FC2ブログ

MS04 パリからの手紙 第4節 デビュー(フィクション)


4.芸能界入りと歌手デビュー

 M子の芸能界入りのきっかけは、素人参加番組「ビューティフル・モーニング」に出演して歌ったことだった。今では珍しい朝ごはんの時間帯にオン・エアーの若者向け番組だった。
 音大付属高校を卒業し、ヤマハ音楽振興会でレッスンに励んでいた1970年(昭和45年)、M子は18才だったが、レコード会社C&Sのディレクターが外見の可愛らしさだけではなく、M子の歌を聴いてスカウトを決めた。

 いつもM子のすることをすべて許してくれた母は、芸能界入りには反対した。しかし、彼女は「芸能界」という未知の世界でがんばってみたい気持ちでいっぱいだった。
 M子は「お母さん、私は自分で自分の道を切り開いてみたいの。1年間だけ試させて」そういって、母を説得した。
 彼女は、勇気を出して「清水の舞台」から飛び降りたのだった。

 レコード会社から大手芸能プロダクションWプロに預けられたM子のデビューは、1971年夏、シャボン玉ホリディーだった。クレージーキャッツやザ・ピーナッツで人気のWプロの看板番組だった。M子はピーナッツの二人に挟まれて、ギターを弾きながら「恋は水色」や「あの素晴らしい愛をもう一度」など、流行りの海外のポップスや人気のフォークソングを歌った。

 デビュー前年、1970年(昭和45年)は大阪万博が盛況だった。まさに高度成長期で、アメリカ館の月の石をひと目見たさに全国から大勢の日本人が大阪万博の太陽の塔の下に集まった。M子はこのとき、ある電気事業者のパビリオンでコンパニオンをしたことが縁で、1971年、NHKの朝の連続ドラマのオーデションに参加することになった。
 NHKは大阪万博の盛況を受けて、東京オリンピック(戦前に計画されたが、中止され、1964年に開催された)の開催に奮闘した青年国会議員にスポットをあてたドラマを製作しようとし、その妻がヒロインだった。M子は主役には落選したが、愛らしく優しい笑顔と頑張り屋な性格が、プロデューサーに評価され、ヒロインの友人役に選ばれた。この朝ドラは、かつての「お花はん」に匹敵する人気ドラマとなり、M子の知名度も一躍、全国的となった。

 初め、M子のレコード会社では、M子を日本のメリー・ホプキンに、第二の森山良子に育てようという方針だった。このため、スタッフもフォーク関係の人たちで、LP1枚もみんなで、手作りでゆっくり作っていこうと話しあっていた。どちらかといえば地味だけど、実力のある歌手を目指していた。
 ところが、はじめてレコーディングした「白雪姫の恋」が、いきなりヒットチャートの3位。必然的にM子は「白雪姫」と呼ばれ、フォークソングとポップスの二刀流の生活が始まった。デビュー曲以後、シングルは11曲目までオリコン週間ランキングでトップテン入りを果たした。また、オリジナルLPやギフトパックと呼ばれた編集版LPも飛びように売れた。

 全国区の人気のアイドル兼歌手は、後の太田裕美にまさるとも劣らず、とにかく超多忙であった。
 まず、M子は横須賀の母の元を離れ、東京・青山のマンションに移った。
 M子は、デビューしてから1年間は1日も休みなしで、スケジュールは本当に3分きざみ。朝10時に起きると、新聞や雑誌のインタビュー。これが3分間ずつ。午後から夜にかけては歌番組の出演もあり、そのあいだにも、雑誌のインタビューなどがあった。
 雑誌の表紙撮影やレコーディングは夜中から深夜で、仕事が終わるのが朝の5時。そして、次の日はまた、10時起床のため、睡眠時間は3~4時間と殺人的なスケジュールだった。
 M子は、自宅では食事する時間もなく、お茶も沸したこともない程の忙しさで、部屋に帰るとシャワーの後、憩う間もなくベットに倒れ込む毎日だった。当時、全国的に人気のアイドル歌手は、高度成長期の日本全国民の勢いのまま全国的なブームとなり、関連グッズも多く作られ、子供から青年男女までファンの購買意欲を刺激し、年間数十億円に達するビッグ・ビジネスに急成長していった。

 M子は、母親が調理師でもあり食がしっかりした女の子として成長したが、この頃の食事は、レストランなどに行くと目立つため、車の中で打ち合わせや休憩をしてサンドイッチやお弁当を食べていた。ともかく、海外の商社マンがエコノミック・アニマルと呼ばれた時代。大人気のアイドル歌手が、歌のレッスンやレコーディングに時間をかけたいとの希望は、徹底的に無視された悲しくもすさまじい時代であった。

 M子が、帰宅しもっとも楽しみにしていた一番のご馳走は、なんと「うな重」だった(驚くことはない。かの冬ソナの人気で多忙な女優チェ・ジウの大好物は朝鮮人参とも言われている)。そのころM子が住んでいた瀟洒なマンションの前が有名なうなぎ屋だった。たまに、仕事が午後にスタートするときなどには電話で出前を頼んだ。ただ「誰にも絶対に住んでいるところを教えちゃだめだ」と、マネージャーから注意されていた彼女は、出前の人が来てもドア越しに、「そこに置いといてください。下からお金、払います」と言って、ドアの下からお金を出していた。

 たしかに、ものすごい人気の女性タレントが、一人住まいしているマンションを知られることは、危険なことだった。彼女が深夜、あるいは早朝、テレビ局やスタジオから自宅に帰るタクシーは、暴走族のオートバイに追跡されるのが常だったからである。まあ、確かにうなぎ屋の店員さんが暴走族と親しいことは、無きにしもあらざることだったのかも知れない。

 
 メリー・ポプキン 「悲しき天使」

 
 森山良子 「この広い野原いっぱい」 (デビュー50周年は2016年でした)

 森山良子公式ウェブサイト

 
 フォークソングを愛する天地真理が歌う 「この広い野原いっぱい」 

(つづく)

【お断り】「パリからの手紙~国民的アイドルだった歌手・M子の想い出」(フィクション)について
 ベートーベンをモデルにジャン・クリストフを書いたロマン・ロランにあやかり、天地真理さんの著書やCD付きの自叙伝などを原典に仮想・元国民的スーパーアイドルの回想を、全12節ほどの短編にしています。あくまで、主な個人名、固有名詞は仮想の名前としました。全編、強いて言えばパロディでありますが、悪しからず。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
震災後、明るき癒しの歌声・天地真理を再発見。また、被災地とのん(能年玲奈)ほかを応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR