BL 11 ミュージカル「君よ知るや南の国」


 1975年5月31日~6月24日、日本劇場のミュージカル『君よ知るや南の国』(原作:ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』)に主演(ミニヨン役)した。
これは天地真理の唯一のミュージカルである。
 この舞台は、他の番組にも出演するなど、十分なけいこができなく共演者に助けられたと本人が話している。相手役の男性歌手は若き日の峰岸 徹だった。
ここで歌われる曲、「初めての涙」、「君よ知るや南の国」などは、優れて音楽性に高く、歌手・天地真理の実力を後世に示す結果となった。

 君よ知るやパンフ


 ミュージカル舞台「君よ知るや南の国」にて http://marine31.blog.fc2.com/
 ブログ「真理ちゃん爛漫」さん

 amhikokigumoさん 君よ知るや南の国メドレー

 eleanorsukiさん ピアノ即興!初めての涙

 以下は、プレミアボックス収納のアルバムの解説から。

『 LP「君よ知るや南の国」(1975.07.01)
 天地真理が贈る華やか芯ミュージカルの世界!

 1975年5月31日から6月24日まで、天地真理は日本劇場で上演されたミュージカル「君よ知るや南の国」に主演した。これはゲーテの「ウィルヘルム・マイスターの修業時代」を原作にアンプロアズ・トーマが19世紀半ばに書いたオペラ「ミニヨン」をミュージカル化したものである。音楽を宮川泰が、作詩を安井かずみが担当、制作は東宝と渡辺プロダクションであった。
 TBSの真理ちゃんシリーズやリサイタルでは、ミュージカル仕立てのショーは経験済みだった天地真理。学生時代には声楽の基礎を積んでいたことからも、その下地は十分にあったと言えよう。

 天地真理は主役のミニヨンに扮し、体当たりの熱演で拍手喝采を浴びた。サーカスのシーンでは熊のぬいぐるみを着たり、ミニヨンの成長に合わせ、少年っぽい格好からお姫様風のドレス、そして天使にまで扮装するなど、七変化の魅力を見せている。おもな共演者としては、相手役のウィルヘルムを峰岸徹が演じたほか、ミニヨンを助ける不思議な老人・ロタリオ役の小山田宗徳をはじめ、あぜち守、沢木順、友竹正則、加茂さくら,神崎一人らが脇を固めた。

 本作はレギュラーのオリジナルアルバムではなく、このミュージカルをオリジナル・キャストによるスタジオ録音で収めたダイジェスト盤。クラシック出身の天地真理らしく、ヒット曲とはひと味違う発声法や声色でオーケストラをバックに表現力豊かな歌を聴かせる。宮川泰の音楽も流麗で美しく、企画ものの一枚と片づけてしまうのは惜しい名盤である。

 ダイナミックかつ華麗に、緩急を取り混ぜた「オーヴァチュア」で幕が開き、ロタリオによるナレーションが始まる。そして、幼い頃に誘拐されサーカス団に入れられたかわいそうな少女・ミニヨンが登場、トーマ作曲の「君よ知るや南の国」を歌う。寒いドイツの街から街へと流れる日々の中、「香る風にオレンジの花、夢に描く南の国…」とおぼろげに覚えている故郷を想うシーンが魅惑的である。物語は、ミニヨンを救ったことをきっかけにサーカスの花形スターとなったウィルヘルムとの恋をベースに進み、ミニヨンが数々の苦難を乗り越え、幸せをつかむまでを描いている。

 劇中の台詞あり、デュエットありの構成は、舞台は見えずとも飽きることのない演出が施され、聴く者を引き込むナンバーが次々と続く。中でも、小山田との掛け合いによる「気が合う同志」でのコミカルな声色や地声を交えた歌唱は秀逸。そのほか、ナレーション入りの「初めての涙」や、ドラマチックに展開する「恋のすれちがい」、少年合唱団のコーラスをはさみ峰岸徹とデュエットする「天使の約束」、あこがれの南の国・イタリアに来た歓びを語る「ナポリ・ナポり」、フィナーレで再び歌われる「君よ知るや南の国」など、聴きどころが満載である。オリコンでは最高36位をマークした。

 本作では初主演にもかかわらず、堂々たる演技と歌唱を見せた天地真理。ミュージカルスターとしての将来性も感じさせる出来ばえであった。』(以下省略)

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

癒しの声

このミュージカルで歌っている天地真理さんの「初めての涙」と「君よ知るや南の国」をユーチューブで聞きました。
https://www.youtube.com/watch?v=DpcKf06ZigI
その歌唱力と温かい声に感動してしまい、CDを買ってしまいました。

1975年は、自分の生活で精一杯だったことや、天地真理さんがミュージカルで主演するという話題もテレビに流れず、知らずに40年がすぎました。
芸能界は、もっと天地真理さんを大事に育ててほしかったです。でも、今からでも、遅くないので、皆さん聞いて下さい。

Re: 癒しの声

熱烈ファン1さん、謹賀新年、コメントありがとうございます。
真理さんのミュージカルはすごいです。彼女の歌声は、ヒットソングで知られていた声はその片鱗に過ぎず、
上手い、美しいに加え、温かみ、やさしさ、癒し効果が抜群ですね。

> 1975年は、自分の生活で精一杯だったことや、天地真理さんがミュージカルで主演するという話題もテレビに流れず、知らずに40年がすぎました。
> 芸能界は、もっと天地真理さんを大事に育ててほしかったです。でも、今からでも、遅くないので、皆さん聞いて下さい。

私も同感です、地方の高校生で、ちっとも知りませんでした。真理さんの応援、大歓迎です!!
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR