MR15 ずっとずっと「白雪姫」!

 

 また、3月11日が来ます。あれは2011年でしたから、三年がたちます。被災地では、新聞にもあるように、既往の規制すなわち土地、文化財、林野や農地などの開発規制を踏襲しながらの、また津波で「てんでんこ」となった住民の合意形成がはかどらず、地域ごとの復興計画に悪戦苦闘している市町村もあるようです。一般の方々は、依然さら地となっているため、何も進んでないように見えると思いますが、どのような開発行為、プロジェクトにも事業計画があり、直接関係する地権者の承諾、国有林・保安林、都市計画などのような国や地方自治体がかけていた規制の解除、そして具体的には工事を行うための設計図と工事を積算する数量計算書、および必要に応じた技術的計算書があるのです。これらが準備でき、予算を確保して工事業者の入札があり、はじめて目に見える開発、工事が始まるのです。なぜなら、多額な税金を使うため、工事を進めたら、工事費用がさらに大きく膨らみます・・・・ということは、原則できないからです。(貴重な税金ですからよく考えると至極あたりまえです)

 まぁ、そうは言っても、大規模な復興予算を、国が予定していても、計画が進まなければ、いつまでたっても復興は進みません。貝塚などの文化財も発掘が従来から進んでおらず、海岸に計画が進む防潮堤(数十年から百年オーダーで来襲する明治三陸津波規模に対するもの。3.11の千年に一度の大津波には、致命的な破壊のされないねばり強い構造のもの。)も、このような平時の開発規制がかかっているようです。やはり、避難路の整備が先でしょう。文化財の調査・発掘も重要ですし、工事中に100年に一度程度の大津波は、三陸ですから、また来るかもしれません。その時に、防潮堤は完璧には整備されていなくとも、10分~20分後には全員、高台に避難できる地域防災計画こそが急務でしょう。この避難路の整備率は、新聞などには報道されていないと思います。何か重要なことが、かけている「日本マスメディア」です。

 さて、われらが「白雪姫」ですが、真保さんのツイッターによると、「私は天地真理」のスクリーンコンサートの2月公演は、前回より参加者が増えたとか。さらに若き「白雪姫カルテット」や、ファンクラブの音楽家会員によるミニコンサートがジョイントしているといいでしょうね。私も、仕事がひと段落するであろう?若葉がささやくころ、昨年につづき拝見・拝聴したいと思っています。ついでに、関東にいるワンパクだけどかわいい孫ちゃんの様子も見てきたい。

雑誌おばさん002

 小生、かねてから拙いスライドショー、(一部はデジカメ動画)を動画サイトにアップしておりましたが、1月から真理さんを扱った作品のアクセス数がにわかに増えてきました(うれしい!)。真理さんの全盛期を知る人たちが主に見ているようですが、真理さんの人気が復活するきざしでしょうか。あるいは単にE師匠が冬眠中のための影響かもしれませんが・・・。
 いずれにしろ、もともと、「国民的スーパーアイドルの誕生と軌跡」や「スクリーンコンサート新宿編」等を除くと、小品ばかりのアップですが、一作品の編集過程で、真理さんの珠玉の一曲を30回ぐらい聴きます。アップしてからも確認のため、管理のために何度も聴きますから、一作品で個人的に50回から100回ほど同じ曲を聴くのです。このとき、驚くべきことにほとんど飽きや疲れが来ません。聴くごとに癒しを受けているからでしょう。

 真理さんは、わたしには「ずっとずっと白雪姫」です。全盛期、三陸のいなかの中・高校生、18才からは蝦夷が島のびんぼう学生でした。マスメディアが次々もてはやすアイドルや歌手、そして趣味のクラシックのコンサートやレコード、そんな青春期。今のように、複数のマイナーなこだわりメディアがあれば、きっと、真理さんに夢中になって、個人的な失恋など何吹く風だったのでは。また、そのような、固定ファンが地べたをはいずるように元気でいれば、レコードが売れなくなったぐらいで、失望して、ちょっと悲しい映画や芝居に活路を見出さなくともよかったのではと思います。もっと、もっとコンサートやミニライブを全国津々浦で行ってほしかった。真理さん、きっと貧乏学生も青臭い高校生も、胸を焦がすこと請け合いだったのでは。

 三日後、3.11。まだ少し寒く、汚れちまった悲しみに今日も小雪が降りかかります。しかし、皆さん、春は真近かです。また、会いにいきましょう・・・白雪女王さまに!

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR