MR05 国民的スーパーアイドルは心やさしき


 今年2013年上期、NHK連続テレビ小説、一日に4回見るなど、日本中にブームを引き起こした「あまちゃん」。宮藤官九郎の台本、宮本信子、小泉今日子、薬師丸ひろ子という有名女優の起用、新鮮な新人の女優と男優たち。そして、何よりも個性派俳優の方々の大活躍。大変、楽しまれた方も少なくないと思います。

 特に、あまり泳げなかったのに、実際の北三陸小袖海岸で素潜りを敢行しウニ漁を行い、南部ダイバーの重装備で潜水実習を行ったり、兵庫県育ちなのに東北弁も良かった「あまちゃん」天野アキこと「能年玲奈」。彼女は、放送後、NHKの朝イチやいいともに出演し、考え中で会話が一部途絶え、放送事故だとか、紅白の司会にはむかないとか、一部に低評価する声があります。


大槌にて

写真上:「NHK あまちゃん岩手を行く」より

 しかし、「あまちゃんロス症候群(あまロス)」が新聞をにぎわすほどの社会現象になったように、NHKの朝ドラのツイッターは、新しいドラマが始まっても大部分があまちゃん関連の話題で占められています。彼女は、12月初めからは、紅白歌合戦の広報大使として、連日、mini番組で紅白の魅力を伝えてくれるそうです。そして、年末にはNHKの総合番組が朝から夕方まであまちゃん総集編を、インタビューを挟みながら、一挙大放送することが決まったとの報道がありました。

 国民的スーパーアイドル。笑顔がよく、明るく、やさしい。爆発的人気で、若者にも、また子どもからおじいちゃん、おばーちゃんにも、都会人にも田舎の人々にも、あまねく受け入られる。・・・・・なんだか、1970年代の天地真理さんとそっくりです。真理さんの場合は、業界的には圧倒的なひとり勝ち、本人にとっては破格の待遇はありましたが、それと引き換えに大変な不自由と拘束(パリや海外でないと憩えない)がありました。

紅白PR大使


[広告 ] VPS


(注)画像の読み込みが断続的な場合は、二回目の再生で
    スムーズな視聴が可能な場合があります。

 能年さんは兵庫県の田舎育ちも幸いして、被災地・三陸の人たちにも抜群の人気があります。それゆえ、若くして、器用にトーク番組や大きなイベントの司会が出来ない方がむしろ良いでしょう。ちょっと言い過ぎかもしれませんが、身勝手な、業界、一般大衆の一時的なブームにつぶされないでほしいのです。天地真理さんは、巨大なアイドル像に対し、個人の自由を取り戻すのに、いろいろな失敗も含めて大変ご苦労されたのだと思います。

 NHKのミニ番組「あまちゃん岩手を行く」から、垣間見る能年玲奈さんは、被災地の普通の人たちの痛みを感じたのだと思います。私たちは良識ある大衆になって、二人の「心優しき真の国民的スーパーアイドル」を大切にしていきたいものです。自分たちの国のため、精神文化のためにも。

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR