FC2ブログ

MR98 北朝鮮が騒々しいのでサブマリンについて


 いやはや、近々の話題は、やはり北朝鮮のミサイル、大陸弾道弾に対する心配で、アメリカのみならず、ロシヤ、中国もあわただしい動きを示しています。
 核兵器の使用は、唯一の被爆国であり、原発の大津波によるメルトダウンも経験中の日本にとっても、世界にとっても、決して行ってはいけない愚行と言えましょう。

 安倍首相は、このようなときではありますが、野党勢力の衰退している今を好機と判断し、憲法で自衛隊を明確化させるために、あえて衆議院選挙を行い、国民に信を問いただすという、行動に打って出てました。(しかし、小池さんの希望の党結成によって野党第一党の民進党が事実上解体し、野党再編成が生じました。マスコミに言わせると政党には政権獲得選挙、国民には政権選択選挙の様相ですが、ホントでしょうか?)
 
 今年の夏、広島・長崎の原爆を運んだ戦艦インディアナポリスを魚雷で沈めた日本海軍の伊号第58潜水艦(注1,2)の話や長崎沖で終戦直後、アメリカ軍に沈められた多数の日本の潜水艦の探査結果が詳しく報じられました。

(注1)艦長 橋本以行少佐。1945年7月29日、米重巡洋艦・インディアナポリスは、原子爆弾をテニアン島に搬送した直後、寄港したグアムからレイテ島に航行中、日本海軍・伊号58潜水艦の魚雷攻撃を受け撃沈した。海上に残った米兵はサメの恐怖に怯えつつ、体力の消耗激しく死者多数。米艦長は軍法会議にかけられ自殺。戦後、橋本氏らの協力を得て無罪の逆転判決を勝ち取る。Wikipediaより
(注2)2017年8月18日、マイクロソフトの共同創業者ポール・アレンが率いる民間のチームが太平洋の水面下18,000フィート (5,500 m)の深さの海底で、沈没した本艦を発見した。チームは戦艦武蔵発見に次ぐ功績となった。
 
 私は、この夏、ゼロ戦について学んだ後に、太平洋戦争中の日本海軍の潜水艦について、吉村さんの本を読み、驚きの事実を学んでいましたので、その概要をご紹介したいと思います。

【概要と感想】 吉村昭著「深海の使者」1973(昭和48)年~文春文庫(1976年),2011年新装第1刷を読んで

 ドイツと連絡を取るために活躍した日本海軍潜水艦の運用の実話。伊号潜水艦の派遣第一号(伊号第三十潜水艦:艦長 遠藤 忍中佐)はイギリス軍の哨戒をさけ南アフリカ喜望峰の沖合(荒波海域)経由でドイツとの往復に成功した。ドイツではヒットラー総統、潜水艦隊司令官デーニッツ大将ほかドイツ側に歓待され(艦長にクロス勲章授与)、日本国内でも大々的に報道された。しかし、シンガポールに一時寄港した折、要人やドイツ軍提供の兵器図面は飛行機で一足先に帰国させていたが、潜水艦は帰国目前、シンガポール海域で機雷に接触し沈没した。

 i031伊号建造中
 写真1:伊号第31潜水艦。横須賀海軍工廠の船台に乗った進水前日の姿
 (時事通信社HP 時事ドットコムニュース 日本海軍伊号潜水艦 写真特集)

 また、別の伊号潜水艦(伊号第二十九潜水艦:艦長 伊豆寿一中佐)は、インド洋上でドイツのUボートからチャンドラボースを引き取り、インド独立指導者の日本召還に成功した。

 日本は同盟国の要人や技術者の受け渡し、およびレーダーやジェットエンジンなどの先進技術の入手を目的に、航空路の開拓をイタリヤ、ドイツと模索し、また朝日新聞社号や航空研究所の長距離航空機でヨーロッパとの連絡を試みた。しかし、ソビエトとの日ソ不可侵条約に抵触することを極度にきらった東条内閣によって、大陸直行コースは許可されず、距離の長大なインド洋周りを余儀なくされたが、いずれも失敗に帰した。

 伊号第八潜水艦001
 写真2:伊号第八潜水艦 ドイツへの往復を果たした唯一の潜水艦だった

 大東亜戦争後期、ドイツとの連絡は潜水艦のみとなったが、伊号潜水艦の日本本国への帰還成功は二回目の1艦(伊号第八潜水艦:艦長 内野信二中佐)のみで、他の四艦(伊号第30,第34,第29,第52潜水艦)は全て、アフリカ西岸、大西洋または帰還目前の西太平洋にて、連合軍の主に掃海や潜水艦攻撃によって撃沈された。

 伊58遠景001

 i58伊号艦橋001

 伊58号217探査結果
 写真3,4,5:今年2017年、長崎県沖の海底で探査された伊号第58潜水艦 (悲壮な特攻・人間魚雷回天の母艦でもあった)

 戦争末期、大型伊号400型2艦は、一時パナマ運河攻撃を計画したが、終戦時、太平洋上でアメリカ軍に捕捉、本国に回航され、驚異的な技術力を詳細に研究された後、ハワイ沖で爆破、海中深く沈められた。また、新鋭艦の水中高速潜水艦・伊号200型は、戦後の主要国の潜水艦の原型となったとされる。

 i400toUSA011

 i400toUSA001
 写真6,7:伊号400型は終戦後、アメリカに回航させられ、調べつくされ、撃沈された。艦体と艦橋の間に晴嵐とよばれる戦闘機を3機収納できる円筒形を持つ。

 日本軍にとって電子探知技術の立ち遅れは、ドイツからの優れたレーダー機器を積んだ多数の潜水艦が撃沈され、解消できない重大課題で終わった。また、日本側垂涎のドイツのジェットエンジンの設計図も潜水艦と共に沈み、日本の戦闘機の革新に影響を与えることが出来なかった。ただ、優れた潜水艦建造技術は戦後の冷戦に貢献したと思うと複雑な心境であった。
(書籍の概要と感想、おわり)

 時事ドットコムニュース/日本海軍伊号潜水艦 写真特集


 宇宙戦艦ヤマト初代001

 バンダイ宇宙戦艦ヤマト

 ここで、初め1974年10月6日~1975年3月30日(注3)にテレビ放映され、今も新しいアニメ映画が製作されている宇宙戦艦ヤマトをふと思い出しました。そういえば、この艦艇は、あの戦艦大和と伊号400型の合体型のようなイメージがあることに気づきました。

 (注3)昭和49年10月から昭和50年3月。天地真理が「想い出のセレナーデ」を歌い、NHK紅白歌合戦に三回目の出場をした日々を含む期間。小生は高校二年生の受験勉強期。昭和49年の秋はラジオで長嶋茂雄選手のジャイアンツ引退セレモニーを聴きながら、数学の問題を解いていたような記憶がある。確かにあまりテレビを見ない時期でした。


宇宙戦艦ヤマト(松本零士,1974)
序曲,オープニング&エンディング/佐々木いさお

 御存じのように、宇宙戦艦ヤマトはガミラス星の攻撃を受け、強い放射能に汚染され死に体の星に急変した地球に対し、放射能除去装置を譲渡してもらうために、はるかかなたのイスカンダルに向かうドラマですが、何故か今の日本に通じるようなストーリーです。

 日本、アメリカ、韓国、中国、ロシアは共同でこの事態を回避すべきでしょうし、回避してもらわなければなりません。
 今は、北朝鮮はミサイルを東北や北海道の上空を飛行させ、実験すなわち開発を行っていますが、東京上空を飛行させることはいとも容易だということを、関東や中部・近畿の大都会の方々には重く受けてめてほしいと思うのです。


宇宙戦艦ヤマト2199   「真っ赤なスカーフ」

 STAR BLAZERS 2199 TRAILERS (13min)/yamatocrew01


 未来とは言わないが、現代は米ソの冷戦時、原子力潜水艦と潜水艦発射ミサイルSLBMが開発され、世界の海にひそかに活動していた。
 これは、伊号400型の戦闘機3機発艦タイプの戦後の発展形であって、潜水艦から核弾頭搭載可能なミサイルを発射する技術は、当然ですが世界の諸国への拡散があってはならない技術なのです。


弾道ミサイル発射型オハイオ級原子力潜水艦
弾道ミサイルを発射出来る米オハイオ級原子力潜水艦

SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)概要図
潜水艦発射弾道ミサイルSLBM概念図

北朝鮮潜水艦001
北朝鮮の潜水艦とみられる(ソ連製旧タイプ?)

北朝鮮潜水艦ミサイルか
北朝鮮の潜水艦ミサイル実験か?

そうりゅう海上航行中
日本製 海上自衛隊が誇る静音型・潜水艦「そうりゅう」
自衛隊哨戒機や米艦艇との共同訓練を実施している。


The Beatles - Yellow Submarine


サブマリン707CuRGn

サブマリン707b


submarin707av_1

ネット上で探せるアニメの「サブマリン707」です!なつかしい・・・

 『サブマリン707』(サブマリンななまるなな; 連載期間1963年~1965年)は、漫画家の小沢さとるが『週刊少年サンデー』に1963年(昭和38年)から1965年(昭和40年)まで連載した海洋冒険漫画。太平洋で起こる怪事件に海上自衛隊の潜水艦が立ち向かう。プラモデルの発売との相乗効果で人気連載となり、後に続編が発表された。
 初めての本格的潜水艦漫画として、連載と併せて用語解説記事などが書かれ、可潜艦・セイル・シュノーケル・ホーミング魚雷・ソナー・フリゲートなど、潜水艦や対潜戦に関する知識や用語の(少年への)普及に大きく貢献した。(Wikipediaより)

 そうでした。このマンガ、プラモデル、子供の頃の思い出ですね。

 こくりゅう実習潜航001

 こくりゅう実習潜航002

 こくりゅう実習潜航003

 こくりゅう実習潜航004

 潜水艦 【こくりゅう 密着取材】 報道番組

 
  ANNニュース 海上自衛隊潜水艦取材

(おわり)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声を紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR