MW24 三陸海岸ジオパークの御案内


 当ブログは、2011年3月11日の死者2万人と言われる「東日本大震災・大津波災害」の慰霊の意味で始めたものです。仙台市在住の一人の建設コンサルタントが、うなだれた復旧のあわただしい生活の中で、癒しの美声「歌姫・天地真理」を再発見して、被災地の人々の心の癒しの一助になりたいと願い始めたブログです。
 そして、同時に、真理さんの歌に癒されれば癒されるほど、絶頂の国民的アイドル後、非情な波乱万丈さでご苦労された天地真理さんの心の回復、歌手としての再評価の一助になればとも、思うのでした。

 ここで、今まで、ほとんど書かなかった郷里・三陸海岸の自然や環境、風土について、最近、登録された「三陸海岸ジオパーク」の解説と共に、皆様にご紹介したいと思います。

【ジオパーク概要】

 震災後、北端の青森県八戸市と南端の宮城県気仙沼市と合わせて、旧陸中海岸国立公園(主に岩手県)が拡大した「三陸復興国立公園」は、南北220km。さらに南三陸海岸・牡鹿半島を合わせた「三陸海岸」は、南北約300kmの長大な海岸です。
 三陸海岸の地形的特徴は中間地点の宮古市から、山田、大槌、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼市を経て、牡鹿半島・金華山に至る南部はリアス式海岸、宮古市から「あまちゃん」で有名になった久慈市を経て八戸市に至る北部は勇壮な断崖、高い海岸段丘により特徴付けられます。また、浄土ヶ浜や北山崎などの奇岩や岩石岬をなす風光明媚な名勝が各所に存在します。

 浄土ヶ浜海水浴場宮古市-2

 環境庁 三陸復興国立公園 公式ウェブサイト

 三陸海岸、すなわち北上山地東縁地域の地質は、古生代・中生代・新生代の時代幅のある地層から成りますが、特にシルル紀から古第三紀までの地層が広域に分布し、明治から現在まで学術研究が盛んに行われてきました。
 また、大規模な津波被害を受けてきた海岸であるため、2011年の震災以前から日本海溝付近の深海学術ボーリングや津波堆積物研究が始まっていたのでした。

 三陸海岸ジオパーク 公式ウェブサイト

 日本ジオパークネットワーク

 このように、三陸海岸の地形・地質は日本でも有数の規模、雄大さとバリエーションをもち、かつ植生、鳥類、魚類の豊かな動植物環境をもつため、日本、いや世界を代表するジオパークとしての大地の自然遺産(ジオサイト)に富んでいると考えられるわけです。

 岩泉町龍泉洞Iwaizumisangyo

 中生代の石灰岩層に形成された鍾乳洞。北上山地北部、岩泉町の龍泉洞(日本一透明度の高い地底湖)、安家洞(日本一の長さをもつ洞窟、一部のみ公開)が天然記念物となり有名です。
 
 【3.11大津波の記憶 釜石市根浜海岸】
  多賀谷真吾氏/いわて旬華愁凍

【風光明媚な海岸をめぐる歌】 
  1974年6月1日,天地真理さんの「恋と海とTシャツと」と同日発売

  岬めぐり 【山本コウタローとウィークエンド】 -太田忠(ピアノ)


 (追記)2016年8月30日、戦後の観測史上、初めて太平洋から直接上陸した台風10号。特に、北上山地北部山中の岩泉町、老人介護施設等で痛ましい洪水、鉄砲水の被害がありました。北海道中央部、日高山脈の周辺、空知支庁や十勝地方でも、各地で洪水があり被害が広がりました。被災され亡くなられた方々にこの場で、おくやみ申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR