MH13.1 「二人の銀座」と「銀座ひとりぼっち」


 「銀座ひとりぼっち」は、天地真理7枚目のアルバム「空いっぱいの幸せ/オリジナルポップス&フォーク」(1973.12.5)の二番目の曲です。

 本来、銀座の恋人ソングは、高度成長期の一面を表した華やかな曲でありました。
 はじめに、皆さんご存知のように、昭和36年、今もカラオケのデュエット曲で親しまれる「銀座の恋の物語」(石原裕次郎と牧村旬子,映画:石原裕次郎と朝丘ルリ子)が大ヒットしました。

 それから6年目、昭和42年、山内賢と和泉雅子よる「二人の銀座」が大ヒットしました。当初、ベンチャーズが銀座の夜景からイメージして作曲し、越路吹雪に提供しましたが、曲を聴いた越路が自分より和泉雅子がデュエットで歌ったほうがいいと判断し、和泉に譲ったといわれています。こうして、永六輔が詞を付け、山内賢とのデュエット曲としてリリースし、大ヒットとなったのでした。また、曲のヒットを受けて映画化が行われました。この昭和42年頃は、グループサウンズの全盛期で、当時は異色の歌だったと思われますが、明るく楽しい恋人ソング、まだ高度成長期が続いていた時代のメモリアルな歌かもしれません。そういえば、ベンチャーズのエレキギターのテケテケテ、名曲「ダイヤモンドヘッド」など、なつかしく思い出されます。

 さて、さらに6年目の昭和48年にアルバムの一曲として世に出た天地真理さんのオリジナル曲、「銀座ひとりぼっち」。なかにし礼さんの歌詞はそれまでの楽しいデートソングとは違って、祭りの後の寂しさを表現し、真理さんの曲で良く使われるキーワード「ひとりぼっち」を主題としています。

 一方、作曲・編曲は、鈴木邦彦さんによる快活で勢いがあるもので、歌唱は真理さんの絶頂期、高音が空まで伸びるファルセットがみごとな、実力派に温かみを加えた、素晴らしい出来です。
 しかし、この曲は名唱にも関わらず、多くの大衆には知られない埋もれた曲となりました。現在、ファンクラブの会員にもネット上の若きファンにも根強い人気曲ですが、当時、これほどの歌唱が大衆に知られず、B面にすらシングルカットされなかったのは、何故だったのでしょうか。


空いっぱい(銀座一人)LPジャケット_convert

天地真理 「空いっぱいの幸せ/オリジナル・ポップス&フォーク」 1973.12.5


hokoten_ginza07_convert

銀座の中央通りの「歩行者天国」は昭和46年(1971年)、真理さんのデビュー年から。


   エヴァ氏 天地真理/銀座ひとりぼっち 1973

      〇銀座ひとりぼっち
       作詩:なかにし礼,作曲・編曲:鈴木邦彦

      あなたがふるさとへ 帰った日から
      銀座の街角で 私は一人
      消えた恋の夢を抱きしめて
      歩く「すずらん通り」 涙がこぼれてくるの
      今夜おそくまで
      手紙をきっと書くわ

      あなたが好きだった レンガの店で
      コーヒーをのんでいる 私は一人
      ほゝにほゝをよせて恋人が
      歩く「並木通り」 窓からみつめているの
      少し淋しいの
      一人で待っているわ

      花屋の店先で あなたの為に
      小さなバラを買う 私は一人
      いつかめぐり逢える夢をみて
      歩く「みゆき通り」 小雨がポツリとおちる
      傘をさしかけて
      あなたと帰りたいの

 (※)通り名の「○○○」は編者によるもので、原詩にはありません。
    通り名は過去の銀座ソングにもでてきます。
    分かりやすくするためにつけてみました。


 「空いっぱいの幸せ」のシングルと直後のアルバムについて、プレミアムボックスの解説文に説明があります。このころ、天地真理さんは1971年10月1日のデビューから2年が経過し、国民的スーパーアイドルの地位を固めていました。しかし、当時は浅田美代子、中三トリオ、アグネス・チャンが台頭し、アイドルは10代が主流になった時期で、小柳ルミ子、南沙織の御両人は大人の歌にシフトを始めていました。

 一方、真理さんはデビュー1年後から始まったTBS・TVの冠番組「真理ちゃんシリーズ」が佳境を迎えていました(全5シリーズの3シリーズ目)。このため、シングルも当初、哀愁を帯びた「もの想う季節」をA面とし大人の歌にシフトしようとしましたが、あまりの子供たちの人気が影響したのか、子供も親しめる「空いっぱいの幸せ」をA面とし売り出した経緯がありました。(当時、高校生の私は、今でも真理さんが歌う「空いっぱい~」は大好きな歌です。・・・ムム、私は子供か?)

 結局、大人の歌、というより「若い恋人たちの歌」のシングルは、年が明け2月、「恋人たちの港」で実現し、「恋と海とTシャツと」を挟んで、本格的には約1年後の1974年9月1日、「想い出のセレナーデ」まで待たなければなりませんでした。

 スタッフ・関係者に第三の銀座恋人ソングとして大ヒットの狙いがあったのか、さらに映画化の話があったのか分かりませんが、「高らかに歌い、恋人と手をつなぎ銀座を走りぬける天地真理、美しき20代半ばの国民的スーパーアイドルの映像」は、あまりにも老若男女問わない国民的な人気の為に、実現せぬ幻となったのでは。澄み切った秋空の下、小生の想像はたくましくも、正解を持たず、空いっぱいに大きく発散する感じです。

  “~こんなに大きく広い 世界で 二人あのとき そうよ出会ったの~”

 真理さん、たしかに、『空いっぱいの幸せ』は、銀座の街よりスケールがデカそうですね・・・

 

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

初めてコメントさせていただきます。
「銀座ひとりぼっち」、私も好きです。GSっぽいサウンドで、初めて聴いた時はちょっとびっくりしましたが、とても新鮮に感じられました。
「銀座ひとりぼっち」のような曲がもしもシングルとして発売されていたら、TVでどんな風に歌ったのかなと想像すると、いろいろ夢がふくらみます。
今の季節にぴったりの「空いっぱいの幸せ」も大好きです。

Re: こんにちは

午後太さん、コメントありがとうございます。真理さんの曲は、彼女がテレビでよく歌っていたオリコン上位曲ばかり有名ですが、アルバムにも、またB面や「想い出のセレナーデ」以降のシングルにもいい曲がいっぱいです。当時はメディアが限られていたのも一因でしょう。たしかに「銀座ひとりぼっち」は最高ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR