MH06 昭和42年(1967)グループサウンズ、ミニスカート


 天地真理さんのデビュー前、国立音楽大学付属高校のキャピキャピのハイスクール時代は、グループサウンズの全盛期でした。
 当時、小生は小学校高学年から中学生でしたが、今でもザ・スパイダーズ(かまやつひろし、堺正章、井上順)、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、ザ・タイガース、オックス、ザ・テンプターズなど、次々とグループ名が思い出されます。

  Graffities01さん  GS特集

  ザ・タイガース花の首飾りを歌う

  ☆ボーカル・沢田研二、加橋かつみが超人気のザ・タイガース☆
  fumi5025さん THE TIGERS 花の首飾り

 長髪と少女漫画に出てくる男の子のようなフリフリの衣装。ビジュアルには女の子に大人気でしたが、音楽的にも作詩、作曲が新進気鋭の日本人、良い曲がいっぱいありました。ただし、長髪やエレキ・ギターを不良とみなしたご時世で、NHKには七三分けでスーツ姿のブルーコメッツだけが出演を許されました・・・ああ、そうだったのですね。ブルーコメッツのブルーシャトウはレコード大賞を取りましたが、「森トンカツ、泉人参、かこんにゃく、まれ天ぷら・・・」よく歌いました。
 
 中学時代、天文少年の私は、夜な夜な製鉄所の社宅(三階建てのアパート)のベランダに出て、愛用の反射望遠鏡で星を見ながら、テレビの音楽番組から流れる「花の首飾り」を聞いていたことが懐かしく思い出されます。
 天地真理さんは自身の3枚目のアルバム(「虹をわたって」1972.9.21)の中でこの曲をカバーしています。真理さんが歌うカバーは、心を込めたやさしい歌い方、好感がもてますね。

 ザ・スパイダーズ あの時君は若かった 1968

 前年、昭和41年(1966)6月、全盛期のビートルズが来日し、公演の前座の一部をザ・ドリフターズがつとめました。
 ダイヤモンド・ヘッド等で大人気となったエレキ・ギター、テケテケテのベンチャーズ、「君といつまでも」で大ヒットを飛ばした映画「若大将シリーズ」主演の加山雄三さん、時代の寵児たちが大活躍しました。

 また、昭和42年(1967)は、ファッションモデルのツイッギーが来日し、全国の若い女性にミニスカートブームが起こりました。(この第1次ミニスカートブームは、真理さんの全盛期、1973~1974年頃、惜しまれながら終息していきました。)
 
 このように、若者文化が一斉に開花したこの時代は、真理さんと同じ、いわゆる団塊の世代が日本のカルチャーを爆走させた、大変にぎやかな時代でした。

       勝負ミニまりさん

 男の子には巨人の長嶋・王両選手や横綱大鵬の大活躍、漫画雑誌やテレビアニメのブーム。子供の女の子にはリカちゃん人形が流行りました。
 一方で、急激な高度成長で、大気汚染、水質汚染の公害が社会の大問題となっていました。

 真理さんは、国立音楽大学付属高校の声楽科で、クラシックのリートやオペラを日々、ファルセットを駆使して歌っていたのでしょう。とわ言え、高校生の真理さん、失神するファンも多くいたGSブーム、真理さんのお気に入りのグループはどこだったのでしょうか。このころは堺正章さんや沢田研二さんとテレビや映画で共演することなど夢のような話だったでしょうね。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hatogairu kouen

Author:hatogairu kouen
明るき癒しの歌声、天性のファルセットを紹介し、悩める日本人を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR