MH03 幼少期(昭和26年~30年頃)


 天地真理さんは、ご自身の幼少期について言葉少なに次のように語っています。

 「昭和26年11月5日、私は埼玉県大宮市で生まれました。ただ、大宮時代のことはほとんど記憶にありません。すぐに東京の中野に引っ越しましたので、最初の記憶は中野での生活です。もの心ついたときから母ひとり、子ひとりでした。・・・」
 (引用1)天地真理著「スリムになるってステキなことネ」双葉社(1997年8月30日,第7刷発行),10pより

 【ネット百科事典Wikipedia「天地真理」】による幼少期
 1951年(昭和26年)11月5日、うさぎ年生まれ。さそり座。血液型はO型。2歳の頃、両親が離婚し、母親に連れられて大宮から東京・中野へ転居し(1955~1956年[昭和30年~31年、4~5才]、中野保育園に通う。
 (引用2)ja.wikipedia.org/wiki/天地真理,2013年1月19日更新版から、[  ]内などブログ編者加筆

   ぶーふーうー
※1960-1967年、幼児番組 NHK「お母さんといっしょ」より「ブーフーウー」
(長男ブー:大山のぶ代さん,次男フー:三輪勝恵さん,三男ウー:黒柳徹子さん)

 昭和20年代後半の日本社会の主な出来事は以下のものがありました。

1952年[昭和27年]
・連続ラジオドラマ「君の名は」(菊田一夫脚本)ブーム、翌年映画化
・「ああモンテンルパの夜は更けて」。歌手・渡辺はま子さんは、フィリピン抑留中の戦犯・元日本兵を慰問(国交のないフィリピンへの渡航を嘆願、奔走)。翌年、キリノ大統領が同曲のやるせないオルゴールを聴いて、全受刑者を解放・日本送還を決めた。

1953年[昭和28年]
・NHKテレビ「ジェスチャー」人気番組に。キャプテンは白組:柳家金語楼、紅組:水の江滝子。・・15年の長寿番組(1968年、昭和43まで)
・電化元年「三種の神器」白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫・・高価であったが庶民の憧れ
・昭和21年から始まった「ラジオ歌謡」はヒット曲を生み出す・・・「朝はどこから」、「山小舎の灯り」、「雪の降る町を」など
・アメリカ・ロングビーチのミス・ユニバースコンテスト・・・伊藤絹子、みごと三位入賞。八頭身か八等身か?

1954年[昭和29年]
・マリリン・モンローとジョー・ディマジオ 新婚旅行で来日、日本人大フィーバー
・オードリー・ヘップバーン「ローマの休日」大人気
・青函連絡船洞爺丸転覆(死者行方不明1055名)・・・青函トンネル34年後(1988年)開通
・第五福竜丸が南太平洋での水爆実験に被ばく・・・映画「ゴジラ」誕生(本多猪四郎監督)、撃退薬品「オキシジェン・デストロイヤー」

  1954ゴジラポスター

  東宝 ゴジラ予告篇 1954

 このように、真理さんの幼少期は、戦後6年から10年ほどで、外的にも精神的にも戦争の爪痕が明らかでしたが、日本も世界も鴨長明の方丈記の有名な句「よどみに浮かぶうたかたは・・・久しくとどまりたるためしなし」の感がありました。ミス・ユニバースの審査員もマリリン・モンローも、アメリカはオープンですね。一方、アメリカやフランスによる海洋水爆実験は、許しがたい行為だったと思いますが、敗戦国日本には発言権はなかったのでしょうか。

 
   中島みゆき_みんな去って

   mikan197201さん「五才の頃」中島みゆきカバー弾き語り

    作詩・作曲・中島みゆき「五才の頃」(いつつのころ)
    (一番から)
    思い出してごらん 五才の頃を
    涙流していた 五才の頃を
    嘆くわけといえば 只のひとつも
    思い出せなくとも 涙の味を

 幼児は誰も、お母さんや幼稚園の想い出がありますね。
 私事ですが、小生の成人した二人の娘AちゃんとKちゃんは、札幌生まれ、盛岡育ち。長女は、空気の爽やかな札幌で育ち、雪まつりでピッコロ像の前で写真におさまったり。次女は、盛岡の近所に子供たちの多いところで育ち、お姉ちゃんや友達とけっこう大勢で遊びまわっていました。盛岡は年中、お祭りが多く、小岩井農場も近郊で、子供たちは、羊さんのお尻をぺんぺんしていました。われわれ夫婦にも子供たちにも、いっぱいの楽しい想い出があります。娘たちの幼稚園の運動会で、父兄競争に出たのも良い思い出です。

 さて、お父さんが離婚して、忙しいお母さんと二人きりの斎藤真理さんは、家族で遊んだ記憶は少ないかもしれませんね。 ただ、今も残る真理さんのFMラジオの会話のごとく、けっこうおてんばで、いつも近所の男の子を泣かしていたのでしょうか。

 彼女はその後、妙齢にて天地真理と称し、明るきファルセットで、われわれに、男女区別せず楽しみや歓びを与え、今も珠玉の歌唱コンテンツ(Sony Music)で癒しを与え続けています。

 そうですね、真理さんは、「ああ、日本のどこかにあなたを待ってる人(ファン)がいて♪」、良い意味でリアルタイムで、その人びとを泣かせているのです。昨日のFM軽井沢、天地真理ミュージック・コレクション、電波で空に広がる 「告悔(こっかい)」 (さだまさし作詩・作曲、ライブ「私は天地真理」より)、天性のやさしきファルセット、正直、子供のように涙ぐみました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR