FC2ブログ

MR106e 天地真理さんの動画いろいろ

 
 二月上旬の今は一年で最も寒い時期で、札幌雪祭りは例年2月上旬、1972年の札幌オリンピックも二月でした。北陸の大雪は大変心配されますが、一方で韓国・平昌の冬季オリンピックも始まりました。北海道や長野出身のジャンプやスケート選手の活躍が目覚ましいですね。(2/8記)
 なんと、負傷あがりの仙台市出身の羽生ゆずる君は、昨日ショートを終えてトップです。是非、金メダルとってほしいですね。(2/17朝記)
・・・見事な金メダルでした。ニッポンのそして世界中の女性に人気の彼ですが、メディアや見学者のいない夜間に孤独な練習をすることも少なくないとのこと。美男子ですが、一時代をつくる人は頑張り屋であることは間違いないのでしょう。(2/18記)


羽生ゆずる/ピョンチャン五輪 フリープログラム

【NHK】【ノーカット実況なし】羽生結弦 ショートプログラム<ピョンチャン>

 NHKの公開動画より。おそらく期間限定と思われますが、今回は、NHK太っ腹です。羽生君、翌日のインタビューでしょう、足首の損傷が複雑で注射が出来ず、痛み止めを飲んで飛び続けたオリンピックだったとのことです。逆境に強い男です。さすがです。

********************************************************
 閑話休題。

 Y.T.で公開されているミックス動画には鮮明なお宝画像が内臓されているときがあります。ミックス動画は著作権者も検索が難しいので、意外と消されない感じ。次の動画は、赤い風船のいろいろな歌唱を編集した投稿動画から、有名な真理さんが白いギターを奏でながら、堺さんと美代ちゃんと歌う名場面を抽出設定しました。何度、見聴きしても良い場面です。


赤い風船/浅田美代子・堺正章・天地真理

 さて、われらが天地真理さんの全盛期のステージは意外と動画が公表されていません。最近、画質がちょっと~と投稿者さんは御謙遜のようですが、貴重な映像が、Y.T.にはアップされています。じきに自主規制されて閲覧できなくなるかも知れません。早めに拝観しておきたいところですネ。
(注1)2月13日だったでしょうか、やはり公開二週間ぐらいで自主規制で見れなくなりました(泣く!)。以下では、ちょっと怪しい記憶によって動画の解説を付したいと思います。(2/17)
(注2)現在、一部を除き、再アップされている模様です。(5/7)
 
恋する夏の日


天地真理/恋する夏の日


天地真理/虹をわたって TV公開番組?

 上記のY.T.に短期UPされた動画は、「虹をわたって」のテレビ公開録画のようですが、真理さんの優しい歌い方が人気です。次第に引き込まれて、「真理ちゃん」と声をかけたくなるのでしょう。真理さんは、やはり幼いころからピアノを習い、音大付属の中学・高等学校で音楽漬けだったのでしょう。歌う時は、真上から見るとおそらく8の字を描くように、上半身と下半身でリズムをとって動くのです。動画をストップさせ、キャプチャーするとよくわかります。カメラも真理さんを画面の真ん中に映すようにと、追っかけてるのが常でした。
 観客席にはおじさんがたも多く、ちょっと感じの悪いステージでたった一人で歌うデビュー一年目の天地真理さん。髪形も成長のよい有り余るボリュームに苦慮しているようにも見えますが、にこやかに可愛らしく歌う真理さんは、アイドルというよりは、声楽家、歌のお姉さんといった感じです。本当は、NHKは子供番組に真理さんを使いたかったでしょうね。渡辺プロのプロジェクト下で売り出しの真理さんに関しては、ナベプロは丁寧にお断りしたのかも知れません。

青い山脈アイドル勢ぞろい

青い山脈アイドル勢ぞろい02

青い山脈アイドル勢ぞろい03
青い山脈アイドル勢ぞろい



 これもテレビ朝日がNETテレビと言われていた時代の音楽番組の公開放送のように思われます。皆さん紺のライン入りのセイラー服姿で、左から順に、麻丘めぐみ、浅田美代子、南沙織、真理さん、山口百恵、桜田淳子が横一列に並んでいます。確かに、おそらく当時の人気アイドルそろい踏みです。年長の真理さんが音頭をとって出だしを歌い、南沙織さんにゆだねています。他のアイドル四人にはマイクが必要ですよね。歌は当時の青春の定番「青い山脈」でした。真理さんは、なんか一番楽しそうです!

恋人たちの港01

恋人たちの港05


真理ちゃんシリーズ 「恋人たちの港」

 こちらは、ご存じ真理さんの冠番組ですね。「恋人たちの港」を歌う真理さん。1974年2月の放送だと思われます。真理さんも時節柄、暖かそうな厚手のスカートとふんわりしたセーター姿です。しかし、真理さんの歌もお顔もすがすがしさいっぱいです。真理さんの凄さは、背景がどんな場面でも、ご本人に気高さと優しさがあることです。これも意外と、扱いが難しいファルセットが丁寧に歌わないと歌えないことからきているようにも思えます。天地真理の癒しの歌は、地声を封印し、ファルセットにかけた真理さんの勇気の産物なのかも知れません。



想い出のセレナーデ/天地真理


 ファンの方で、真理さんの頑張りを強調する人は少ないですが、ブドウ糖の注射を打ちながら、二年半続いた冠番組を終りまでがんばったのが天地真理です。あれだけの人気と知名度を誇った有名人も、アイドルの人気が終わった後年、経済的な理由または事務所の方針で、肌をあらわにしたり、太ってコメディアンのように人を笑わせたり、ど根性を見せました。しかし羽生君のフリーの音楽、「(阿倍の)清明」のエンディングのような劇的な人生を、天地真理さんには最後には全うしてほしいと思うこの頃です。


197202mouichidoryuukouka

朝日新聞2018年2月17日土曜版be「もういちど流行歌」
奥村チヨ「終着駅」特集、祝天地真理さん2曲掲載!
「水色の恋」と「ちいさな恋」の合計は635票で、3位です。
真理さん、全盛期の人気にもう一息ですね!!


(おわり)

【再掲】 国民的スーパーアイドル・天地真理プロジェクトの歴史

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貴重な動画、ありがとうございました。真理ちゃんのステージもの案外少ないですよね。ビデオ等普及する少し前ですからね。福岡も今寒いです。

Re: No title

しんりさん、お久しぶりです。掲載した動画は皆、Y.T.からのもの。貴重な動画はアップされても消えることが多いですねぇ~。
今は小生、ただでさえ打ち合わせや納品で年度末は忙しいのに、定年に向けて色々雑務に追われています。東北は3月中はまだ冬です。
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声を紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR