BL 07 紅白歌合戦


 天地真理は、紅白歌合戦には1972年、1973年、1974年と3度出場している。
 初出場は「ひとりじゃないの」、2度目は「恋する夏の日」、そして3度目の出演が「想い出のセレナーデ」である。各回のパフォーマンスは、次のようにいずれも特徴的なものであった。アイドル天地真理、歌手・天地真理は、大晦日の夜、あまねく全国の家庭に、元気で美しく極めてやさしい美声を届けるとともに、大いに幸せな気持ちをプレゼントした。さすがに「初代・国民的スーパーアイドル」である。

・第一回紅白出場(1972年) 曲名「ひとりじゃないの」
 白いスーツ。パンツスタイル。相良直美の司会で、初出場でトップバッター。会場も紅組も皆を虜にして、歓びいっぱいに堂々と歌い上げる。声楽家、天地真理を日本全国のお茶の間に知らしめる。歌合戦の途中、美空ひばりと相良直美は、天地真理と一緒に舞台上のマイクに集まり、天地真理の歌唱をほめた。
 当時は、レコード大賞の時間帯の後、引き続いて紅白歌合戦が行われた。この年、天地真理は、第14回日本レコード大賞大衆賞を受賞し、「水色の恋」ピアノ演奏と「ひとりじゃないの」歌唱を披露した。その興奮冷めやらぬまま、紅白のトップバッターで「ひとりじゃないの」を熱唱した。さび直前で、天地真理は次節に力をためるかのように低い位置で左手を小刻みに動かし、さびでパワーを開放し伸びやかに熱唱する。歓びは熱を帯び、声楽家として歌い切った満足な微笑みを満面にたたえる。まさに、歌手・天地真理、後年語る「歌は美、Lovely、浄化、いっぱいあります。たくさんの人の前で歌うとき、私の一番の幸せな時間です。歌、大好きです。」をわが身全身で表現した。
 当初より、アイドルが歌手をしているのではない、歌手がアイドルをしているのだ。

  紅白ひとりじゃない002

    ひとりじゃないの(紅白歌合戦初出場)

  佐良直美/「オー・シャンゼリゼ」(1972 )白のスーツ真理さんいます

・第二回紅白出場(1973年) 曲名「恋する夏の日」
 上下白のテニススタイル。ミニスカート。スクールメイツを従えて踊り、歌う。軽井沢、テニスコートの恋を想定したヒット曲。紅白両軍入り乱れてテニスボールを投げ合うが、歌っている真理さんの頭にボールがあたり、真理さんはペコちゃんのように横目であれ?何かしら?という茶目っ気で、明るくかわいい表情をした。アイドル天地真理を代表するステージだった。

  紅白恋する夏001

  紅白恋する夏002

  紅白恋する夏003


  「恋する夏の日」歌唱中、真理さんの天頂に赤いボールがジャストヒット
    ・・・紅組の誰かしら?テニスボールが来るわ~♪?

  佐良直美/「世界は二人のために」 (1973) 真理さんはどこかなぁ~

・第三回紅白出場(1974年) 曲名「想い出のセレナーデ」
 この「想い出のセレナーデ」を歌う際に、紅組キャプテン佐良直美が当時日本で初公開されたダ・ヴィンチの『モナ・リザ』にちなみ「微笑(ほほえみ)といえば天地真理さん」と紹介したが、歌っているときの天地は憂いを帯びた表情が大半で、それが何とも言い表せない可憐絶妙な魅力を醸しだしていた。
 黒色のロングドレス、白いVカットの襟、静かに歌い出し、二番からステージ中央のテラスに歩み出て、歌い上げた。それまでの憂いを帯びた雰囲気から、曲のさびでは、彼女は、一瞬ではあるが、いつもと同様に歌う喜びと優しい微笑みを表現したことを、テレビカメラは確かに映しだしていた。
 会場から「真理ちゃん」と少年の声がする。冠番組の放送時期だからか。しかし、真理ちゃんの歌は、もはやアイドルではない、歌手・天地真理である。彼女は明るく豪快に歌うことが好きだったが、ここでは声をひそめ、歌の世界に没入し、大人の「天地真理ワールド」を表現したのである。(えっ!ノンスマイル作戦?・・・プレミアム・ボックス解説書より)

  想い出セ038-200


  紅白想い出のセレ001

  天地真理/想い出のセレナーデ
    第三回紅白出場
    想い出のセレナーデを熱唱する天地真理

  アグネス・チャン_ポケットいっぱいの秘密_紅白
    天地真理さんも南沙織さんらとアグネスのバックで踊りました。
    開演そうそう、”ノンスマイル作戦”、始まっていました。

  佐良直美/「花のフェスティバル」(1974) ピーナッツも真理さんもいるよ


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR