MR85 朝日「もういちど流行歌」 山本リンダ「どうにもとまらない」1972年8月


 先々週の朝日新聞の土曜版で、「もういちど流行歌」 山本リンダ「どうにもとまらない」1972年8月、が掲載されました。天地真理さんの代表曲にして最大のヒット曲「ひとりじゃないの」は1972年5月21日のリリースですから、朝日新聞によると8月はオリコン7位、今回の読者投票では5位と健闘しました。・・・私も投票したかなぁ、よく覚えていませんが、ちょっとだけ、うれしいですね。

  山本リンダどうにも止まらないシングル

  どうにもとまらない/山本リンダ

  komachauna/Linda Yamamoto

 山本リンダさんは、「こまっちゃうな」の可愛い路線から脱却した一連のセクシーシリーズをヒットさせました。彼女は親思いのやさしい性格と聞いたことがありますが、歌手や芸能人は、売れるため、活路を見出すため、大胆に清水の舞台から飛び降りるという、典型的な例なのでしょう。いまでは、ちびまるこちゃんが「ウララ♪ウララ♪」と歌うので若者にも認知されている山本リンダさんですが、当時を知る私たちには、高校野球、甲子園の、「狙い打ち」のトランペットや熱い応援が、リンダさんを思い出す良い機会となっています。

  高校野球に山本リンダ 甲子園/Mr.BASEBALL BAND

  20161119_1972年8月オリコン

  天地真理  ひとりじゃないの /gessyさん

 この記事では、8月のオリコン11位~20位の小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」(1972年4月10日発売)が、読者投票で一位になっています(これって、この月一位のよしだたくろうさんに失礼じゃないの。組織票ですか?)。まっ、しかし、この曲は小柳ルミ子さんの代表曲にして最大のヒット曲ですがオリコン週間一位はたった四週でした。ルミ子さんの代表曲は、真理さんの「ひとりじゃないの」(オリコン週間一位が六週)の圧倒的な人気で、週間オリコン一位を下されたのです。これは激しいトップ争い、高度成長期の歴史的女の戦いがあったことを如実に表しています。ルミ子さんの、怨念すら感じられる・・・冗談、冗談、ジョーク!!セーフ?

  山本リンダクリスマスショウ

  狙いうち ☆ 山本リンダ ◇ 120826

 ネットで見つけたこの写真、ちょっと古いですが、リンダさんのクリスマスディナーショウのようです。もしも、天地真理さんが、全盛期、絶頂の人気を得た後、波乱万丈の時代を避けられれば、今、天地真理さんも、10月の45周年記念パーティーのように、クリスマスディナーショウで、毎年盛り上がるのでしょうね。「マリちゃ~ん」と叫びたいのは、「時間ですよ」のマチャアキだけではありません・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR