FC2ブログ

MW43 藤圭子さんの明るき歌唱について


 今、日本のみならず、世界は、中国・武漢市から始まった新型コロナウィルス肺炎の感染で、大きなダメージを受けています。全世界的な感染をパンデミックと呼ぶそうですが、かつて蔓延した中国起源のSARDS(重症急性呼吸器症候群)の再来で、かつ大規模な感染となっています。手洗い、マスク、外出抑制を国や都道府県の長から、お願いが繰り返されています。今晩、東京圏、大阪兵庫、福岡に緊急事態宣言が出されるとのことで、感染症封じ込めの正念場を迎えています。2月の中国人の春節の旅行の受け入れをした日本、こんなことになろうとは夢にも思わなかったはずです。
 小生の仕事は社内ネットワーク、社内の書籍やデータ、CADや様々な社内ネットワークアプリの必要な体制のため自宅でのテレワークができませんが、満員のバスと地下鉄の通勤に時差出勤で対策しています。さらに、この数日は3月の追い込みの疲労で体調を崩し、通院とスーパーなどでちょっと買い物をするだけで家に閉じこもっています。この機に、今公開の「星屑の町」でのんちゃんが藤圭子さんの「銀座の女」を歌った影響で、Youtubeで彼女の様々な歌を聴いて、初めて知ることも多く、いたく感心しましたので、少し記事にしてみました。

 藤圭子といえば演歌歌手、有名な作家によって怨歌(えんか)とも呼ばれました。
 しかし、当人(本名 旧姓・阿部純子)は、1951年7月5日、岩手県の一関市で生まれ、北海道旭川や岩見沢にゆかりのある旅回りの浪曲師の子という生い立ちに対し、デビューから間もないころ、インタビューでは、「個人的な怒りや悲しみもなく、周りの人たちが怒っていればそのような気持ちになり、みんながうれしければ楽しくなるという性格。歌うことは好きだし、歌が遠のいていったら自分で追いかけると思う。好きなことは、家でゴロゴロ、本を読んでトマトをかじっていることかな。」と話していました。

 藤圭子さんは、東日本大震災後になりますが、今から七年前の2013年8月22日、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定されたとのこと。享年62歳。この直後、元夫・宇多田氏や娘の歌手・宇多田ヒカルは、藤圭子さんが1988年頃から精神疾患を患っていたことを公表したのでした。
 藤圭子さんは1979年にいったん引退し、アメリカに渡ります。その後、再婚し、日本で歌手活動を再開してたびたび資金を調達しては、アメリカにいる愛娘・光ちゃんの歌手デビューのために尽力したといわれています。実力派の演歌歌手として北島三郎が一目を置く彼女、紅白出場が1970年から1976年の5回だけとはちょっと意外です。
(ソースはWikipediaより)



NHK紅白歌合戦 藤圭子♥京都から博多まで~さすらい~はしご酒



藤圭子/追悼 「みだれ髪」 楽しそうに踊りを付けて



藤圭子♥人生一路 はっちゃける圭子さん

 藤圭子さんには、デビュー曲「銀座の女」、名前を知らした第二弾「女のブルース」、人気を決定した「圭子の夢は夜開く」の薄幸の少女、女性のイメージが強いのですが、デビュー前に錦糸町や浅草界隈で親同伴で流しをしていたころから、北島三郎さんの歌のような明るい威勢の良い演歌も得意でしたし、浪曲師の両親の影響で忠臣蔵など見事な浪曲音源を残しています。


歌謡浪曲/刃傷松の廊下★藤 圭子


 また、つぎにあげる叙情豊かな旅を思わせる名曲も、感情豊かに歌っていたのでした。


藤圭子/ゴンドラの唄


藤圭子/琵琶湖周航の歌


藤圭子/知床旅情

知床旅情ジャケット


 藤圭子さんの娘さんも十代から大ヒットを飛ばし、人気を誇っています。純子さんの努力が実を結びました。誇らしいですね、お母さん。

 最後に、TBSの秘蔵映像でみる藤圭子さんの波乱の人生が特集されていましたので、リンクしておきます。1時間半の長い番組ですが、お時間のある方はご参考ください。
 藤圭子 秘蔵映像 名曲秘話と波瀾の人生

 この機に、次の古い記事で、藤圭子さんのデビューから数年の曲のリンクを張りました。よろしかったら、お楽しみください。
 MH18 沢木耕太郎が「深夜特急」の一人旅をした1970年代


 話は変わりますが、小生が震災後、長らく楽しませてもらった天地真理さんの笑顔と歌声、先月からCSの衛星劇場で、冠番組第1シリーズが毎週月曜日の夜に放送されています。遅ればせながら、今月から見させていただきました。当時、わたくしは中~高校生で、四人兄弟の三番目、チャンネル権は無く、地方でもTBS系局があったのに、初めて見る番組です。誰かが言っていましたが、兄弟で同時刻、もう一つあった日テレ系の地方局でタイムショックなどの別の番組を見ていた事実はやはり確定的ですね。
(※)そういえば、天地真理さんの誕生年は昭和26年(1951年)ですから、藤圭子さんと同い年ですね。


2020April_A date with Marichyan


eiseiMari#3DSCF3655
真理ちゃんの誕生日会。かつて子供の誕生日会には近所の友達が集まりました。

eiseiMari#3DSCF3654
何故かしょげているニンジン君に明るく語り掛ける真理ちゃん

eiseiMari#3DSCF3660
自分と同じ11月の誕生日のニンジン君を思い悩む天地真理。


 天地真理応援団から独立したいと思うわたくしですが、ファンの誰かも嘆くように、わたくしも天地真理病の重症患者であることは否定のしようがないのでしょう。テレビ画面の中でも、天地真理さんのお顔とやさしき美声を聴くと、吸い込まれ、自然と彼女を応援している自分に気づきます。現在メディアへの露出を極限まで抑えた国民的大スター・天地真理を愛するってことは、ある意味大変つらいことです。

 4月11日時点で、郷里の大いなる自然を持つ田舎・岩手県は最後の感染者ゼロ県のままで謎が多いような気がします。しかし、交流の多い仙台と東京圏の感染者が急増していますから、感染者の出現は時間の問題だと思います。
 各地の桜が満開となり、本来は若葉ささやく初夏を迎える日本列島。天地真理さんも真保さんもご家族の皆さんも、新コロナの嵐に打ち勝たれるよう、全国のファンの皆さんと共にがんばっていかれるよう、願っております。


(おわり)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
大津波の甚大な被害は住民にも地域にも大きなPTSD(心的外傷後ストレス障害)。「夏を忘れた海」と生きる人々の心の復興を願う三陸海岸K市育ち。杜の都在。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR