FC2ブログ

MW26 秋祭りの想い出/森昌子 里の秋


 10月は、秋祭りの思い出がありますね。日本のハロウィーンは、商業的に企画された都会のもの。子供の頃の釜石の海の秋祭りも、製鉄所の山神の神社のお祭りも、賑わいがなつかしい。東北では、いまでも秋祭りは盛んで、特に山形や宮城の芋の子汁の会は盛んなレジャーです。
 明日は、衆院総選挙ですが、民進党の前原さんが小池さんの希望の党を持ち上げた作戦は、「風が吹く」現象を起こしきれなかったようです。しかし、「風が吹く」と考えたことは、東京を中心とした大都会の考え方です。小池さんの東京都議会の改革は見事ですが、2020年の東京オリンピックも築地と豊洲市場問題も実は正念場はこれから、今が大切です。北朝鮮と日本・アメリカの情勢を考えるなら、しっかりとした実務を行える方々に国政をまかせる時でしょう。ただし、希望の党の躍進は、既成保守政党に、自制を求める上でとても大切なことだと思われます。さて、明日の選挙はどのような結果になるのでしょうか。
  
 
 「里の秋/森昌子」 10月中旬、釜石祭り(山神さん、尾崎神社祭合同)。甲子柿(かっしがき)のおいしい秋。三陸海岸、北上山地も里に秋です。

 2017釜石祭りみこし
 釜石祭りみこしですね。

 2017釜石引き船002
 釜石港ひき船。ラグビーで有名な大漁旗ひらめく漁船が港内を走ります。漁師は富来旗(フライキ)という。いつも学校の授業のある日昼に行われるので、生で見たことがないのです。

 2017kamaishi_toramai
 釜石~大槌地方 虎舞(とらまい)。何故か笹を食らうトラです。


 さて、日本の愛唱歌も得意な森昌子さんのデビューは、ご存じスター誕生の第一回グランドチャンピオン(1971年)としての輝かしいものでしたが、ご自身のヒット曲のみに非ず、このような唱歌や同時代の天地真理さんのカバーも優れています。美空ひばりさんに可愛がられた彼女。昭和を代表する歌手は大変、お目が高いといわざるを得ません。

 
 「森昌子と美空ひばり/あの丘越えて 1975年」

 
 「空いっぱいの幸せ/森昌子」

  天地真理/空いっぱいの幸せ 1973年秋 オリコン3位

 
  モノマネもプロの森昌子さん 「恋の雪わかれ(小柳ルミ子)」

 子供が成長し離婚をへて、再び歌われている森昌子さんは、同年齢の私には大変、うれしい存在なのです。私にとっては、天地真理さんはちょっとお姉さん。もうすこし、動きが欲しいなぁ~というのは、偽らざる気持ちです・・・

   
 森昌子歌手デビュー45周年記念番組から、「おかあさん」、「愛燦燦(原曲 美空ひばり)」、エンディング

 何故か忙しい今年の秋。私も実家の母と離れて暮らす二人の娘が気になるこの頃です。

 (おわり)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
震災後、明るき癒しの歌声・天地真理を再発見。また、被災地とのん(能年玲奈)ほかを応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR