MS02 パリからの手紙 第2節 (フィクション)


【パリからの手紙~国民的アイドルだった歌手・M子の想い出(フィクション)】
 ベートーベンをモデルにジャン・クリストフを書いたロマン・ロランにあやかり、私もチョイ真似で、天地真理さんの著書やCD付きの自叙伝などを原典に仮想・元国民的スーパーアイドルの回想を、全12節ほどの短編にしています。今回もパロディで終わる可能性もありますが、悪しからず~

2. M子の生い立ち

 昔、「カナダからの手紙」という平尾先生と畑中洋子ちゃんのデュエットが流行りましたけど、今、私はパリ郊外の自宅から、ひとり娘のあなたあてに、この手紙を書いています。
 読む人のあてのない手紙じゃないし、にぎやかな銀座の街から一人ぼっちが寂しくて書いている手紙でもありません(笑)。だから、気楽に読んでほしいのです。もう私も60代後半に入って、今のうちに、波乱万丈の私の半生、小さな人生ですが、想い出しつつ話しておきたいと思います。

 お母さんは、昭和26年11月5日、北海道の北の盆地、冬の寒さ、雪の結晶で有名な旭川で生まれました。お祖母ちゃんは戦時中、現在のロシア国サハリン、当時、樺太(カラフト)とよばれた北の島の唯一の市、豊原市(現在のユジノサハリンスク)で暮らしていました。大祖父ちゃんは軍の物資を取り扱う軍属で、一家はその引揚家族だった。
 私が生まれた年は、あの戦争で敗れた日本が国際社会に復帰したサンフランシスコ条約を吉田茂首相が締結した年。激しく悲劇的な沖縄戦や東京や日本各地の空襲があり、広島・長崎に原子爆弾が投下された昭和20年から、わずか6年。まだ、戦後の混乱があちこちにあった時代です。

 直ぐに札幌に引っ越したので、最初の記憶は札幌での生活。子供心にも北海道はずいぶん寒かったけど、部屋の中は煙突ストーブで温かいのよ。当時は街も小さくて、身近な郊外に広い緑の草原、牛の牧場、街中の銀世界、とても空気が澄んでて、おいしい食べ物ものもたくさんあったわ。

 私の母、あなたのお祖母ちゃんは、早くに離婚していました。理由はくわしくは知らないけど、お祖父ちゃんは、ゼロ戦や紫電改の戦闘機乗りだったと聞いたわ。終戦直後まで、横須賀の海軍基地にいて本土防衛にあたった人で、幸運にも生き残った有能なパイロット。その道の方々には撃墜王として知られた人で、空襲でよく飛んできたアメリカのB29を撃墜したこともあるそうよ。でも、終戦後、普通の市民生活は出来なかった人。素敵な男性だったから御祖母ちゃんが気に入ったのでしょうが、ともかく、麻雀や競馬、賭け事が大好きで、すすきの界隈に徘徊し、お家にあまり帰ってこなかったそうよ。女の人がいたのよね。
 戦後の昭和20年代、半ばのこと。大陸からの引揚者や復員の兵隊さんが舞鶴港や小樽港に着いた、そう「岸壁の母」がいた時代よね。平成の時代に生きる若者のあなたには、想像しにくい遠い遠い時代です。

 その後、私たち一家は北海道から、米軍の基地や自衛隊のある港町、神奈川県横須賀に移住しました。
 お祖母ちゃんは横須賀市の小中学校の給食のおばさんをやりながら私を育ててくれたのよ。そして、そのあいだ、調理師の免許を取り、給食係り主任を務めながら10年計画でコツコツとお金を貯めました。
 本当に頑張り屋の私のお母さん。その貯めたお金で市内に土地を買い、さらに借金して、昭和43年、私が17才のとき、自衛隊や一般の社会人向けの給食センターを作って経営を始めました。偉い人でしょ、私、今でもお母さんのこと大好きなのよ。夢に出てきてくれるわ。お祖母ちゃんに可愛がられた、あなたもそうでしょ。



井上陽水/少年時代


(来月につづく)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR