MH19.1  異国の天地真理ショー 昭和60年代(1986-1989)バブル到来 


 今年の三月、家内の趣味に付き合って、ふと立ち寄った仙台市宮城野区図書館で、斎藤 茂著 『歌謡曲だよ!人生は~「平凡」編集長の昭和流行歌覚え書』 マガジンハウス(2000年11月24日)から、真理さんのバブル時代の海外活動について、触れたくだりを見つけました。

 斎藤 茂さんは、「小柳、天地、南 アイドル三人娘と野口、郷、西郷の新御三家時代」と題した章で、「昭和47年(1972年)、正月、日劇でのショー」について次のように懐古しています。

 小柳ルミ子は、この日劇ショーのオープニングでは、同じ時に同じナベプロからデビューした天地真理と「三番叟」を踊った。このときは、宝塚仕込みの日本舞踊の素養がものをいい、天地真理と明らかな差をつけてしまった。踊りの師匠について二年、三年とキャリヤをつまなければ踊れないという三番叟は難物中の難物なのだ。それを素人に近い天地に一夜漬けで踊れというのが大体無理な話だったと思う。

 また、次の逸話を突然挿入しています。(書いていて急に思い出したのでしょう)

 六十一年(1986年)頃、バリ島へのスケッチ旅行をしたことがある。
 そのとき、ジャカルタの知人の商社マンから、「今夜、天地真理ショーがあるので」と招待を受けた。真理ちゃんと会うのは十数年ぶりだった。内地ではすでに人気が下火だったが、日本の商社マンたちは、海を渡ってきた懐かしのアイドルスターのステージに大熱狂した。「水色の恋」や「ひとりじゃないの」などは、彼らに遠い日本と遠い青春の日々を思い出させ、大盛況の一夜だった。

 同じ年(昭和46年、1971年6月1日)にデビューした沖縄出身の南沙織を加え、この年(昭和47年、1972年)は文字通り三人娘の年だった。
(年号、年月日は編者補足)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 この時期、真理さんは、昭和61年(1986年)9月に挙式して、新婚旅行は一週間、フランスへ行きました(34才ですね)。翌年、昭和62年8月16日に、長女・真保さんを出産。自然分娩で、病院に15時に入り、18時には真保さんが生まれました。3092グラムの元気な赤ちゃんでした。(天地真理著「スリムになるってステキなことネ」1997年.p22より)


真理さん結婚式

天地真理さんのウエディング・ドレスと宝飾品、豪華に見えます。
(「スリムになるってステキなことネ」p37)。
初めて見た時、小生は、なぜかホッとしました。



 とすると、先の、異国、インドネシアでのショーは、結婚式の直前の仕事になります。ギャラは、結婚式や旅行にも反映したのでしょうか。いずれにしても、戦後の日本経済がJapan As No.1として、最も強かった時代。斎藤元編集長がおっしゃる商社マンの熱狂は、想像にかたくありませんね。高額な「おひねり」もあったかもしれません。

 どんな時も、お人好しとさえ言われる心やさしき天地真理さん。上手く歌うのはほどほどにして、笑顔でかわいらしく、おじさんたちの青春を蘇らせるべく、サービス精神フルスロットルの真理さんだったのでは、と小生、よけいな想像をいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 昭和60年代とは、昭和天皇の崩御が昭和64年1月ですから、1985年~1989年となります。ちなみに、この時代は、バブルの時代。この時期、崩御された昭和天皇は、札束とボディコン女性が乱舞する様子を、ご存じだったのでしょうか。

 この時期の主な出来事は、次のものがありました。

・昭和60年(1985年) 羽田発大阪行きの日航ジャンボ機123便のダッチロール。群馬県・御巣鷹山への墜落・・・坂本九を含む500余名の乗客・搭乗員の死、少女らの奇跡的救出。貿易収支超黒字、豊田商事会長の逮捕日刺殺事件。

・昭和61年(1986年)ソ連ウクライナ共和国のチェリノブイリ原発事故。社会党参院選躍進、土井たか子「山は動くんです!」。ダイアナ妃来日フィーバー。人気アイドル・岡田有希子が自宅マンションから投身自殺。たけし軍団、フライデー編集部なぐりこみ事件。フィルムにレンズのついたコンパクトカメラ「写ルンです」発売。

・昭和62年(1987年)鶴田浩二、石原裕次郎、川口浩、巨星相次いで逝く。バブルに溺れ地価高騰、地上げ屋。俵万智「サラダ日記」。マイケル・ジャクソン、マドンナ来日。国鉄分割民営化。

・昭和63年(1988年)4月、美空ひばり「不死鳥コンサート」(平成元年6月24日没)。「朝まで生テレビ」激論。青函トンネル開業(3月31日)・青函連絡船廃止。ソウル五輪開幕(9月17日)。

・昭和64年(1989年)1月7日、昭和天皇崩御。激動の昭和閉幕。

・平成元年(1989年)皇太子・明仁親王、即位。元号は平成となる。毛筆で書いた「平成」の文字、後に総理大臣となる自民党小渕官房長官による発表が何度もTVに流れました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR