辿り着くことができました。客観的アプローチに徹しましたが、ファンの方々なら皆さん同じ想いをお持ちだと思っております。しかし、あれほど国民的人気を博していたのに、一般的にはなかなか理解されていないのが不思議ですね。「人気」というのは、本当にとらえどころのない、熱病じみた、偏向した、はかないものだと思い知らされます。

太田忠

Re: 速報ありがとうございます

太田 忠 様

 こちらこそ、真理さん応援番組ありがとうございます。CDやY.T.で一曲一曲聴くのも良いですが、真理さんファンによる応援番組は格別です。何回か回重ねて、話題の取り上げ方はどうですか。通常の歌手ではマンネリ化しますが、天地真理さんはおっしゃる通り奥が深いですね。今やHPとブログ、F.B.、Y.T.は大御所も新人も出てにぎわい中。今回は書くのは自粛しようかなと思いましたが、太田さんの熱意につい速報だけでもと思い、比較的短時間で書きました。

 見目麗しき天地真理さんのその後の混迷に、当時をよく知る50代以上の多くの大衆は、知らぬ存ぜぬをしていますが、Y.T.に週刊新潮の記事による国民的アイドルの壮絶な人生と名打った登録(収益)ほしさの困った投稿が多くありますが、その中に1本、題名は同じでも掲載写真や文面に天地真理さんに同情的でむしろ敬意を表し励ますものがあり、視聴回数が100万を超えるものがあるのは驚きです。われわれ年代以上の国民は、決して国民的アイドル、美しくやさしい美声の天地真理を決して忘れていないと私は思います。日本人は今もよくも悪しくも大政翼賛会。しかし、皆、大手をふって心素直に真理さんに感謝する時代が来ると思います。いつからとは分かりませんが・・・

悔しい聴きもらした

番組内容をご紹介していただき感謝いたします。
なんということだろう!聞き漏らしてしまった。気が付いた時はすでに遅し。
次の25日は絶対に録音もしておこう。楽しみだ。熊五郎

Re: 悔しい聴きもらした

熊五郎さん おはようございます。

 聞き漏らし、心配ないですよ。さくらさんの掲示番の巻頭、およびひこうき雲さんのブログ「天地真理カフェ 一杯のレモンティー」に、全部の録音が掲載されていて聴けますよ。えっ、知らなかったの。いつものパターンですヨ。


 私の録音は今までデジカメの録音機能による空中伝搬音声の録音でしたが、今回はデジタル録音機(ラジカセはもう古いんですね。まだ売っていますが)を使いました。ただ、何か所も録音の短時間欠損がありました。何度も録音状態を確認したのがよくなかったのかも。明日、25日(土)も16:00~17:00の放送予定です。同じ時間に、真理さんや皆さんも聴いているだろうな思いながら聴けるのが贅沢な楽しみです。
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR