BL 03 クラシック音楽の教育を受ける


 天地真理は、小学5年のころ母親に買ってもらった88鍵のアップライト・ピアノ(Kreutzer 社製)に親しみ、演奏の腕を上げる。母と子は、真理の音楽の才能を伸ばすべく国立音楽大学附属中・高等学校で、音楽専門の教育を受ける道を選択した。英才教育であり、結果的に人生の選択であった。

・1964年、国立音楽大学附属中学校に入学し、音楽の基礎を学ぶ。中学在学中に練馬区桜台、さらに神奈川県座間市相模台に転居する。
・1967年、国立音楽大学附属高等学校に進学。当初はピアノ科に入るも、そののち声楽科へ転科する。

国立音中高正門

  国立音楽大学付属中学・高等学校

  hiroIGA51さん/あの教室では・・・天地真理プレイズ・ショパン "幻想即興曲" 

・高校在学中からジョーン・バエズ等のフォークソングを愛好する。(1973年3/27~4/4のヨーロッパ旅行の際にバエズ本人に会い、祝福のキスを受けたといわれる)

  Joan Baez/Donna Donna

・国立音高在学中の1969年よりヤマハ音楽振興会附属教室ヴォーカルコースで学び、プロ歌手となるためのレッスンに励んだ。
・1970年3月、国立音楽大学附属高等学校声楽科卒業。

 このように真理さんは、国立音楽大学附属中学・高校とクラシックのピアノ、歌曲を学び、後にフォークソング、ポップスに転向した。この音楽大学付属の教育環境の下、音楽の基礎を学び、好きな科目は音楽理論ともいわれ、正確な音感とクラシック歌曲の歌唱法を学ぶ。
 この時期に獲得した歌唱法が、高音部が突き抜けてきれいな「ファルセット」であろうとする推測ができる。
 また、毎日、二時間をかけての電車通学であったという。この若き日の六年間は、天地真理の性格、めったに人に弱音を吐かず明るくがんばる性格をつくったとも言えよう。

  ピアノ001


 後にスーパーアイドルと呼ばれる天地真理の音感、リズム感、声量が優れているのは、これらの音楽教育の賜物であろう。ピアノもギターも当然のように弾いて、クラシック教育で身に着けたファルセット(高度な裏声発生)を駆使して歌を歌う。天地真理は、高等学校卒業時、フォークソング歌手を夢見ていた。
 しかし、幸か不幸か、高度成長期の日本は、国民大衆が熱狂する魅力的なアイドルを待望し、彗星のように現れ、歌い、踊るかわいい女性、天地真理に、その役割を求めるのである。

【追記】ピアノのレッスンと音大付属の受験の頃

『発表会ではいつもトリ』
 新企画【連載】真理ちゃん-少女編(天地真理ファンクラブ会報Vol.13,2014.7.20号)より

 私がピアノを習い始めたのは、小学校2年生で東京都世田谷区上北沢に住んでいた頃です。国立音楽大学に通う女子大生の岡田先生に習っていました。先生のお家は京王線上北沢駅のそばにありました。私はいつもレッスン時間ちょうどに先生のお家の玄関を開けて入ります。私は意外と几帳面なんですよ(笑)。

 レッスン室にはグランドビアノがあって、テーブルの上にはいつもお菓子が置いてありました。
 先生のお家の前に、たい焼き屋さんがあって、レッスンが終わると「ア―――終わった―――!」と思って、お小遣いでたい焼きを買って食べながら帰りました。
 自宅にはドイツ製のアップライトピアノがあって、いつでもちゃんと練習してから先生のレッスンに通いました。
 ピアノは続けていくうちに段々と上手くなっていきました。岡田先生も私が上達していくことを喜んで下さって、いつしか岡田先生が私の家へ遊びに来るようになりました。岡田先生はとても美人でした。私の母に恋愛の相談などしていたようです。
 確か、世田谷区民会館だったと思いますが、岡田先生門下生の発表会があって、私は小学校5年でしたが、演奏順は一番最後でトリでした。その日は朝に美容院に行って髪をアップにしてもらい、洋服はスカートスーツのようなものを着ました。弾いた作品はブルグミューラ作曲「アラベスク」だったと思います。母が客席で観ていてくれました。
 いつだったか、岡田先生のお友達の発表会に特別参加することがありました。その時もトリでしたね。

 当時、母は幼稚園で給食のお仕事をしていて、幼稚園の敷地内にあった宿合に住みこんでいました。私と母は四畳半一間の部屋で生活していました。その部屋には床の間があってピアノはそこに置いてありました。最初は友達のみっちゃんも一緒にピアノを習っていましたけれど、みっちゃんは、途中で挫折してやめてしまいました。私がビアノを続けていって上手くなったことが羨ましいと言っていました。

 その後、岡田先生に国立音楽学校への入学を勧められ、岡田先生ご自身が習っていた大先生をご紹介して下さり、明大前駅にあったレッスン場まで通いました。
 受験日当日はとても寒く、教室にはたくさんの小学生と親がいました。確かストーブが1台だけありました。母はその教室で終わるまで待っていてくれました。ビアノの実技試験はうまくいきましたが、国語や算数など学科試験が不得意で心配でした。
合格発表は母と一緒に見にいきました。
 結果、無事に国立音楽大学附属中学に入学することが出来ました。記念に母が写真を撮ってくれました。母が新宿伊勢丹で買ってくれた洋服を着ていましたね。

(談)天地真理

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR